人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2006年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧
祝・J-WAVE出演
c0032016_15134574.gif
「カモン・バニラゴリラ」

たいしたバスケ知識もない素人NBAファンの私がJ-WAVEに出させていたただきNBAがあーだこーだと喋ってしまいました。これも何かの縁ということで許して。しかしNYに住んでいるので本人は聞けなかった。ガックリ。

話しは変わってポートランドのCプリジビラがチームメイトに不満を漏らしているらしい。何でも練習もしない奴がいるらしい。そりゃやる気なるなるよね。

実は私プリジビラが大好きなんです。

基本的にブロックとスティールをするプレーヤーがスコアラーや3ポイントシューターよりも感動するんです。プリジビラのブロックはスゴいですよ。

たった$1.5ミリオンで働いているプリジビラさん。今シーズンでブレーザーズとの契約も終わり、是非ニックスに来て欲しい。ジェロームいらないから。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-30 14:11 | ●イラスト入りストーリー
既に密かに復活していたブーザー
c0032016_1444216.gif
「アリーザだったのにアマレなブーザー」

ユタジャズのカルロス・ブーザー。オールスター明けまで故障で棒に振った。現在平均16.4ポイント、8リバウンド、FG56.6%だがポテンシャルはまだ高い。ブーザーは現在$11.6ミリオンの契約をしているが、実はキャブス時代はトレーヴァーアリーザと同じドラフト2巡目ピックの格安プレーヤーだったのだ。彼はまさにアメリカンドリーム。さらに故障明けからアマレ並みの大復活を遂げているブーザーは素晴らしいプレーヤーだ。

今シーズン遂に才能が爆発したオカー、ロシアの最終兵器AK-47キリレンコ、ルーキー・デロン、そしてブーザー、ユタは実はとても面白いチームなのである。

毎年のように怪我をするキリレンコがシーズン通してプレーさえできれば、そしてロールプレーヤーで形成されたユタにもう一人ガードが加わればユタはかなりヤバくなるに違いない。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-26 14:37 | ●イラスト入りストーリー
おかえりアリーザ
c0032016_13265379.gif
「やっぱアリーザはお買い得」

元ニックスのエンターテイナー、ドラフト2巡目46位ピック$0.64ミリオンという激安サラリーでプレーしているトレーヴァー・アリーザ。

マジックに入り最近出番が増えて来た。20分前後で10ポイント、8リバウンド。十分でしょう。しかも一度はファンを湧かすプレーをするのだから申し分なし。

ニックスファンはいつまでも君を暖かく迎えてくれるでしょう。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-25 13:36 | ●イラスト入りストーリー
アマレ復活
c0032016_1015073.gif
「アマレ復活も私の家のテレビは復活せず」

遂にアマレが復活した。19分で20ポイント、9リバウンド、2ブロック。恐ろしい男が帰って来た。もう誰もサンズを止められない。これから何連勝するやら。

実は私のアパートは水曜日からテレビが映らない。インターネットも出来ない状態である。NYはアンテナでは電波はキャッチできない。ケーブルテレビに頼っている。そのケーブル回線が断絶してしまっている、どこかで。さらに私のインターネット回線はそのケーブルを使用しているためにインターネットも使えない。スタジオで隠れてこそってネットしているのだ。

アマレ復活見たかった。私のテレビも早く復活してほしい。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-25 01:30 | ●イラスト入りストーリー
さらばフライ
c0032016_14381413.gif
Oh! Noooo!

フライが〜、チェイニング・フライが〜怪我してしまった〜!

調子に乗りすぎたネイトがゴールに突っ込むトロントのアンドレ・バレットを後ろからプッシュ、ゴール下で待ち構えていたフライの左足にパレットが倒れ込んでしまった。フライの左膝は見事に反対に曲がりそのままフライは起き上がれなくなってしまった。

後ろから相手を押してどーするつもりだったのかチームメイトの不必要なファールによって時期フランチャイズプレーヤーのフライが膝を故障してしまった。いつかは傷める膝だがこんな形で故障してしまうとは悔やみきれないであろう。何ともない事を本当に祈っています。

ゲームはもちろんフライの抜け代わりに入ったスターブリーがディフェンスをすることもなく、さらに「無理なペネトレイト」と「十八番の行き詰まりパス」でジ・エンド。

先シーズン、ペーサーズのジェメインオニールも同じ様にリバウンド着地失敗で膝が反対に曲がったが、「オニールの膝って柔らかいのね!」で元気にプレーしていたので大丈夫かもしれない。

スロー再生を見るとフライもとっさの判断で膝を曲げながらも避けてるようにも見えたので、もしかして軽い怪我で済むかもしれない。いやフライは頭良いので大丈夫だ。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-22 14:56 | ●イラスト入りストーリー
ヘイ、ラリー、ディフェンス
c0032016_13403820.gif
「戦っているモノが違うチーム・マイアミ」

当然のように完膚なきまでに叩きのめされたニックス。

$16.4ミリオン・スターブリー、$15.7ミリオン・ローズ、$14.7ミリオン・フランシスはたった$3ミリオンのウェードに軽くあしらわれ、わずか$1ミリオンのアランゾ・モーニングに8回もシュートを叩き落とされた。

ニックスのプレーヤーはファンとメディアの批判を少しでも避けるために戦い、マイアミのプレーヤーはチャンピョンになるために戦っている。マイアミのプレーヤーはニックスのプレーヤーなど見て戦ってはいない。

戦う姿勢が既に違うヒートとニックス。ニックスはいつから誇りの欠片もないチームになってしまったのだろうか。ラリー先生には残されたゲームを未来のために有効に使ってほしいと願っている。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-20 13:57 | ●イラスト入りストーリー
ピストンズと私の誤算
c0032016_18585814.gif
「0.1%の奇跡」

99.9%ピストンズの勝利と誰もが予想したニックス対ピストンズ戦。

実は私はそのゲームが行われている頃、お隣ニュージャージー州にてネッツ対レーカーズ戦を観戦していました。
コービーが最後の3pを外してネッツが執念のディフェンスで勝利し「あ〜やっぱりネッツはいいゲームするな〜。」と感心していたころ今シーズン始まって以来のとんでもない奇跡がザ・ガーデンで起こっているとはまさに99.9%ありえないと思っていました。

心地よい気分で家に帰ってESPNで他のゲーム結果をチェック。私は目を疑いました。ニックス勝ってる?ウソ?

ニックスの勝利を信じなかった自分を責めつつも、夜中の1時半から始まる再放送をかぶりつき見た。しかし気がついたらゲームは残り2分。げっ寝てしまった。

結局ミラクルを起こしたニックスのゲームをそれほど感動なく見逃してしまった、情けないニックスファンであった。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-19 19:15 | ●イラスト入りストーリー
ハングリー・スモールマン
c0032016_21544449.gif
「ネイト・スパーク!」

PGネイト、SGクロフォード、SFウッズ、PFリー、Cバトラー。
この5人で第4クオーター&ダブルオーバータイムを制し121対117でNYが久々に勝利した。

オーバータイムではウッズの豪快なダンクから始まり、クロフォードのサイドラインからのダンク、そしてリーのダブルクラッチダンクでファンは総立ち、そして5-7のネイトが2M級ディフェンダー2人をかわしてシュート。
ホークスもニックスのフランチャイズプレーヤーとは違い苦しいところで決めてくるJJの活躍で食い下がったがクロフォードとネイトの客席までボールを追い続ける気迫とクロフォード、リーの神がかり的ディフェンスで要所をしめた。

この5人は全てベンチプレーヤー、ニックスはベンチプレーヤーだけで121点中77点を叩きだした。裏を返せばスターターは用無しだった。スターターはハーフタイムまで。相変わらず泥沼の第3クオーターで自称ナンバー1PG達はベンチでタオルを頭からかぶるいつもの風景である。

ネイトがPGに入るとチームは蘇る。スピードも段違いにアップする。チームにグッドリズムをもたらすネイトロビンソンは明らかに独りよがりな「3」とは違う。

若いベンチの力で勝ちをもぎ取ったニックス。対象的にスターターは完全に「お荷物」の烙印を押されてしまった。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-16 14:50 | ●イラスト入りストーリー
強いキングス
c0032016_12592292.gif
「やっときたキングス」

グッドな補強をしたかに見えたが、何故だかスタートダッシュに失敗し泥沼に入ってしまったサクラメント・キングス。NBAの話題にもあまり出なくなった静かなチームが悪童ロンロンを獲得してから、やっぱり強くなった。オマケに若手も活躍しだし、元々弱くはなかったというより強かったチームなので現在かなり強い。まだプレーオフ圏内には入ってないが、時間の問題だろう、たぶん。しかし今シーズンはやたら勝ちまくるチームが多いので、勝っても勝っても追いつくの大変かも。

ここらで最近めっきりおとなしくなって模範的センターになったブラッドミラーさんにオラオラとやって欲しいところである。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-07 12:55 | ●イラスト入りストーリー
デビルマンのようなベンゴードン
c0032016_10353943.gif
「NYを叩きのめす新しい男」

コネチカットから相棒オカフォーと共にNBA入りしたベンゴードン。昨シーズンはシックスマン賞、今シーズンはすでにスターターとしてブルズの貴重なスコアラーとして活躍している。

ブルズは負けていても決してあきらめない。それはゴードンが奇跡を起こすかもしれないと思っているからだ。さらにニックスファンもニックスが勝っていても後半から徐々に調子を上げ出すゴードンに恐怖を感じているのだ。そしてこの間もゴードンの3ポイントによって見事なまでにニックスは逆転負けをした。その前もゴードンにクラッチを決められた。

ゴードンがシカゴの新しいジョーダンになれるかどーかは分からないが現時点ではシカゴの救世主であることは間違いない。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-03-06 10:58 | ●イラスト入りストーリー