人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2007年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧
もういいよアイザイア
c0032016_13525976.gif


「何点差で負けても、ただの1敗。」

今日のボストン戦でニックスは104-59というニックスの歴史上3番目の最低なゲームをしてしまった。しかもKGは22分、ピアースとアレンは第4クオーターは1秒たりともプレーしていない。第3クオーターが終わった時点でニックスは41点という考えられない得点だった。

「今までに、こんなに休憩した記憶がない。良かったよー、今の時期に休憩出来た事は。」とKGは言った。
「40点差以上で勝ったことはなかった。」とピアースは言った。

TNTのケニースミスやバークリーも、もう悲惨すぎてコメントを控えているようであった。

「30点差だろうが40点差だろうが、ただの1敗だ。」とはケニースミスのコメント。
「才能のあるプレーヤーを集めるが、プレーヤーは何をやったら良いのか全くわかってない典型的なチームだ。」とはバークリーのコメント。

私はというとニックスファン歴で初めてテレビに向かってキレました。
インタビューでアイザイアが「I don't know where this game came from.」と言ったんです。

「おまえじゃー!」って大声張り上げてしまいました。
なんじゃーそのコメントは。相変わらず具体的な意見も分析もない。当然反省もない。

もう十分遊んだでしょ。贅沢なオモチャで。無料で本物のお金でファンタジーゲームやったんだから。そろそろベットに入って寝る時間ですよ。

もーねー「頭痛いです。気分が悪いです。」

「アイザイアのせいで精神的苦痛を受けた。」ってやったら「勝訴」できそーなぐらい顔みるだけで「イラッ」とくるんですが。

「もうストーカー法とかで半径500M以内に接近できない。それがテレビでも。」っていうのないかね。

追加:レーカーズ対ナゲッツ戦後のバークリーのコメント

「ニックスのプレーヤーはバスケットボールをしないで、チェック(小切手)を集めているだけだ。」「デビットリーとネイトロビンソンはハードにプレーしている、ワークしてないが。」
[PR]
by hoopnba | 2007-11-30 14:44 | ●イラスト入りストーリー | Comments(28)
何してるバレージャオ
c0032016_0504877.gif


「あの人はどこへ。」

まだ、忘れられてない内に帰って来たほうが良いとは思うのですが、バレージャオ。アメリカ人はあっさりしてるのよ。

先週の金曜に私の同僚のココという女性が「私の立場をわかってくれない。不公平だから辞める」と先週ボスに言った。ボスは「私はとっても失望した。」と彼女に言ったみたいだ。と私の携帯に週末に連絡があってあーだこーだと延々と聞かされる。
で月曜に会社に行くと、なんとココが来てる。「はっ?」どーやら態度を軟化させていて「ボスと水曜日に話をすることになった。」と。まあよくある事。
しかし火曜にボスから全員にメールが届いた。その中に1行「ココ、君が会社に来るラストデーはいつか連絡ください。」と。
ん?ボスはもうココのことはどーでもよくなったらしい。さらばココ。

で、バレージャオ君は制限付きFAですが、キャブスの提示条件が気に入らないらしい。
5年$20ミリオンを拒否、5年$32ミリオンにしたがそれも拒否る。

どーやらGMのダニーフェリーが気に入らないらしい。何故かというと、交渉がまとまらないフェリーがブラジルのバレージャオの両親の家に行った。そこでバレージャオにサインさせようとしたらしい。日本プロ野球界ならなんて誠意ある態度と受け止められるだろうが、アメリカではそーはいかない。「なぜ代理人と交渉しないで、実家に来てしかも、契約を直接交わそうとした。」「もうキャブスでプレーしたくない。」と怒ってる。

しかし制限付きFAのバレージャオに選ぶ権利はない。1年後には制限無しFAになるというのに。現在バレージャオは5年45ミリオンぐらいで契約したいのでは噂されている。もしくはそれでサイン&トレード。

ややこしい。

キャブスは2004年にブーザーを痛恨のミスで失ってしまったので、かなり神経質になっている。ドラフト2巡目だからってブーザーを甘く見たツケが今回って来ている。

まあバレージャオの気持もわかる。ヒューズより高いサラリーもらいたいだろう。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-29 02:54 | ●イラスト入りストーリー | Comments(19)
ウォリアーズ、サンズ粉砕
c0032016_1505033.gif


「ウォリアーズ帝国の逆襲。」

ジャクソンの戦列復帰でリズムを取り戻し、MIPモンタまで復調してしまったウォリアーズが現在パワーランキング1位のサンズを129-114で点の取り合いを制し3連勝。

リスキーなディフェンス&縦横無尽に駆け巡るウォリアーズにサンズ翻弄される。

まるでトータルフットボール・オランダ対アフリカンビート・ナイジェリアのような、もうバスケではなくサッカーのようなゲーム。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-27 15:13 | ●イラスト入りストーリー | Comments(8)
ネッツ、レーカーズをかわす。
c0032016_1624326.gif


「レーカーズがオモシロい。」

レーカーズ対ネッツ、コービーの執念の逆転で勝利をつかみかけたが、一歩及ばず100-102でネッツが勝ち、レーカーズはホームで敗戦した。

第4クオーター序盤コービーがベンチに下がった3分間にネッツが一気に10点差まで差を広げられたのが敗因だろう。ネッツのディフェンス&速攻は美しかった。

レーカーズは勘違い男ラドマノビッチが大ブレーキ。
それでも、レーカーズはオモシロい。特にバイナム。すばらしい。クワミがいない方がバイナムは調子が良さそうである。

ネッツは時期怪物候補ショーンウィリアムスがヤバい。別に大きく貢献しているわけではないが、ブーンとかと比べるといろんな意味で「大物」である。あの太々しい全く焦る様子のない態度はどことなくカーターに似ている。ウィリアムスが2年目ぐらいだったらキッドもさぞかし嬉しいだろうが、今の所活躍してくれればラッキーぐらいである。彼のスラムダンクは「アゴが外れそーになるぐらい驚きだ。」マジメに精進すればビッグベン以上の怪物センターになるにちがいない。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-26 16:47 | ●イラスト入りストーリー | Comments(14)
ニックス3勝目
c0032016_1358621.gif


「醜くても1勝は1勝。」

なんてラッキーな男アイザイア。続投宣言後のホームでのシカゴ戦で85-78で勝利し、これで3勝目。

アイザイアもマーブリーも今日の勝利で「それ見たことか!」と調子にのってノリノリでインタビューに答えていた。

しなし内容は今までとなんら変わっていない。いや今までよりも、とんでもなく最悪であった。チームFG39.4%、FT61.9%にも関わらず勝ってしまうのだから、シカゴ様々である。

マーブリーはともかく、コーチのアイザイアが今日のゲームに満足していた事に私は愕然とした。デングなしの、しかも全員スランプ状態のシカゴと最後までもつれたからだ。

それにしてもシカゴは弱い。絶対に何か内部で起こっている。デングがいないだけではこーはならない。全員ごはん食べてないとか、ゲリぎみだとか、実は腰に重りをつけているとか、ただのスランプじゃない。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-25 14:17 | ●イラスト入りストーリー | Comments(10)
アイザイア続投
c0032016_1018317.gif

「アイザイア続投宣言。」

金曜日、オーナーのドランとのミーティング後、アイザイアHCは
「今年中は何も変える事はない。」
「私はまだ11ゲームでパニックになる時ではないと思う。」
「不満があるときに、あなた達は変えようとするが、しかし、今は変える時ではない。」
「私を信じろ。その時が来たら私が最初に言うから。でも、今はその時ではない。」
「私は今までたくさんの状況をNBAで見たり、乗り切って来たが、今は放棄したり変える時ではない。」
「私たちは乗り切る。」

しかしドランとの具体的な話の内容は
「ドランと私の話の内容はいつもプライベートだ。」
「状況を判断して何をやらなければいけないかを理解する。」
「シーズンは長いんだ。コツコツを戦うだけだ。」

という結果になりました。

アイザイア最大のピンチを乗り切りました。さすがアイザイア。ゲームよりも「この日」に全てをかけていたに違いない。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-24 10:45 | ●イラスト入りストーリー | Comments(10)
アリーナス離脱
c0032016_13422520.gif


「アリーナス左膝手術&3ヶ月離脱。」

左膝の調子が良くなかったウィザーズのアリーナスが、ジェイソンキッドの助言通り、手術に踏み切った。キッドの助言を素直に聞き入れるとはアリーナスは素晴らしい男だ。ただ者ではない。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-22 13:48 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)
やっぱりニックス2
c0032016_1241834.gif


「むろんニックス8連敗。」

あんまりオモシロくないのでESPNにチャンネル切り替えたら「ダラス対ヒューストン」が壮絶なゲームをしていた。これって同じリーグで行われているゲームなのか?そしてダラスがラスト1分を切って逆転勝利した。見応えのある2分間だった。

でチャンネルをニックス対ピストンズに戻す。

ピストンズは余りにもフリーでシュートが打てるし、誰もディフェンスに来ないので、プレーするのがアホらしくなるのもわかるが、10点差ぐらいでのらりくらりやらないでほしかった。
なぜならアイザイアがインタビューで必ず点差の事を引き合いに出して「グレートゲームだった。」などと言うからだ。誰もそんなの聞きはしないが、ドランを説得する事は出来るからだ。
アイアイ「昨日は26点差だったが、今日はピストンズ相手に12点差だったんだよ、凄くない。かなりチームの状態は良くなってる。」
ドラン「そーかー惜しかったなー、よしもう一息だ、頑張ってくれたまえ。」
[PR]
by hoopnba | 2007-11-22 12:51 | ●イラスト入りストーリー | Comments(10)
やっぱりニックス
c0032016_1327258.gif


「もちろんニックス惨敗。26点差。」

ゲーム前「マーブリーをスターターにすれば、もしかしてコービーのようにバンバン点取ってくれちゃったりして。ふっふっふっしてやったり。ヤバい勝利インタビュー考えとかないと。」

第1クオーター「そんなバカな事はないだろーが、半分の40点ぐらいは当然取ってくれるよなースターターにしてやったんだから。」

第2クオーター「おいおいヤバいよウォリアーズの皆さんそんなにはりきっちゃったら、ハーフタイムでロッカールームに帰る途中でちょっと交渉しよーかなー。」

第3クオーター「どーしよー絶対負けるよー。一応メモ持ってるフリしてるけど作戦なんてありゃしないし、ザックもイマイチだし。あーなんか涙出そーだよ。」

第4クオーター「どーするオレ、どーするアイザイア、インタビューだよー。ここは男らしいところを見せた方がいいか?マーブリーのせいにするか?客のブーイングのせいにするか?しかし今日逃げ切ってもその後どーする?こんな事ならパットライリーのマネしてコーチ兼任なんてするんじゃなかったよー。そっそーだやっぱりコーチとGMの兼任は無理があったことにしてGMだけに専念するってドランに言ってみようかなー。いまからとっておきのコーチ探さないといけないなー。誰かどこかでとんでもない事件起こしてくれないかなー。ボンズなんとかしてー。」
[PR]
by hoopnba | 2007-11-21 13:38 | ●イラスト入りストーリー | Comments(8)
崖っぷちニックス
c0032016_10452620.gif


「アイザイア崖っぷち、マーブリーが遂にスターター。」

今日のウォリアーズ戦に負けると7連敗になってしまうNYK。しかもホーム。
で、今日負けると更迭が噂されているアイザイアHCの進退が、本当に進行してしまうかもしれない。らしい。

どーなるアイザイア、どーするアイザイア、マジで崖っぷち。

で、遂にアイザイアがスターブリーを今夜スターターで起用宣言。

マーブリーはアイザイアを救えるか。

見た目は2人で仲良く手を組んでる感じではあるが、なんとなく、アイザイアは負けてもマーブリーも道連れにするためっぽくもあるし、マーブリーに責任を押し付けそうでもあるし、この起用は裏がある。
[PR]
by hoopnba | 2007-11-21 01:56 | ●イラスト入りストーリー | Comments(6)