人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2005年 08月 ( 28 )   > この月の画像一覧
気になるブレーザーズ[ストーリー]
c0032016_1482689.gif「何故か気になるブレーザーズ」

このブログの名前「NBA hoops & Fantasy Game」にあるようにNBAを純粋に楽しむ傍ら、ファンタジーゲームも楽しんでいる。ファンタジーゲームとは「NBA全プレーヤーを実際のドラフト同様に順番に獲得し自分だけのチームを作る。そして実際のゲームの個人成績により勝敗を競うゲーム」である。リーグが始まると私はゲームの中で起こるドラマよりもプレーヤーの数字を追う事になる。一見ゲームの醍醐味を忘れた数字バカに思えるが、ファンタジーをしているとゲームに関係のないところで、無名のプレーヤーの隠れた才能に気がつく事がある。

私のブログのコメントの中にたびたびブレーザーズのプレーヤーを持ち上げてる文章が多いのは、ポートランドのゲームの勝敗に関係なくプレーヤーの成績がたいへん良いという事である。レーカーズやウルブスが負けてもコービーとガーネットの個人成績は凄いのと同じだ。それほど、フレーザーズのプレーヤーは才能に溢れているのである。

昨シーズンもっとも驚いたプレーヤーは言わずと知れたリーグ1のスティールの名手ラリー・ヒューズだが、私の中ではブレーザーズの新センター、ジョエル・プリジビラだった。プリジビラの底なしのポテンシャルに魅了されてしまったのだ。

2004年までバックス、ホークスと渡り歩き、10分台の出場時間でお粗末な数字しか残していないプリジビラはブレーザーズに移籍してもほとんど出場機会はなかった。が彼はランドルフ、ラヒームの故障の後、デーモンスタッドマイアー、ヴァンエクセル同様現れた。ベンチを温めるだけのプレーヤーで最初は数字を残せても1週間もすれば、過酷なフロントコートのプレーにすぐに使えなくなると私は思った。が彼はシーズン最後までクレージーなまでに活躍した。6.4ポイント、7.7リバウンド、2.1ブロックと平均するとブロックのいいセンターだなで終わるが、実際はリバウンド15以上、ブロック5以上を記録するプレーしか記憶にないぐらいの活躍だった。

2003年才能を開花させ最も改善されたプレーヤー、PFザック・ランドルフ。フィールドゴール53.1%を誇り、名スティーラーでもあるが、フリースローが入らないルーベン・パターソン。マーブリーの従兄弟2004年ルーキーPGセバスチャン・テルファー。ルーキーSGウェブスター。ウィザーズから移籍したSGジュアン・ディクソン。平均2.5のブロックマスター、Cセオ・ラトリフ。そして昨シーズン才能を開花させたCプリジビラと個性派揃いだ。

そしてシアトルから来たネート・マクミラン監督によって、デーモン・スタッドマイアー、ニック・ヴァン・エクセル、デレク・アンダーソン、アブドゥル・ラヒームと殆どのスターターがいなくなったが、来シーズンのブレーザーズは個人成績だけではなくチームとしても良い意味でシェイプアップされたダークホースだと個人的に思うのである。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-31 13:37 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_12452428.gif「ニック・ヴァン・エクセル(ブレーザーズ)スパーズに移籍」

ブレーザーズからFAになっていた98年オールスター33歳3ポイントシューター、ニック・ヴァン・エクセルがスパーズに移籍した。

昨シーズン、エクセルは11.1ポイント、4.3アシスト、1.9/3ポイントが、エクセルのポテンシャルはかなり高い。昨シーズン、ザックランドルフ、アブドゥル・ラヒーム不在の間デーモン・スタッドマイアーと共にチームを牽引した。PGとしても使えるエクセルはお買い得な補強である。

それにしてもブレーザーズは才能豊かなプレーヤーが豊富だ。しかし勝てない。さらに流出でいつも大崩壊している。

[コメント]オーリー、バリー、エクセルと3ポイントシューターを次々に獲得しているスパーズ。さっさとバックアッププレーヤーを補強している辺りが余裕のスパーズである。

c0032016_13363616.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-30 12:57 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_9331819.gif「デール・デーヴィス(ペーサーズ)ピストンズに移籍」

1991年ドラフト1順目13位でペーサーズ入りした現在36歳、ベテランセンター、デール・デーヴィスがペーサーズからピストンズに移籍した。昨シーズン4.7ポイント、6.1リバウンド、1.1ブロック。

リーグ最強ディフェンスを誇るピストンズのフロントコートだが、弱点はベン&ラシードのファールトラブルによるディフェンスの崩壊。彼らに代わるバックアップセンターがピストンズにいれば、昨シーズンファイナルの結果も変わっていたと言っても過言ではない。

デーヴィスの加入により、フロントコートのローテーションが可能になりウォーレス兄弟の負担が軽減されファールトラブルが減るのは間違いない、ピストンズ時代を継続させるにはかなり重要な補強である。

[コメント]デーヴィスは安定したいいセンターである。リバウンドもブロックも申し分ない。弱点はセンターによくあるフリースローだが、どこのチームも同じ悩みを抱えている。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-29 06:48 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_14522397.gif「隠れJJ、ジェームス・ジョーンズ(ペーサーズ)、サンズ移籍」

2003年ドラフト2巡目20位指名、現在24歳のジェームス・ジョーンズがドラフト2巡目指名権と交換にサンズに移籍した。契約は4年$11.2ミリオン。

ジョーンズは昨シーズン、17.7分、4.9ポイント、2.3リバウンド、3ポイント39.8%しか残していないが、アーテスト、ジャクソン、オニールの試合出場停止の間に実は活躍しているのである。最高27ポイント、1ゲーム6本の3ポイントを沈めている。

個人的にはジョーンズのポテンシャルはかなり高いと思う。JJに引っ掛けてジョーンズを取ったわけではないが、3ポイントシューターとして開花する可能性があると思う。

[コメント]若いし、走れる3ポイントシューターとして活躍するのではないだろうか。サンズ向きのプレーヤーなので我慢してスターターとして使えばいい結果を残すだろう。

c0032016_13363616.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-27 15:04 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_13403459.gif「スタン・ヴァン・ガンディ監督は未だ監督候補」

余程のプレッシャーがかかっているのか、優勝するためにパット・ライリーが掻き集めたプレーヤー達を指揮する監督ヴァン・ガンディはプレジデント、パット・ライリーに未だにテストされている。トレードの人選も蚊帳の外だったガンディは別に希望したわけでもない人材にもかかわらず使い切れなかったらクビになるのは、ちょっと可愛そうだ。

スプリーとカセールを取りシーズン1位でプレーオフに出たが、結局カンファレンスファイナルで破れたウルブズ。はたまたマローンとペイトンを追加し万全の体勢で挑んだもののピストンズに負けたレーカーズのように、戦力を追加しただけでは勝てないのは、今や常識でありサルでもわかっている。頭の良いスタンならJウィリアムスとAウォーカーを入れただけで勝てるとは思ってないだろう。

兄スタンも弟ジェフと同じように、シーズン途中で辞任する可能性が大だ。

そうなるとパットライリーが「しかたなく監督に返り咲く」という美味しいシナリオもある。そーなると来シーズンは最悪の結果になってもスタンのせいに出来るし、悪くない。と思っているのではないかと、パットに好意を持ってない私はつい考えてしまうのである。

[コメント]監督の交代は期限無しだが、シーズンが始まる前からこれでは、監督もプレーヤーも嫌気がさすだろうに。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-25 14:02 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_14172789.gif「レジー・ミラーTNTの解説者となる」

昨シーズンで引退したインディアナ・ペーサーズのフランチャイズプレーヤー、レジー・ミラーがメジャーチャンネルTNTの解説者になることになった。

解説者といえば、もちろんチャンピョンリングを持っている事が不可欠。そうじゃないと説得力はない。しかし超個性派キャラにはリングなど無用。チャーリーバークリーと来シーズン大暴れしそうなレジーは楽しみである。

レジーの口に勝てる奴はいるのか!ちゃんと放送できるのか!

ともあれ、スーツを着たレジーがスタジオに設置されたバークリーのイラスト入り電飾フープに3ポイントを叩き込むのは間違いない。


[コメント]レジーは監督にはならないのかな?とりあえず芸能人になってから、ペーサーズのアシスタントから修行するのかな?どちらにしてもペーサーズファンが黙ってないので、必ず監督にはなるであろう。

c0032016_13363616.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-24 13:08 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_12401141.gif
「デレク・アンダーソン、ロケッツ移籍決定」

ブレーザーズからAヒューストンルールによりウェバーにかけられたPGデレク・アンダーソンがたった1年$1.67ミリオンでロケッツに移籍した。
アンダーソンは昨シーズン9.2ポイント、3アシスト。ブレーザーズでは活躍できなかったが、ロケッツのジェフ・ヴァン・ガンディの好きなタイプのPGだ。ジェフによって適材適所で活躍の場が与えられるに違いない。タイプ的にはチャーリー・ワードに似た天才肌だ。

来シーズン、ヒューストンはボブ・スーラ、マイク・ジェームス、チャーリー・ワードのPGにデレク・アンダーソンが加わりPGの補強は修了だろう。

[コメント]しかしヴァン・ガンディのロケッツってニックスのようだ。パトリック・ユーイング、チャーリー・ワード、ウェザースプーン(解雇されたが)とヴァン・ガンディって結構兄貴肌なのね。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-23 12:18 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_6523687.gif「ブレヴィン・ナイト(ボブキャッツ)残留決定」

ボブキャッツのベテランPGブレヴィン・ナイトの残留が決定した。ボブキャッツのオフシーズン最優先だったナイトの残留が決まり、これでオカフォーがしっかりとアップデートされていれば昨シーズン以上の勝数は確保したようなものだ。ボブキャッツはサラリーキャップが少ない分やりくりが大変だ。

ナイトは昨シーズン10.1ポイント、9アシスト、2.6リバウンド、1.98スティール、2.33ターンオーバー。アシストはナッシュに続きリーグ2位。圧巻は昨シーズンに1ゲーム20アシストを記録している。さらにナイトのターンオーバーは非常に少ない。ミスの少ないPGであるとも言える。

ちなみにフランチャイズプレーヤー気取りのプチスター、スティーブ・フランシスなどターンオーバーが平均4.06もある。それではいくら点を取っても勝てない。というのを本人もわかっていないのだからどーしようもないPGである。

[コメント]個人的にナイトは好きだ。平均9アシストは才能だ。CやPFばかり補強している今シーズンだが、PGの重要性はどこへいったのやら。ディカウなんてナイトの足下にも及ばない。アシストが5ないプレーヤーなど目に血入れて交渉する必要もない。NBAのドラフト選ばれるぐらいのPGなら2〜3年で彼ぐらいには勝手になる。何故人気があるのかさえ理解不能だ。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-22 05:14 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_3184375.gif「アランゾ・モーニングもう一年ヒートでプレー」

アランゾ・モーニング35歳。2回の腎臓移植を乗り越えカンバックしたが、全盛期の面影は無く引退もささやかれた。そして昨シーズン途中、古巣マイアミに帰って来た。ゾーと言えばマイアミの顔、シャック、ウェードといえど、ゾーの人気には叶わない。
そしてゾーは来シーズンに選手生命の全てを賭けてチャンピョンになるためにプレーすることを選んだ。

ゾーに数字の話など愚問だ。ニックスの天敵、マイアミの闘将アランゾ・モーニングの最後のプレーを見届けましょう。

[コメント]最後はマイアミで骨を埋める事を選んだモーニングは元祖フランチャイズプレーヤーとして立派である。でもマイアミは応援できないのであった。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-20 13:31 | ●イラスト入りストーリー
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
c0032016_13131014.gif「ジョー・ジョンソン遂にホークス移籍」

アトランタ・ホークスの内部分裂に巻き込まれ移籍が保留になっていた。Jジョンソン(サンズ)が遂にホークスに移籍した。

ジョンソン移籍に反対した問題のオーナーの一人スティーブ・ベルキンはNBA理事を更迭され、持ち株の全てをホークスに売却した。これによってベルキンの権利はなくなり反対勢力は排除されジョンソンの移籍が遂行された。

ジョンソンは5年$70ミリオン+ボリス・ディアウ→サンズ移籍+2つのドラフト1巡目指名権+$4.9ミリオン・トレード・エグゼンプションで合意。ホークスはムトンボ以来の大出費をした。

ホークスGMビリー・ナイトはジョンソンをホークスのフランチャイズプレーヤーとして向かい入れ、ジョシュ・チルドレス、ジョシュ・スミス、アル・ハリントン、マーヴィン・ウィリアムス、サリム・スタッドマイアー、ザザ・パチュリア達らのロースターをリーグ1と自負している。

[コメント]とりあえず、Jジョンソン騒動は幕を閉じた。がジョンソンが本当にフランチャイズプレーヤーかどうかは、まだわからない。

c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-08-20 05:05 | ●イラスト入りストーリー