人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
<   2005年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧
NBA新サラリーキャップ決定[ニュースブレーカーズ]
「NBA新サラリーキャップ$49.5ミリオン」

来シーズンのCBA(Collective Bargaining Agreement)が遂に決定した。
●サラリーキャップ$49.5ミリオン(昨シーズンから$5.63ミリオン上がった。)
●ラグジュアリータックス(贅沢税)はサラリー合計が$61.7ミリオンを超すと支払い義務が生じる。
●ミッドレベル例外条項はチームがサラリーキャップを超えていても$5ミリオンから交渉可能。
●アランヒューストン・ルール:チームは1度だけ1プレーヤーを放棄すれば、贅沢税を免除される。(例)マイケル.フィンレイにアランヒューストン・ルールに当てはめるとマブスは$51ミリオンの贅沢税を免除される事になる。しかしマブスはフィンレイに2007-2008シーズンまでの契約通りサラリーを全額支払わなければならない。
●ドラフトにかけられるプレーヤーの最小年齢はアメリカ人の場合は高校卒業から1年、インターナショナルプレーヤーはドラフトが行われる年に19歳になる事。
●最低サラリーキャップは$37.125ミリオン
●プレーヤーは最低57%のサラリーを受け取る事が出来る。
●最長契約年数は6年(昨シーズンは7年)、FAから移籍するプレーヤーは最長5年(昨シーズンは6年)に短縮された。
●サラリーは最高年10.5%まで上げることが出来る(昨シーズンは12.5%)
●チームはルーキープレーヤーをNBA Development Leagueに最初の2年プレーさせてもよい。
●ベテランプレーヤーは4回ランダムにドラッグテストを行う。
●12ゲーム以上出場停止にされたプレーヤーはアピールする事ができる。
●球団創立2年目のボブキャッツのみサラリーキャプは来シーズン$37.125ミリオン、最低サラリーキャップは$27.84ミリオンとする。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-30 22:14 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(0)
ESPNイチロー特集[ニュースブレーカーズ]
「ESPNが16ページに及ぶイチロー特集、NBAよりも感動した」

マイノリティーとしてアメリカに住む私日本人としては喜びを通り越しイチローの偉大さにただただ感動してしまった。昨シーズン、記録を塗り替えたイチローにもメディアはシングルヒットを軽視し大した反応もしなかったが、やはり彼の偉大さをESPNはわかっていた。イチローの哲学を語るところ、さらにチチローまで登場する、そんな事まで考えて記事を書いたアメリカ人がいたことに逆に驚いた。さてこの特集の内容にどれだけのアメリカ人が理解するかは別にしてライター、ジム・キャップルの名前を私は忘れない。NBAの事しか書かない私のブログだが今日だけは、よしとしよう。

[コメント]アメリカにとって星条旗はなによりも特別だ。移民で成り立つアメリカでは宗教、習慣、常識全てが違う。唯一、星条旗の元にのみ一致団結する国なのだ。その星条旗がイチローのバックにある。この意味はとてつもなく大きいと私は思う。普通なら日本の国旗にイチローだろう。イチローがアメリカでどれほど認められているかという事の証だ。ヤオミンだってまだ中国の国旗と一緒なのだから。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-30 11:26 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「マクギニス(キャブス)ネッツに移籍」

キャブスのベテランPGマクギニスが1年$3.5ミリオンでネッツに移籍した。12.8ポイント、5.1アシスト、ジェーソン・キッドのバックアップPGとしてはいい選択をネッツはした、今年のネッツの人事は的を得ている。

キャブスはマルコ・ヤリック(クリッパーズ)にオファーを出しているが、ウルブス、ナゲッツも交渉中である。ヤリックがキャブスに来ないとなるとスノウだけになってしまう。しかしキャブスは怪物Lジェームスが27.2ポイント、7.4リバウンド、7.2アシスト。ヒューズも4.7アシスト。さて今のFAプレーヤーの中でLジェームス以上にアシストするPGはいるのでしょうか。

[コメント]キャブスがプレーオフにいけなかったのは監督も含め経験の問題だけだった。マクギニスはいい働きをキャブスでしていただけに、あまりチームをいじり過ぎるとシーズン序盤で苦労する事になるかも。


「ヒートがウォーカー(セルティックス)に興味」

シーズン途中、ホークスから古巣ボストンに返り咲きプレーオフ進出に大きく貢献した、来オフのFA目玉のひとつアントン・ウォーカーにマイアミ・ヒートが興味を示している。

19.1ポイント、9リバウンド、3ポイント・リーグ34位だが、欲しい時にきっちりと決めてくるケンタッキーのおしゃべりウォーカー。

ヒートはPGウェード、SGジョーンズ、SFウォーカー、PFハスレム、Cオニールの豪華キャストにしたいらしい。がネックはウォーカーのサラリー。オニール一人でサラリーキャップの大半を使っているのでマイアミに残されているのは$5.1ミリオン。ウォーカーは現在年$14.6ミリオンなので全くお話にならない。でもお金持ちヒートならありえるかも。いや、絶対にないと思いたい。

[コメント]パットライリーは監督になれないもんだから、またもや「スター依存症」が再発してしまったか。全員の平均ポイントを足せば勝てるなんて発想をまだしているヒートが恐い。普通に考えればジョーンズと完全にダブってるし、ありえないでしょ。ウォーカーの方がEジョーンズよりもだんぜんいいけど。どちらにしても3ポイントよりもリバウンドが強化できるのは確か、もしもウォーカーが行けばマイアミはさらに強くなる。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-29 12:01 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「NYニックス、ラリー・ブラウン監督誕生」

ラリー・ブラウンが遂にニックスの監督になった5年契約、金に糸目をつけないニックスらしいギャラです。ついでにアイザイア・トーマスの首もつながったという感じ。

ESPNの投票ではニックスが2005-2006シーズンにプレーオフ進出できると予想している人が55%。マーブリーがピストンズのチャウンシー・ビルアップスみたいになると予想する人が33%もいました。

さて現実的にイースタンカンファレンスのプレーオフ進出8チーム予想をすると、昨シーズンの実績から、1)ピストンズ、2)ヒート、3)ペーサーズは確実に決まりでしょう。昨シーズン8位からラヒームを獲得してパワーアップした4)ネッツ、ヒューズを放出したもののバトラーとダニエルズを入れた5)ウィザーズ、チャンドラーとカリーが残れば6)ブルズ。戦力をキープした7)セルティックス、8)シクサーズ、プレーオフは逃したが大幅に戦力補強した9)キャブス、10)バックス。

ブラウン監督によってプラス10勝したとして43勝だとギリ8位でプレーオフというシナリオらしいが、このメンツの中にニックスが割って入る事ができるのか?

マーブリーはビルアップスほど頭はよくない。身体能力だけでプレーしている単細胞だ。彼にPGとしていくつものオフェンスパターンを教えるのは至難の業だ。ましてや1回の攻撃に2〜3のパスオプションを加えることなど不可能である。もう一ついうとマーブリーはアイバーソンほどスーパーなオフェンスの才能もない。と書くとマーブリーが嫌いかというとそうではない。ニックスはマーブリーのチームにする必要性がないと言いたいのである。

ブラウン監督がマーブリーをおとなしくさせると、クロフォード、Qリッチ、はたまたトーマスの才能が開花する可能性もあるし、抜群の才能はあるものの怠け者のペニーハーダウェイだって努力するかもわからない。ヒューストンだってもう一花咲かせる事も可能だ。

ただ「マーブリー君ニックスは君のチームではもうないんだよ。」と言ったらどーなるかが問題だ。「俺はニックスのフランチャイズプレーヤーとしてサンズから呼ばれたんだぞ!」となると「マーブリー君さようならー。」になるだろう。

[コメント]ニックスファンの私としては心苦しいが、マーブリーはオールスター級のプレーヤーだが、どこのチームにいっても結局お荷物になっているという事を自覚しないといけない。ネッツでもサンズでもそーだったように。それに来シーズンも気がつかないようではマーブリーは救いようがない。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-28 22:29 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「Jジョンソン(サンズ)ホークスに移籍」

サンズのSGジョー・ジョンソンが5年$70ミリオンという超高額契約でアトランタ・ホークスに移籍することが、ほぼ決定した。
今シーズン17.1ポイント。5.1リバウンド、3.5アシスト、3ポイントはリーグ8位。

ホークスはSGジョンソンを強引にPGにする予定で、PGジョンソン、SGチルドレス、SF2005ダンクチャンプ・スミス、PFハリントン、Cエケジエになる。SFにはルーキー19歳、マービン・ウィリアムスもいる。センター以外は若くてオモシロいプレーヤーが揃っている。勝敗は別にして最も楽しませてくれるチームのひとつだ。

サンズはPGナッシュ、SGジョンソン、SFマリオン、PFスタッドマイアー、Cトーマスの予定であったが、修正を余儀なくされた。しかしサンズにはジム・ジャクソンがいる。個人的にはジャクソンのほうがQリッチ、JJよりも好きだ。プレーオフでもディアントーニ監督が地に足がつかず調子の悪かったQリッチを使い続けるよりも、ジャクソンをもっと使えば勝てたと思うほどだ。彼はプレーオフでもとても落ち着いてプレーしていた。3ポイントシューターを2人失ったサンズは戦力的に痛いが、5人のスターターでシーズンを戦わず、もっとベンチプレーヤーを使って効率よくゲームをすれば良いと思うのだが、ディアントーニにそこまでの知恵があるかどうか。

[コメント]正直、JJはそこまで価値があるのかが疑問だ。キッドがいたから注目されたケニヨン・マーティンのように、ナッシュのアシストのないジョンソンがさらに活躍できるかというと、そうでもないような気がする。だったら野獣&ディフェンスの鬼・スプリーを1年$4ミリオンぐらいで雇ったほうがオモシロい。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-27 23:48 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「欧州No.1PGサルナス・ヤシケビシャス、ペーサーズと契約」

ペーサーズのプレジデント、名将ラリー・バードが惚れ込んだリトアニアの英雄ヤシケビシャスが他チームからの高額提示を蹴り3年$12ミリオンでペーサーズに来ることになった。一番優勝に近いチームというのが理由だそうだ。
ヤシケビシャスは欧州リーグチャンピョンに2度輝き、リトアニアのオリンピック代表として活躍したプレーヤー。
レジーのいなくなった来シーズンのペーサーズは、PGティンズリー、SGジャクソン、SFアーテスト、PFオニール、Cフォスター。さらにPGジョンソン、SGジョーンズ、SFブレンダー、Cポラートに加えルーキーF、ダニー・グレンジャーとGヤシケビシャスとなる。

[コメント]ヤシケビシャスの事はほとんど何も知りませんのでコメントはできませんが、ラリーバードが熱望したのですから、かなりのプレーヤーでしょう。さらにニック・カーライル監督によってチームはさらに強くなっているはず。来シーズンのペーサーズもかなり強い。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-27 02:38 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(4)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「アラン・ヒューストン・ルール発令されるかも」

1)各チーム1度だけ1人の高額契約プレーヤーをウェバーにかける事が出来る。
2)チームはウェバーにかけられたプレーヤーの贅沢税の支払いを免除される。
3)ウェバーにかけらてもプレーヤーとチームとの契約は継続しチームはプレーヤーのサラリーの支払い義務がある。
4)期限は10月まで。

という内容だが、詳細はわからない。

例えば、アラン・ヒューストンは2年$40ミリオンという高額契約が残っていて他チームとのトレードも高すぎて不可能である。そこでヒューストンをアラン・ヒューストン・ルール・プレーヤーにすると、残り2年分の彼に対する贅沢税をニックスは払う必要がなく、自由契約にすることができる。しかしニックスっは$40ミリオンの支払い義務は継続される。免除されるのはあくまで贅沢税のみである。そして他チームと交渉・契約する事ができる。

これだと、アラン・ヒューストンは他チームでプレーしてサラリーを貰いながら、ニックスからもサラリーを頂くという事になる。
ニックスはアランの贅沢税を支払わなくてもいいだけで、2年間のサラリーキャップに空きを作る事はできない。という事になる。

アラン・ヒューストン・ルールとは、何と不名誉な名前をヒューストンはもらってしまったのか。要は「高額にもかかわらず働かないプレーヤーを自由契約にする条項」である。ラリー・バード・ルールの全く逆パターンだ。

ヒューストン以外にもラフレンツ/2年$33ミリオン(セルティックス)、スノウ/4年$25ミリオン(キャブス)、フィンレイ/3年$52ミリオン(マブス)、クロッシャー/2年$15.2ミリオン(ペーサーズ)、グラント/2年$30ミリオン(レーカーズ)、エディジョーンズ/2年$30ミリオン(ヒート)、ヒューストン/2年$40ミリオン(ニックス)、ヒル/2年$32ミリオン(マジック)、ネステロビッチ/4年$30ミリオン(スパーズ)、ローズ/2年$32ミリオン(ラプターズ)達がヒューストンルール候補である。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-26 12:37 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(8)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「サムエル・ダレンバート、シクサーズ残留」

制限付きFA、フィラデルフィアのセンター、サムエル・ダレンバートが6年契約$60〜80ミリオンで残留が決定した。
今シーズン平均25分未満で8.2ポイント、7.5リバウンド、1.7ブロックは立派な数字だ。
さらにシクサーズはカイル・コーバーとウィリー・グリーンとも6年解約で更新している。ダレンバートよりもコーバーの残留のほうが大きい。リーグ1位の3ポイントシューターで200本以上沈めているプレーヤーで4割以上はコーバーとデーモンジョーンズだけ。
これでシクサーズもオフシーズンはほぼ終了だろう。PGアイバーソン、SGコーバー、SFイグオダーラ、PFウェバー、Cダレンバート。シクサーズは若いチームだけに若手の成長しだいでは大バケする可能性大だ。

[コメント]問題はなんといってもクリス・ウェバーの調子だろう。来シーズンも鬱病のような気の抜けたプレーをするようだとチームの調子は上がらないだろう。


「スプリー未だ移籍先決まらず」

ウィリアーズ時代、監督の首をしめ2年間の出場停止になった野獣スプリーウェルも今年で34歳になった。98年にニックスに移籍しパトリック・ユーイングと共に1999-2000年シーズン、イースタンカンファレンス優勝に大きく貢献した。が、今シーズンは私的問題からプレーに調子がでず、サム・カセールと共にミネソタのプレーオフ進出を逃した戦犯のひとりとなった。スプリーを受け入れるチームは未だになく苦しい状況である。

[コメント]かつてのスーパースターが次々と引退していく中スプリーにはまだまだ頑張って欲しいが、35歳でSGのポジションで働ける場所はあまりない。しかもリングを持ってないとなるとなおさらだ。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-25 23:38 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「クリフォード・ロビンソンおじさんネッツに残留」

私はクリフォード・ロビンソンが好きだ。クリフおじさんは38歳なのですが現役です。今シーズン、ゴールデンステーツからネッツに来ました。ウォリアーズではトロイ・マーフィーが故障で戦線離脱している間、スターターとしてリバウンド&3ポイントで大活躍しました。もちろん老体にむち打ってプレーしているので、故障もするでしょう。しかし、そんなクリフをゲットしたネッツは偉い、その辺のへなちょこ若手芸人プレーヤーよりも価値のあるプレーヤーだ、しかも安い。出場時間が増えれば、もっと活躍できるのに、残念でならない。スターターとして今でも十分通用すると思うのだが。

[コメント]くどいようだが、本当にスターターとして活躍できるだけの実力を今でももち続けている。なぜベンチなのかが、わからない、オーリーのいようにピンポイントでサクっと活躍するタイプではない。30分あれば、10ポイント、4リバウンド、1ブロック、2/3ポイントぐらいはいく。試合数も少なくとも40ゲームは頑張れるはずだ。ボブキャッツ、ホーネッツ辺りだと完全にスターターで活躍できる。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-23 21:35 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(0)
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「アブドゥル・ラヒーム(ブレーザーズ)ネッツに移籍」

他チームがあれこれと画策している間にネッツが一発で決めた。アブドゥル・ラヒーム。マーシャルと並び、来オフシーズンの目玉の一人。今シーズンは故障のため54ゲームしかプレーしていないが、16.8ポイント、7.3リバウンド。数字だけみればそれほどのプレーヤーには見えないが、頭の良いゲームコントロールの出来るキッド好みのプレーヤーと言えよう。ネッツではPFとしてケニヨン・マーティンの穴を埋めるポジションで今シーズンからセンターを任されているルーキー、カースティックのサポートもするであろう。

PGキッド、SGカーター、SFジェファーソン、PFアブドゥル・ラヒーム、Cカースティックでネッツは決まりだ。平均年齢は若干高めだが、蒼々たるメンバーが揃ったネッツは強いぞ。ルーキーCカースティックも1年間厳しいNBAで鍛え上げられ強くなった。ドラフト2巡目以下の新人王と言っても過言ではない。ベンチも悪くない。

[コメント]ネッツの問題はカーターとジェファーソンのコンビネーションだ。2人ともに平均25点前後、リバウンドは若干ジェファーソン、3ポイントは若干カーター。同じようなリーディングスコアラーである。この2人がゲームに同時に出て計50ポイント取ってくれれば大成功だが、そう簡単にはいかない。キッドのアシストも気を使っている。ジェファーソンが故障した後の方がキッドとしてもやり易かったにちがいない。だが、これをローレンス・フランク監督がうまく使いこなせば、ウィザーズを数段レベルアップさせたチームのようになるのは間違いない。フロントコートの成長次第で、隠れカンファレンス優勝候補だ。ヒートだってピストンズだって甘く見ると負けるぐらいの実力はある。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-21 12:28 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(3)