人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2011年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
マイアミ・イースタンカンファレンスチャンプ
c0032016_23123191.gif


「ヒート余裕で勝利。」

なんというか、シカゴのスターターは3戦目ぐらいから完全に読み切られていたにも関わらず、動かなかったヘッドコーチオブザイヤー。

ギブソン、ブリュワー、トーマスたちベンチの作った貯金を、見事に使い果たしたシカゴスターター。

まあブーザーのファールから8本(たぶん)フリースローを与えた辺りがターニングポイントだったですかねー。

きりがないほど問題だらけでしたけど、結局はチーム全体が経験不足だったという事ですかねー。

サンダーほど諦めのつく内容じゃなかったでしょー、力を出し切れなかったですからねー、シカゴは。

で、シカゴで決めちゃったので、カンファレンス優勝トロフィー授賞式は、しずかに、でも、アランゾモーニングから授与されました。

ちょっと、いい感じでした。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-27 23:06 | ●イラスト入りストーリー | Comments(4)
マブス・カンファレンスチャンプ
c0032016_22251321.gif


「オッサン達勝つ。」

まあ、経験の差が出た。というか、大事な局面を理解しているチームが勝ちました。

で、マブスも2006年の雪辱を晴らすときが来ました。

しかし、ブルズでも、ヒートでも、サンダーのようにはいきません。

ただ、プレーオフになると全く活躍しなくなるマリオンの調子が上がってきているのは好材料ですねー。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-26 23:14 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)
新レーカーズコーチ
「マイクブラウン」

元キャブスのHCマイクブラウンが、フィルジャクソンの去ったレーカーズのHCとして4年$18.25ミリオン(3年+チームオプション)で今週中に契約する。

さてどーなるでしょーねーレーカーズは。

キャブスの時は「レブロン押しの一点張り」の経営方針でしたから、あーなったのだとは、思いますが、補強はキャブスのような、マヌケなことは、よもやレーカーズはしないでしょう。

あと、どのぐらい自由にやらせてくれるんでしょーね。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-26 05:31 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
ダラスリーチ
「ダラス王手。」

ダラスが適地オクラホマシティでサンダーをオーバータイムの末下して3勝1敗でカンファレンスチャンプにリーチをかけました。

ダラス最後は落ち着いていました。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-24 22:50 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(0)
ヒート2-1ブルズ
c0032016_1217745.gif


「マイアミ、製品の性能の差で勝つ。」

「プレーヤーの最高速度での精度が優れた方が勝った。」とでも申しましょーか。

アクセル踏みっぱなしで飛びこんで、決めれたか、決められなかったか、追いついたか、追いつけなかったか、弾き返せたか、返せなかったのか。

まあ、そのマイアミが挑発した勝負にブルズは乗っかってしまったわけですから、ある意味自業自得。

プレーヤー個人個人としては「オレのスペックは彼らよりも、間違いなく劣っている。」と悟ってしまった人もいそーなゲームでした。

これに懲りて、ブルズはブルズらしいゲームをしないと、もう後はないですよ。

なんか、マンガみたいな、ゲームでした。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-23 23:00 | ●イラスト入りストーリー | Comments(4)
サンダー1-1マブス
c0032016_22361785.gif


「マブスこける。」

ラスト3分10点差でも、マブスが落ち着いて逆転するんじゃないかと、思ってたんですけど、ハーデンやコリソンの活躍というよりは、マブスが小さなミスを連発して、自滅した感じでしたねー。

6点差でキッドのテリーへのパスのはずが、テリーが左に流れて、無人のコーナーに…。
ダークもコリソンにスティールされる。

キッドはパスする必要なかったですねー、テリーには。テリー大ブレーキでした。

しかし、マブスはダーク以外のスターターが得点しないですよねー。それがマブスなのでしょーけど。

コートを去るノウィスキーの顔、ちょっと見覚えのあるイヤーな雰囲気になってましたよねー。
あとボール持ってましたよねー、あれいつもの事なんですかねー。

個人的には「そんなに早くサンダーに勝たせちゃって、この先NBA大丈夫?」と思っていますので、ダラスにはもうちょっとしっかりして欲しいですねー。

やっぱレーカーズ、スパーズ、マジック辺りが絡んでこないと、NBAの将来がちょっと不安になったりします。

マブスはサンダーでこれだったら、ヒートだともうお手上げなんじゃないか。なんて妄想したりします。

[PR]
by hoopnba | 2011-05-20 23:01 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)
ハスレムバック
c0032016_18161847.gif

「男ハスレムカンバック。」

遂にあのマイアミで1番頼りになるディフェンダーPFハスレムが戻ってきました。
さらにマイクミラーまで…

マイクミラーは水物なので置いといて、ハスレムはマイアミにとってはかなりのプラス材料ですねー。

ハスレムが入るとチームらしくなってきます。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-19 22:50 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)
マブス対サンダー
c0032016_22251321.gif


「遂に来るかマブス。」

ここ最近で一番強かった2006-2007シーズン。1位でプレーオフ進出で、8位ウォリアーズに潰されたマブス。

今年もそうカンタンには勝ち残れないと思いきや、8位グリズリーズに潰された1位スパーズ。王者レーカーズも自滅し終了。

ということで、マブスに立ちはだかる予定だった常勝&経験豊富なチームがあっさりと去り、なんだかカンファレンス優勝が見えてきたダラス。

今回はキッドもいるし、頼れるCチャンドラーもいる。もうダークも「プチキレる」こともないだろう。

サンダーは若いスピードと運動量でダラスに立ちはだかるも、ベテランチームらしくキッチリとダラスにクロージングされた。

ベンチのテリーとブレアがかなり活躍しなければいけなかったのが、若干不安ではあるが、ブレアのマッチアップがサルだったので、しかたなし。

今のダラスにアウェイで1勝するのは、かなりしんどいと思いますねー。自滅すれば別なんですけどねー。HCはカーライルですからねー、なかなか。

あと、ずーっと気になってたのですが、Cパーキンスを大物扱いしすぎじゃないですかねー。
テレビでもなんかすごい写ってますけど、全部ベンチに座ってるとこですから。
Cなので希少価値はあるでしょうが、絶好調でも、そこそこのCだと思うのですが、個人的には。

[PR]
by hoopnba | 2011-05-18 22:53 | ●イラスト入りストーリー | Comments(10)
王者没す
c0032016_9453442.gif


「東も西も。」

セルティックスとレーカーズがともにセミファイナルで姿を消しましたねー。

セルティックスの場合は、Cがジェメインオニール一人で、ただでさえキッツイ状況で、ロンドのハイパーエクステンディングで万事休すでしたね。あの時点で勝負はついてしまいました。

ロンドのいないセルティックスの最期は、哀愁この上なかったですねー。

レーカーズは…まあ何とも言えない、いろんな意味でレーカーズらしいというか、あと味の悪い最期でしたね。

セルティックスと違い、まだ衰えてないというか、一番脂ののっているプレーヤーがいるチームだったのですが、まさかの内部分裂で終了とは。まあ私生活でも脂ののってるプレーヤーもいっぱいいますからねー、リアリティショー出てたり。ニックスも人のこと言えませんが。

で、今シーズンのプレーオフで思うことは、対戦カードはオモシロいし、結果も新しい時代が来た感があって良いのですが、1on1感の強いゲーム多くて、ちょっとわたしとしては消化不良です。

「ボールを回すだけ回して、最期はペネトレイトかよ!」なゲーム多くないですか。

なんとなくプレーが雑な感じがするのは気のせいでしょうか。もしかして、わたしが年取って、スピードについて行ってないとか、頑固になって新しいスタイルを受け入れきれてないとか。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-13 10:10 | ●イラスト入りストーリー | Comments(18)
ボストンとマイアミ
c0032016_2226121.gif


「ピアース大ブレーキ。」

イースタンカンファレンスセミファイナル、ボストン対マイアミの初戦は99-90でマイアミがホームゲームを勝利した。

どちらが勝っても個人的には興味がないのですが、客観的にはオモシロいカードには間違いない。

スタッツではこの両チーム分かりにくいのだが

ボストンの敗因はSFピアースは絶不調。特に第1クオーターにロストボールを2度も犯し、チームのリズムを崩した。前半のピアースの大ブレーキがなければどーなっていたかわからないゲームだった。

マイアミのキープレーヤーはビッグZ。スタッツはないが、誰にも迷惑をかけず、むしろチームメイトの動きやすいように仕事をしている。さらにCアンソニーのファールトラブル回避にも貢献している。+ベンチのジェームスジョーンズの好調があってマイアミは勝利した。毎試合はこーはならないだろう。

この対戦は調子の悪いプレーヤーがいる方が負ける。

「ガゾル弟の貢献。」

メンフィス対オクラホマシティはアウェイでメンフィスが勝利し、サンアントニオ戦の勢いを持続している。というか、勢いだけではなくて、とてもバランスのいいチームに仕上がってしまっている。

特にコンリーとガゾル弟の貢献度は高い。

ザックの絶好調はもうミラクルとしかいいようがない。オフェンスはザックに頼るところが大きい。しかしディフェンスではザックよりもガゾル弟の存在が非常に大きい。ガゾル弟なくして勝利はない。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-03 04:14 | ●イラスト入りストーリー | Comments(8)