人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧
カーメロ氏炎上
「ポルジンキスは掘り出し物」

フィル社長がポルジンキスくんをドラフトしたことに、不満を漏らしていたカーメロアンソニー氏が一転して、ポルジンキスくんの獲得はすばらしいとインスタグラムでコメントした。…ということでニックスファンが「はっ?」となって…そして最終的にカーメロ氏の$124ミリオンの契約の話になって…カーメロ氏の30歳らしからぬ対応がちょっとした話題になっている。

どーでもいい話
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-28 23:54 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(8)
ニックスのドラフト
「PFポルジンギス(4位)とPGグラント(19位)とCヘルナンゴメス(2巡目)」

昨夜ドラフト2015がありまして、フィルジャクソン社長はCポルジンギスくんを指名しニックスファンからのブーイングを受けました。ポルジンギスくんの指名についてフィッシャーHCは「単純にフロントコートにサイズのあるプレーヤーが欲しかった。」ということである。フィル社長は「ポルジンギスくんはパウガゾル級のポテンシャルがあるんだよ。」ということである。
ニックスファンのブーイングは多分「ヨーロピアンはいらないよー。」ということでしょう。
当の本人も「多くのニックスファンはわたしがドラフトされたことを残念がっているが、このブーイングを拍手喝采に変えてみせるよ。」と答えました。
ニックスのエースSFカーメロアンソニー氏ですがポルジンギスくんの指名に不満があるそうです。さらにティミーを放出したことも不服だそうです。ESPNなどではニックスの今回のドラフトの評価は高く、タウンズ、ラッセル、オカフォーがすでに指名されていたのでポルジンギスくん指名は「かなりアリ」ということである。さらにディフェンスに問題があるティミーのトレードで獲得したPGグラント獲得の評価も高い。2巡目のヘルナンゴメスもタフなディフェンダーとして良いということである。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-27 03:39 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(10)
ケビンラブが…
「ラブがオプトアウト」

キャブスのケヴィンラブくんが、契約最終年のプレーヤーオプションを行使(オプトアウト)して7月1日にFAとなる。キャブスは5年$100ミリオンの提示をするつもりらしいが…
現在レーカーズやらセルツが興味を示しているらしい。まあプレーヤーオプションなんでオプトアウトするのは普通のことなんですが…もしもラブが出て行ってしまうことになると…キャブスは「ドラフトNo.1&ルーキーオブザイヤーのウィギンスくんをタダでミネソタへ放出しただけ」ということになる。
まあ別にキャブスから出て行くと決まったわけではない…レブロンだってオプトアウトするでしょう。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-25 06:33 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(6)
レブロンは歩いている
「NBAマスターなんでアリなんです。」

もう…かなり広まっているとは思いますが、禅マスターの「レブロンはいつだってトラベリングしている。」発言からの「最近のバスケはどーかと思うよ事件」ですが…

禅マスター様は11コのリングを持ってるレジェンドとして話しているとは思いますが、現在あの弱小ニューヨークニックスのプレジデントだということをお忘れになっているのか…それとも来シーズンはとんでもないチームになると自信満々なのかは定かではないが…

「なんだ禅マスター、そんないちゃもんは、ニックスを優勝させてから言いやがれっ!」とキャブスに言われても仕方のないことで「自分のチームの心配だけしてろっ!」とキャブスファンに言われても仕方ないことで、「レフリーもしくはNBAを批判しろっ!」とレブロンに言われても仕方のないことで…、プレーオフ圏外のチームを1年でカンファレンス優勝させたチームによくそこまで言えたな…と11個のリングの威力と権力は凄まじいんだな…

さらに昨シーズン…トライアングルが機能せずにカーメロ氏に散々アイソレーションさせていたHCを雇ったのはどこのどいつだいっ?ってことも、膝が痛いのにロンドンとオールスターだけは出場させたことも、棚に上げている禅マスター…

大丈夫かフィル社長…来シーズンのニックスは…
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-24 02:38 | Comments(2)
アイザイア保留
c0032016_6594295.gif

「NYリバティのオーナーシップ保留」

たぶん誰も関心ないとは思いますが、ちょっと古い話になりますが…WNBAニューヨークリバティの社長に就任してしまったアイザイアトーマス氏が、さらにリバティのパートオーナーになる件に関して「追って沙汰があるまで保留する」ということである。理由は2003年ニックスGM時代に犯したセクシャルハラスメントをしたアイザイアトーマス氏がオーナーになることは不適切である…ということである。人種差別発言をした元クリッパーズオーナースターリン氏の小ちゃい版みたいなものであるが…
社長業は続けれるらしいです。
しかし…アイザイア氏ってパートオーナーになれるぐらいお金持ってるんでしょうかねー。持ってても出しそうにないですし…やっぱり親友が全面的にバックアップするんでしょーねー。アイザイア氏のピンポイントながらも信頼を勝ち取る能力はすごいですねー。なんかここまでだと逆に関心するわ。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-24 00:36 | ●イラスト入りストーリー | Comments(0)
さらばキレリンコ
c0032016_14193215.gif

「リンコ星に帰る。」

元ロシアの最終兵器・AK-47・キリレンコさんが引退を発表しました。
現ロシアの最終兵器はモズコフさんになっちゃいましたから…
シュベドくんもプチブレイクしましたし…
全盛期のキリレンコはヤバかった。

キレリンコとか、AKB47とか、カラシレンコンとか…イジらせていただいてありがとうございました。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-23 23:41 | ●イラスト入りストーリー | Comments(0)
ストーブリーグ
c0032016_12184378.gif

「とりとめのない話」

今週の木曜日がドラフトなので…その後に派手にやられるとは思いますが、ご存知の通りレブロンは「生涯キャブス」ですし、ガゾル弟はメンフィスラブですし…

…というよりも、今回のファイナルがウォリアーズとキャブスだった…というのが、イマイチストーブリーグに興味がわかないというか…

今シーズンのファイナル、結果的にはレブロンキャブスは優勝できなかったんですが、初年度だし主力がケガしたことを加味すれば「レブ理論」は間違ってはいない…とも言える。(そもそもレブ理論ってなんだ?といわれると…説明もできませんが…ファンからみてなんとなく存在するであろう彼の優勝するための考え方のことですが…)

はたまたウォリアーズのようにドラフトで取得したIQの高い若手プレーヤー中心にオプション的にプレーヤーの補強によるチーム作りをし優勝した…。(説明はむずかしいんですが…自由なスパーズ的な感じ…というか主力がケガだけを注意していれば、地味でナイスな補強で常勝するようなシステムを築ける感じ。)となると…FAで大物プレーヤーを獲得してチームを補強することに…少し魅力を感じないというか…

逆に今年のすっごく地味なFA市場を使った補強でどっか「あっ」と驚かせてくれないかなー…と思ったりもします。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-23 13:54 | ●イラスト入りストーリー | Comments(1)
ウォリアーズ優勝
「励みになる」

キャブスではなく、ウォリアーズが優勝したことは、NBAにとって経済効果としてはキャブスよりはおいしくなかったかもしれないが、現場にとってはとても喜ばしいことではないか。

プレスカンファレンスで言っていたが (うろ覚え)「3年間の戦略が実を結んだ。我々はメディアやファンを含むカルチャーを作った。カルチャーが一番大切だと考えた。」と興奮気味に語ってましたが…
たぶん「ファンが費やしたお金や時間をチームはどれだけ恩返しをしたのか。」いわいるメディアやプロモーションも含めたチームがファンを満足させるベストフランチャイズチームを作ったということでしょうか。
何年か前にESPNマガジンでMLBのエンジェルスがアメリカの全てのスポーツチームの中で、ファンの満足度ランキングが上位であるという記事を読んだ記憶があるんですけど…そーいうことなのでしょう。

ファンに愛されるチームを作って勝った。と言うウォリアーズ。(こういうことが言いたかったんだと勝手に解釈)
勝ったんで何でも言える状況なんですが…こればっかりは今のレブロンの考え方ではできそうにない。

あと…勝てないのなら…せめて愛されるチーム作りをニックスはやってほしい…。はっきり言って「恩返し」された記憶がない。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-18 01:51 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(16)
ウォリアーズリーチ
「しっくりくるのか」

ファイナル第3戦の、鬼のようなレブロンとキャブスのケミストリーを見て愕然としたんですが…
その2日後の第4戦は打って変わって…「あっ!なんか、この感じのキャブス…ゲーム前に記念集合写真撮ってた頃のあの雰囲気やん。」的なつかしいキャブスに…
で、中3日での第5戦…「おっ!またオーバータイムになんのか…」と思うようなゲーム展開でしたが、ウォリアーズが勝利し…現在3勝2敗なんですが…
このままウォリアーズが勝ってくれると「しっくりくる」んですが…
第3戦のキャブスを見ているだけに…第6戦をキャブスが勝利するようなことになれば…アウェイだろーがレブロンには関係ない…気もしなくもない…
なんしか「あと1勝」のプレッシャーはハンパないですからねー。

ちなみにニューヨーカーは「カリーすげーなー。レブロンやべーなー。元ニックス4人もプレーしてるぜ…ニックスってバカだよねー…JRはともかく。」という会話になります。JRの放出には誰も異論はないよーです。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-16 11:41 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(10)
穏やかではない人たち
「ニックスファンは落ち込んでいる」

今シーズンのNBAファイナルほどニックスファンにとって辛いことはない。
シャンパート、JR、モズコフ、(リー)と元4人のニックスが現在NBAファイナルを戦っている…からである。
もちろんシャンパートくんが強いチームで活躍できるのはニックスファンとしてとても嬉しい。
しかし、それも今年はカンファレンス優勝までは行かないだろう…と思っていたからで…それがカンファレンス優勝して…さらにチャンプにまであっさりなってしまいそーなので…ちょっと心境が穏やかではないのである。…残念ながら、わたしはそーいう器の小さな人間なのである…

マイアミだって穏やかではない…談合で集まったビッグスリーを結成したが1年目優勝できず…その後2連覇して「さすがビッグスリー」となったにもかかわらず、現在レブロンは1年目にしてあっさりとカンファレンス優勝して、NBAファイナルで戦っている。ウェイドの存在もボッシュの存在もパットライリーやスポエストラの存在も否定しつつある…

キャブスだって穏やかではない…まずラブ不在でもカンファレンス優勝してしまった…。アーヴィングがいなくてもウォリアーズとなんら変わらないゲームをしている。このままだと「結果レブロンだったんだな。」となってしまいそーである…

マイクブラウンだって穏やかではない…かなりまずい…

スパーズだって穏やかではない…。だって極端にいうと…キャブスは…ほぼ全員が初対面のチームなのである。

シクサーズだって穏やかではない…アイバーソンを放出してイグラダに賭けたが「レブロンの劣化版」として評価され放出した…そのイグダラが今レブロンとタイマンを張っている…

これでキャブスが優勝してしまったら…もう…何が正しいのかが…まったくわからなくなりそうである…。
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-08 11:19 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(20)