人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ:●ストックウォッチ( 5 )
ライズ&フォール[ストックウォッチ]
●調子を上げそうなプレーヤー

G T. J. Ford, Bucks
オープニングゲーム、シクサーズ戦で14 ポイント、 14 アシスト 、9リバウンドで大復活を果たし、続くネッツ戦でも21ポイント、6アシスト、4リバウンド 。
フォードのポテンシャルは高そうだが問題は継続できるかどうかである。2週間でペースダウンすれば、ただのB級プレーヤー、最後まで続けばナッシュ、キッドにも負けないスーパーPGになる。

G Sam Cassell, Clippers
初戦のシアトル戦、35ポイント、フィールドゴール53.9%、11アシスト、5リバウンド、2スティール、1ブロック、4-7/3ポイント。昨シーズンミネソタで不振に終わってしまった怪物が遂に目を覚ました。高さもスピードもないカセールが活躍できるのは顔に似合わない抜群のバスケセンス。さらにミネソタ時代と違い若いプレーヤーしかいないクリッパーズはカセールの思いのままだ。

G/F Darius Miles, Trail Blazers
32ポイント、11リバウンド、5アシスト、5スティール、3ブロック。6-9フィートの身長と長い腕とスピード。奴はまさに野獣だ。

F Pau Gasol, Grizzlies
メンフィスのフランチャイズプレーヤーとして、さらにアップデートされたゴゾル。
シーズン通して活躍するのは間違いない。デンバーのメロ同様、何かが彼を変えた。

F/C Andrew Bogut, Bucks
初戦9リバウンド、第2戦17リバウンド。ドラフト1位の器じゃないとまで言われたボガットがあっさりと一蹴。そしていきなり、ルーキーオブザイヤー候補だ。

●調子を落としそうなプレーヤー
G Jamal Crawford, Knicks

G/F Kyle Korver, 76ers

F Luol Deng, Bulls

F Peja Stojakovic, Kings

C Samuel Dalembert, 76ers
[PR]
by hoopnba | 2005-11-05 01:05 | ●ストックウォッチ | Comments(0)
ライズorフォール[ストックウォッチ]
●調子を上げそうなプレーヤー

G Ricky Davis, Celtics
G Keith McLeod, Jazz
F Darius Miles, Trail Blazers
F Kwame Brown, Wizards
C Jamal Magloire, Hornets

●調子を落としそうなプレーヤー

G Andre Miller, Nuggets
G/F Michael Finley, Mavericks
F Antawn Jamison, Wizards
F/C Raef LaFrentz, Celtics
C Eddy Curry, Bulls
[PR]
by hoopnba | 2005-03-10 08:21 | ●ストックウォッチ | Comments(0)
ライズorフォール[ストックウォッチ]
●調子を上げ活躍しそうなプレーヤー

G Allen Iverson, 76ers
キャリアハイ&今シーズン最高得点記録60ポイントをたたき出したアイバーソン、平均29.8ポイントはもちろんリーグ1位。文句あるか。

G Dan Dickau, Hornets
バロン・デービス欠場によってスターターになったディカウだが、待てど暮らせどデービスが帰ってくる気配はない。安定したプレーを続けるディカウにデービスのトレードの噂が追い風になっている。

F Mike Dunleavy, Warriors
20ポイント、8リバウンド、2.4アシスト、1.8/3ポイント、1スチールは堂々たる数字。

F Bobby Simmons, Clippers
1月の平均、21ポイント、フィールドゴール58%、2スチール、1.2/3ポイント。

C Raef LaFrentz, Celtics
2月に入って、16.6ポイント、8.4リバウンド、フィールドゴール52%、2.4/3ポイントと調子は上向き。

●調子の落ちそうなプレーヤー

G Jamaal Tinsley, Pacers
ずーっとゲームに出ていないティンズレイ。お願いだから故障者リストに入ってくれと思っているファンタジーオーナーも少なくはない。ペーサーズのやり方に疑問。

G Brevin Knight, Bobcats
彼の怪我は思っている以上にプレーに影響を与えている。

G/F Caron Butler, Lakers
コービーの復帰によりシュートチャンスが激減。「コービーネバーランド&コービー王朝復活」コービーのファンしかレーカーズのゲームを見そうにないくらいコービーのオンパレードだ。「コービー、マイケル・ジャクソン化現象」。「お〜あんな無理な体勢からシュートを決めやがったぞ!コービー素敵〜!」「それがどうした、横にパスだしゃ、バトラーが楽勝フリーでジャンプシュートで同じ2点なのに。」

F Peja Stojakovic, Kings
昨シーズン、平均24ポイントが嘘のよう。彼の腰痛は完治していないのだろう。シュートの精度もかなり悪い。

C P.J. Brown, Hornet
故障者リスト入りしたジャマール・バグロイアーの代わりに今まで良く頑張ってくれました。成績が落ちたからといってブラウンの今シーズンの功績は讃えたい。
[PR]
by hoopnba | 2005-02-18 00:29 | ●ストックウォッチ | Comments(0)
ライズorフォール[ストックウォッチ]
●調子を上げ活躍しそうなプレーヤー

G Marko Jaric, Clippers
月曜日のゲームで15ポイント、5リバウンド、7アシスト、6スチール、1ブロック、2/3ポイントの活躍。

G Damon Jones, Heat
ガクッと調子を落としていた、デーモン・ジョーンズが帰ってきた。ラスト2ゲーム、34ポイント、12アシスト、8リバウンド、2スチール、6/3ポイントと調子が上向き。

G/F Jim Jackson, Suns
サンズのコーチ、マイク・デアントーニがジム・ジャクソンに15〜20ポイント/ゲームの期待をしているとインタビューで答えた。彼の出場機会が増えそうである。

F Udonis Haslem, Heat
元マイアミのオドムと同様、に現マイアミのリバウンダーとしてファンタジーオーナーの厚い信頼を得ているハスレムが1月に入ってポイントも上がりだした。13ポイント、9リバウンド、1スチール、フィールドゴール59%。

C Brad Miller, Kings
ウェバーとペジャの故障によってチームを牽引しなければいけないミラー、ラスト5ゲーム、21.2ポイント、12.4リバウンド、3.2アシスト、フィールドゴール65%はセンターとして脅威の数字。

●調子の落ちそうなプレーヤー

G Speedy Claxton, Warriors
G Rafer Alston, Raptors
G/F Mike Finley, Mavericks
F Chris Webber, Kings
F/C Stromile Swift, Grizzlies
[PR]
by hoopnba | 2005-02-04 04:52 | ●ストックウォッチ | Comments(0)
ライズorフォール[ストックウォッチ]
●調子を上げ活躍しそうなプレーヤー

G Antonio Daniels, Sonics
シアトルはアレン、ルイス、ラドマノビッチだけではない。ラスト2ゲーム、16.5ポイント、7アシスト、5.5リバウンド、1.5スチールと欠場しているルイスの穴を見事に埋めている。隠れたグッドプレーヤーである。

G/F Vince Carter, Nets
隠れた逸材ではないが、ジェファーソン欠場後、カーターの仕事が増え、必然的に成績が上がる、プレーヤーの一人。

F Kenny Thomas, 76ers
ケニー・トーマスが帰ってきた。月曜日のゲームで21ポイント、15リバウンドで3試合連続のダブルダブル。パワーフォワードに困っているファンタジーオーナーにはうれしい知らせ。

F Lamar Odom, Lakers
ヴィンス・カーター同様、コービーのいないレーカーズを牽引するプレーヤー。コービーの穴を埋めるバトラーにも注目。

C Kelvin Cato, Magic
怪我でここ2ヶ月満足に出場できなかたケートーだが、7.8ポイント、9.1リバウンド、2.1ブロック、フィールドゴール53.3%。アベレージ9リバウンド、2ブロックのセンターはシャックとダンカン以外にはいない。ケートーは安定感に欠けるが、センターに悩んでいるファンタジーオーナーには必要。

●調子の落ちそうなプレーヤー

G Rick Brunson, Clippers
12月21日〜1月11日までのアベレージは10.3ポイント、7.4アシスト、3.4リバウンド、1スチール、1.4/3ポイントと好調だったが、現在は3.5ポイント1.5アシストと低迷している。

G Allan Houston, Knicks
ジャマール・クロフォードの復帰により出場時間が減りそう。20分前後10〜12ポイントぐらいに下がりそうである。元々、ガッツのない(良く言えば、優等生)プレーぶりに、ファンタジーオーナーも大ブレークは期待できないプレーヤーの一人。

F Rodney Rogers, Hornets

F Matt Harpring, Jazz
アラン・ヒューストンと同じく、キリレンコの復帰により出場時間が減る。

F/C Emeka Okafor, Bobcats
1年目のルーキーとしては大成功を納めているオコフォーだが、最近は疲れが見え始めている。長いNBAのシーズンにはやはり体力的に無理がある。が、オコフォーほど活躍しているベテランセンターもそうはいない。
[PR]
by hoopnba | 2005-01-19 00:26 | ●ストックウォッチ | Comments(0)