人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
タグ:NBAプレーオフ ( 206 ) タグの人気記事
マイアミファンはニセモノだ。by バークリー
「チャーリーバークリーが言ってもた。」

チャーリーバークリーさんが
「レブロンはとてつもなく偉大なプレーヤーだ。1つだけ足らなかったチャンピョンシップも手に入れた。」
「わたしは彼にクリーブランドに残ってほしかった。」
「なぜならクリーブランドのファンはすばらしいからだ。」
「マイアミのファンはニセモノだ。奴らは勝者を追いかけてるだけだ。」

まあキャブスでチャンピョンになってほしかった。ということですね。

「強くなれば、マイアミに限らず、にわかファンも増えるでしょうし、ファンは関係ないと思うんですけど…マイアミファンとばっちり…」

続きあるよ。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-23 03:39 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(11)
レブロン / 第5戦プレーする


「足つって地固まる。」

NBAファイナル第4戦で「足をつった」レブロンは、第5戦にはプレーするということらしい。
スーパースターの条件はやっぱ「丈夫なカラダ」やね。

レブロンの故障で逆に結束が固まったヒートとマイアミファンを倒すのは、かなりの覚悟と集中力が必要ですよ。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-21 02:32 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(8)
レブロン負傷/NBAファイナル第4戦
「マイアミリーチ」

NBAファイナル第4戦はホームのマイアミが104-98で勝利し3勝1敗でチャンプにリーチをかけた。

途中までは、いろいろ書く事があったのですが、最終クオーター残り5分での「レブロンの負傷」と「ケガを押してのプレー続行」で、もうマイアミの勝利は運命づけられました。

正式な発表はまだないのですが、自分の右足が左足にひっかかって転んでしまったわけですが、トレーナーの応急処置の様子から左右のハムストリングス(特に右)を痛めた感じです。

とりあえず、つづき
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-20 12:48 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(8)
NBAファイナル第3戦


「サンダー最後にとっちらかる。」

NBAファイナル第3戦。ホームのマイアミが91-85で勝利し、2勝1敗とした。

マイアミは第1クオーターからリード。そして第3クオーター、サンダーがチーム力で追いつき、その後、抜きつ抜かれつの攻防も、最終クオーター、ヒートのグッドディフェンスでリズムを崩したサンダーが無得点の間にヒートが突き放す。
しかし、残2分、そのたぐいまれな身体能力故にウェイドがセフォロシャをなめ過ぎ「マヌケ」なスティールをされてサンダーが息を吹き返し3点差。しかし残16秒でサンダーの中で一番ディフェンスのヘタなハーデンがレブロンにファールし4点差。そして最後はサンダーのミスコミュニケーションでゲームセット。

ホームゲームをきっちりと取ったマイアミは流石である。

続き / 読みたい人のみ
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-18 12:05 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(11)
NBAファイナル 第2戦
「20-5」

NBAファイナル第2戦。100-96でアウェイのヒートが勝ち、1勝1敗のタイになり、サンダーはホームで痛い敗戦。ヒートが優位にたった。

世の中そんなに甘くはなかった。

いつもよりもスロー過ぎた立ち上がり「20-5」が、そのまま最後まで重くのしかかり、取り返す事ができなかった。結果的にはこれが一番大きなサンダーの敗因であろう。

今日は妙に勝負したがりのデュラント。「レブロンの全てに勝ちたくなったのか?」
おかげで早々と2ファールでベンチ。普通にジャンプシューしてればいいものを。さらにデュラントに続いてウエストブルックも2ファールでベンチ。

確かにヒートはボッシュをスターターに、さらにコールを起用するなどしていたが、結局はウェイドとレブロンである。ヒートが特別良かった訳ではない。良かったのは「あいかわらずバティエ」である。

それどころか、空回りはしていたものの、サンダーのチーム戦術はブレなかった。

どれだけ点差が開いてもヒートの戦術では、いずれサンダーが組織的に追いつくのは時間の問題であった。それが48分以内に間にあうのかどーかということだけだった。

結果、間にあわなかった。それだけである。

バティエとコリソンのプレーは泣ける…
あとレブロンのシュートを何度もブロックするイバカ…イカす…

つづき(ヒートファンは読まないように)
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-15 12:56 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(19)
マイアミ対ボストン最終戦
c0032016_1217592.gif


「マイアミ遂に勝つ。」

開始1分で不必要なファールをしてしまったケヴィンガーネット。さらに第2クオーターでも、悪いクセがでて3つ目のファールをもらって完全にベンチで見学。カンファレンスファイナル最終戦とは思えない思慮のないプレーにかなり失望。

これでマイアミが圧倒するのかと思ったが、ウェイドが何度も不用意なパスをスティールされ、さらに、プレーオフに入ってからイマイチ調子の上がらなかったブランドンバスが絶好調、KGの穴を埋めて有り余る活躍。その後ウェイドとロンドがダブルテクニカルを取られる事態。という雲行きの怪しいまま、前半はボストンリードで折り返す。

今日のレブロンは第6戦のような「覇気」は使っていない模様。ジャッジに不満のようで怒っております。あれはマグレだったよーです。

後半に入っても糸口の見いだせないマイアミだったが、今プレーオフ、ヒートを支えているといっても過言ではないバティエの連続3Pでリズムをつかみ、タイにするも、最後まで流れに乗れず。第3クオーター終わってタイ。

最終クオーター残り9分でレブロンやっと「覇気」発動。そしてボストンのベテランに少しずつ疲れが見え始めシュートの精度が落ちて気力を失いゲームセット。まだゲーム中だけど…

ファイナルはオクラホマシティサンダー対マイアミヒートとなりました。

続きあるよ。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-10 12:11 | ●イラスト入りストーリー | Comments(8)
マイアミ対ボストン
c0032016_12223189.gif


「最強レブロン」

イースタンカンファレンスファイナル第6戦、崖っぷちマイアミがボストンをアウェイで下して3勝3敗のタイにし、最終戦までもつれこんだ。(まだゲーム中ですが勝つに決まっている)

レブロン…未だかつてないほどの集中力。第3クオーター残り3分のテクニカルファールまで、感情を全く出さなかった。これほどまでに恐ろしいレブロンは見た事がなかった。

今日のレブロンに勝てる奴は今のNBAには存在しないだろー。

続きがあるよ
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-08 11:57 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(8)
持ってる男
c0032016_1311326.gif


「おそろしい嗅覚」

このオッサン「持ってます」よねー。
さらに、おいしいとこ「持っていきます」よねー。

で、6コ目のリング「持っていきます」かねー。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-07 13:06 | ●イラスト入りストーリー | Comments(2)
サンダーカンファレンスチャンプ
c0032016_12441538.gif


「サンダー。」

ウエスタンカンファレンスファイナル第6戦、107-99でサンダーが勝ち、初のウエスタンカンファレンスチャンプになった。

シアトルスーパーソニックスからオクラホマシティサンダーになり、たった4年目にしてのカンファレンスチャンプ。ほとんどのプレーヤーがドラフトで入ったプレーヤー。ちょいと金使った補強といえばパーキンスぐらいである。コリソンとかうれしーでしょーねー、シアトル時代から生き抜いてきたプレーヤーですし。

わたしの中では第4戦のサンダーの勝利でチームの流れではなくて、運命が変わったのではないかと思っている。

さて、対戦相手はボストンかマイアミか、どちらになってもサンダーに叩き潰してほしい。と思ってます。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-07 13:00 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)
ヒート対セルティックス
c0032016_12402842.gif


「オッサン達がリーチ」

イースタンカンファレンスファイナル第5戦は94-90でこちらもアウェイのボストンが勝利し3勝2敗でリーチをかけた。

いやー、ピアースのオッサン決めましたねー。最後のレブロンとのタイマン3Pは見事でした。

ボッシュ…案の定帰って来たからといってヒートは強くならなかったですね。バティエで戦ってきましたからねー、バティエ以上のエネルギーをもって挑まないと置いていかれますよね。誰よりもハッスルしないといけない状況だったんですけどね。ウェイドもレブロンも限界までプレーしてますからねー。もう第3のプレーヤーが頑張らないといけない状況ですよヒート。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-06 12:41 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(10)