人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2013年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧
マイアミキャバリエーズ
「キャブスの日々が帰って来たようだ。」

もうビッグスリーではない…たしかに…レブロンが言ったように…
「キャブスの日々が帰って来たようだった。」

ミルウォーキーでちょい活躍して自己評価を上げ過ぎた「できるPGを装い落ち着いた顔」だけしているモーの代わりにウェイドがいるということ。
リバウンドを取りまくり、オフェンスファールを取るためにゴールしたでいつもお尻からコートに滑っていたバレージャオとの代わりにボッシュがいるということ。
キャブス一筋で老体にムチ打ってジャンプシュートを決めていたビッグZの代わりにハスレムがいるということ。
ウィザーズ時代に過大評価され鳴り物入りでやってきたが全く使えなかったヒューズの代わりにアレンがいるということ。
なんとなくマスコットキャラになっていた3Pシューターギブソンの代わりにチャルマーズがいるということ。
今プレーオフでレブロンを一番救っているのはチャルマーズだと個人的におもっています。彼…何か変わったよね。良い意味で。今のところ。
まだまだ駆け出しだったファール要員ヒクソンの代わりにバードマンがいるということ。

そう考えると、ボッシュとバレージャオ以外はキャブス時代よりも良いということになるか…

悲しいかな…レブロンがレブロンにならないといけない状況はどこに行っても変わらなかったとうことですね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-31 23:06 | ●ニュースブレーカーズ
ヒートやっとリーチ
ヒート90-79ペーサーズ

もうビッグスリーとは呼べないヒートですが、MVP1人とヘルプでなんとかしました。
チャルマーズくんとハスレムさんが影で活躍してましたね。チャルマーズくんにゴールしたヘルプしてもらってるボッシュ…イタ過ぎる。

スティーブンソンくんのファールアウト後の落ち込み方にちょっと好感度アップ。だんだん憎めない奴になってきた。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-31 13:34 | ●ニュースブレーカーズ
レブロン、ウエスト&スティーブンソンに罰金
「罰金$5000」

NBAはレブロン、ウェスト、スティーブンソンのフロッピング(ファールされてないのに、されたように見せかける行為。スポーツマンシップに反する。)に対して$5,000の罰金の支払いを命じた。

オフェンシブファール取り出してから流行ってますよね。今回の3人のアメリカンよりもヨーロッパや南米のプレーヤーが得意ですよね。バレージャオ、ジノビリとか大御所ですね。

個人的にはビッグマンが倒れてファールもらうのはどーかと思ってますが。

フロッピングがどーのこーのじゃなくて、ヒート対ペーサーズは、カンファレンスファイナルとは思えない貫禄がないというか…ザワザワしたゲームしてくれますよね。

サッカーでフロッピングを罰金にしたら、1試合につき$30,000ぐらい協会は稼げるんじゃないですかねー。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-31 03:00 | ●ニュースブレーカーズ
ペーサーズ勝ってタイ
ペーサーズ99-92ヒート

リバウンド。まあ優しく言うと、ここが違う。
厳しく言うと、ボッシュ…役立たず。オフェンスでは3Pラインにたたずんでいるので、当然オフェンスリバウンドなど取れない(はなから取る気がない)、ディフェンスでもリバウンドは取れない。というか取りに行かない。スティーブンソンでもボッシュは勝てそーにない。

その、スティーブンソン、彼は危険だ。何も失う物がないプレーヤー。怪我をするのを恐れていないし、他人が怪我をするのもしったこっちゃないプレーをする。ボールしか見ていない。ボールと自分の間にあるものは巻き添えにしてコートに崩れ落ちる。ニックス時代のネイトロビンソンのよーなものである。幸い今はチームに被害者は出ていない。レブロンは彼の足の上に着地した。

ビッグスリーなら、活躍しないと勝てないのではウェイドさん(ボッシュさんは数えてない)、と思う。怪我…知らんそんなもん。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-30 10:59 | ●ニュースブレーカーズ
スパーズ4連勝でカンファレンスチャンプ
スパーズ93-86グリズリーズ

何のドラマもなく終了。スパーズがウエストカンファレンスチャンプになりました。
ウエストブルックの怪我と、レーカーズの失速が、スパーズを楽に勝たせてしまいました。
結果的にスパーズを一番苦しめたのはGSWということですね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-28 12:51 | ●ニュースブレーカーズ
ペーサーズ、ホームで負ける。
ヒート114-96ペーサーズ

ネットが24時間以上使えなくなってしまって…何もできなかった…

さて…ペーサーズ…ホームでコテンパンにやられました。
ちょっとおかしくなくなかったですか?ジョージとチームメイトの関係。なんかあったんですかね…内輪もめ?
ジョージがボールの運び番になってましたから戦略ちょい変えたんでしょーけど
ほとんどパス回してくれませんでしたよね、ジョージに。
すべてウエストかヒバートに送ってましたよね…どんだけジョージが外でフリーでも…
プレーもスローでしたねー。最後まで若さ出なかったですね。スティーブンソンだけは相変わらず空回りしてましたけど…今はチームもメディアもヒバート押しなのは分かりますけど…

ペーサーズって「今調子に乗るには持ってこい追い風のタイミングでしょ!」って言う所で、乗れないというか、乗らないですよね。西海岸のよーな脳天気さが必要ですねココ。

ヒートはハスレムとバードマンがディフェンスもオフェンスも調子良くて助かりましたね。ペーサーズも追いかけて来ませんでしたし。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-28 01:31 | ●ニュースブレーカーズ
スパーズ3連勝でリーチ
スパーズ104-93グリズリーズ

最終クオーターのラストショットをコンリーが外しオーバータイムになった時点でグリズリーズが勝つ確率はかなり低くなったのは誰の目にもわかった。

オッサン軍団のスパーズなのだが、オーバータイムに入ってからのスパーズは5分間全力を出した。
なるほど…スパーズは短時間なら恐ろしい力を発揮するのだ。オッサン軍団よりも疲れ切ったグリズリーズは手も足も出なかった。

普段の練習が足らないので動きが止まるのか、訓練が足らないのでスパーズのように疲れていても自然に体が反応しないのか。とにかくオーバータイムのスパーズのプレーから彼等の精神力と経験値と練習量がどれほどのものなのか理解できたような気がする。その全てが足らないグリズリーズはバラバラに崩壊してしまった。たぶん5分間何も考えることはできなかったであろう。

アウェイの2戦とはうってかわって第1クオーターで大差をつけたのだから、せめてハーフタイムぐらいまでは走り続けてほしかった。ちょっとコンリーくんに頼りすぎじゃないでしょーか。もう彼フラフラですよ。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-26 13:26 | ●ニュースブレーカーズ
ペーサーズ勝つ
ペーサーズ97-93ヒート

最後の最後でレブロンが2度ターンオーバーしちゃって負けましたね。

とは言うもののレブロンを責めるわけにもいかないでしょう。
レブロン一人で戦っていたようなものですから。ターンオーバーにしても、もうチームメイトはレブロンに丸投げでしたからね。「あれ?シュートしないの?」シュートしない選択肢全く考えていないみたいな感じでしたからねー。
レブロン以外のヒートのプレーヤーもそれなりには頑張ってましたけど、カンファレンスファイナルですからねー、もうこれ以上ムリですっ!ぐらいプレーしないとそりゃやられますよ。

ペーサーズは初戦の敗戦を肥やしにしてましたね。ヒバートもツイートで大口たたくだけの活躍をしました。ジョージも「やはり」一皮むけてました。(ニックスもここまで開花するプレーヤーを取ってほしいわ!)

ヒートにとっては「かなりイタい」敗戦ですよ。ペーサーズは自信も勢いも取り戻しましたからねー。ポポビッチならこーいうミスはしないでしょう。これでもかと言うぐらい出るクイを打ちまくるでしょうけど。

最後にひとつ。スティーブンソンくん、何なのこのイタさ全開のプレーをする子はっ!何か勘違いしてしまったのか?まあHCにガツンと説教してもらいなさい!
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-25 13:34 | ●ニュースブレーカーズ
ダンカン離婚
「できるだけ早く離婚したい。」

サンアントニオのティムダンカンと奥さんのエイミーさんが離婚する。
理由は、性格の不一致と対立に絶えれないということだそーです。

なんかNBAプレーヤーって別居とか離婚とかの話が持ち上がった年って、けっこう活躍するんですよね。

わたしの同僚(サンアントニオ出身)によると奥さんはビッチだそーです。
個人的には、ダンカンにも問題ありそーですけどね。あの目と顔を家庭でされたら「あんたいったい何考えてんの?」と言ってしまいそー。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-25 05:21 | ●ニュースブレーカーズ
バティエは汚い。
「ヒバートがツイート。」

「バティエが毎回ドライブするたびに、オレにヒザを入れたりキックしたりする。それでもオレはリムを守る。バティエの不注意ではない。(故意だ)」
とヒバートがツイートしている。

確かに、ずーっとヒザを上げたままジャンプするのは不自然である。バティエの飛びヒザ蹴りは故意であることは明白である。ただ、そんなに何回もはしていないと思う。ハッキリと回数を数えてはいないが…

バティエのディフェンスを注意するなら、もしかしてペーサーズにとってレフリーに何かしらの良い影響を与えるかもしれないが、オフェンスはいーんじゃない。と思う。

続き/読んでも怒らないという人だけね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-24 23:38 | ●ニュースブレーカーズ