人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ:●ホットピック( 11 )
活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Smush Parker, Lakers
今まで2シーズン(キャブス、ピストンズ、サンズ)の平均が6.1ポイント、2.2 アシスト。それが今シーズン17.8ポイント、4リバウンド、3.8アシスト、2/3ポイント、3スティール。ガードでフィールドゴールが54%というのも凄い。フィルのトライアングルが完全にハマった。パーカーのスティールはレーカーズに大きな勝利をもたらす。

G Bonzi Wells, Kings
シーズンが始まって以来不調のキングスの中で唯一調子の良かったボンジーウェルズ。13.4ポイント、8.6リバウンド、1.4スティールで不動のスターターの位置を確保した。今シーズン最初に眠りから覚めたスリーパーだ。

G/F Hedo Turkoglu, Magic
グラントヒルの故障のおかげでチャンスがまわってきたターコグルー。彼の武器は3ポイント。現在絶好調である。

G/F Boris Diaw, Suns
ジョージョンソンのホークス移籍に伴い密かにサンズにやってきたディアウ。8.5ポイント、6.3アシスト、1.8ブロック。6-8フィートの身長でPGができるクイックネスを持ちディフェンスも良い。サンズに行けば誰でも才能を開花させる。いかにナッシュがプレーしやすい環境を作っているのかが分かる。
[PR]
by hoopnba | 2005-11-10 23:53 | ●ホットピック
第23週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Anthony Johnson, Pacers
故障者リストにも入らずに、ずーっとベンチを温め続けるという不可解な行動をとってファンタジーオーナーを失意のどん底に落し入れたジャマール・ティンズリーの代わりにスターターになったジョンソン。14ポイント、8アシスト、4リバウンド、1スティールのグッドスコアーに「ティンズリーって誰だったっけ?そんな奴ペーサーズにいた?」と言いたい。

G Speedy Claxton, Hornets
こちらもバイロンスコットコーチの不可解な戦術によって出場機会のほぼなかった、ゴールデンステーツからトレードになってやって来たクラックストン。遂にディカウの代わりにスターターになって登場。

F/C Nenad Krstic, Nets
オカフォー、ハワード達大物ルーキーの影に隠れて裏街道を走って来たユーゴスラビアからきたルーキー、カースティック。プレーに波があるもののプレーオフ進出の瀬戸際にプレーに気合いが入っている。土曜日にはキャリアハイの28ポイント、11リバウンドを叩きだした。

C Erick Dampier, Mavericks
先週、故障から復帰したダンピアー。ダラスには今ビッグマンが必要不可欠。

C Lorenzen Wright, Grizzlies
エース、ゴゾルが復帰して居場所のなくなったライトだったが、突然スイフトが故障で急遽スターターに返り咲いた。

F Kyle Korver, 76ers
今季ファンタジーオーナーを多いに興奮させた3ポイントシューター、コーバーが大スランプに陥ってしまった。

F Lamar Odom, Lakers
7ゲーム連続欠場したオドム。プレーオフ進出の望みも消え、今更プレーする必要もないし、オドムはプレーオフ進出を逃した戦犯でもない。ゆっくり怪我を直して欲しい。

F Rashard Lewis, Sonics
レギュラーシーズンに出る必要がないのはオドムと同じだが、状況はオドムとは対照的。プレーオフ進出を決め、ゆっくり静養している場合ではないルイス。彼がいないソニックスはお世辞にも強いとは言い難い。

F Luol Deng, Bulls
シーズン最初からスターターとして活躍した数少ないルーキーの一人デング。シーズン終了間際までプレーすれば十分過ぎるほど責任を果たしたといえる。これ以上ルーキーの彼に何をしてほしいの。でも、久々にプレーオフを決めたブルズにデングをゆっくりと休ませる余裕などない。
[PR]
by hoopnba | 2005-04-07 03:23 | ●ホットピック
第20週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Tyronn Lue, Hawks
ラスト5ゲーム、25ポイント、6.2アシスト、1.2/3ポイント。ポイント、アシスト、3ポイントが欲しいファンタジーオーナーに今オススメ。

G Reggie Miller, Pacers
ジャマール・ティンズリーとジャメイン・オニールの故障により、今期限りで引退表明したインディアナのフランチャイズプレーヤー、レジー・ミラーが最後のプレーオフに向けスパートをかけた。90%を超すフリースローは今から1ポイントでも追い上げたいファンタジーオーナーには大穴。さらにレジーの最後のミラータイムを心行くまで楽しみたいバスケファンのために、レジーは裏切らないでしょう。個人的にも応援してます。

G Rick Brunson, Clippers
密かに10アシスト近い数字を叩きだしている、ブロンソン。アシストだけなら、彼が旬。

F/C Brian Skinner, Kings
脅威の2.6ブロッカー、スキナー。ブラッドミラーの骨折により、さらにキングスの貴重な戦力になった。ただし、フリースローはシャック以下になる可能性大。

F/C Dale Davis, Pacers
ジャメイン・オニールの離脱により、スターターになったデーヴィス。彼とフォスター以外ペーサーズにセンターは残されていない。1.6ブロックはなかなかの数字。
[PR]
by hoopnba | 2005-03-16 16:10 | ●ホットピック
第19週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Sebastian Telfair, Blazers
ポートランドのガード、セバスチャン・テルフェアがスターターになって、11.3ポイント、6.3アシスト、1.7スティールの活躍。調子もどんどん上向きになっている。

G Gary Payton, Celtics
ボストンに帰ってきたペイトン。ベテランらしい安定したパフォーマンスは健在。

F Shane Battier, Grizzlies
疲労骨折のスペインのスター、ポール・ゴゾルはまだ帰ってこない。バティエーはラスト2ゲーム、18ポイント、7.6リバウンド、2スティール、1.5/3ポイント。

F Shareef Abdur-Rahim, Blazers
アブドル・ラヒームが怪我から帰ってきた。ポートランドはプレーヤーの出入りが激しくファンタジーオーナーを悩ませるが、能力の高いプレーヤーもたくさんいる面白いチームである。

F Vladimir Radmanovic, Sonics
ラドマノビッチは3ポイントのアベレージが1試合2本という以外はとくに取り柄がないプレーヤーだが、いつも50位以内にランキングされている不思議なプレーヤーだ。全く活躍しないゲームと活躍するゲームの差が激しく、常にファンタジーオーナーを困らせる。
[PR]
by hoopnba | 2005-03-09 02:10 | ●ホットピック
第18週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Delonte West, Celtics
ゲーリー・ペイトンの去ったボストン・セルティックスの代わりに入ったスターター、ウェスト。ラスト2ゲーム、17.3ポイント、4リバウンド、2/3ポイント、2アシスト、1.3スティール、1ブロック。ペイトンは現在トレード先のホークスでプレイしたくないという事でウェバーにかけられている。ペイトンの希望としてはボストンに戻ってきたいようだ。もしペイトンが戻ってくれば、ウェストはベンチスタートとなる。

G Jameer Nelson, Magic
ラスト2ゲーム、平均14ポイント、フィールドゴール50%、合計16リバウンド、13アシスト、2スティール。

G Maurice Williams, Bucks
マイク・ジェームスがヒューストンにトレードされ、マウリス・ウィリアムスにチャンスが来た。3月はブレークすれであろう。

G/F Marquis Daniels, Mavericks
足首の故障から帰ってきたモンスター、ダニエルズ。木曜日のキングス戦では29ポイント、9リバウンド、8アシスト、2スティールの活躍。
[PR]
by hoopnba | 2005-03-02 00:12 | ●ホットピック
第17週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Ben Gordon, Bulls
2月に入って18.4ポイント、3.4リバウンド、1.9アシスト、1.7/3ポイント。リバウンドとアシストが片手以下なのが多少気になるが、3ポイントが上がる可能性は高い。

G J.R. Smith, Hornets
バロン・デービスとリー・ネイロンが欠場している中、元気にコートを走り回る高卒ルーキー、スミスは6ゲーム連続2桁得点中。

G/F Andre Iguodala, 76ers
アイバーソンとコーバーにシュートチャンスを譲ってはいるが、密かに49.1%のフィールドゴール%。7リバウンド、2スチール、3アシストは点こそ取らないが、かなり価値の高いプレーヤーである。

F Reggie Evans, Sonics
怪我で出たり入ったりだが、プレーすると必ずといっていいほど2桁得点に2桁リバウンド。
[PR]
by hoopnba | 2005-02-23 14:37 | ●ホットピック
第16週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Jason Hart, Bobcats
元々パフォーマンスの安定しているハートはブレヴィン・ナイトの故障によりスターターになり2人で出場時間を分けていたのを独り占め。ボブキャッツはナイトとハートの故障による入れ替わりが多い。

G Derek Fisher, Warriors
22ポイント、フィールドゴール56%、3.5アシスト、2.7/3ポイント、1.5スチールで、絶好調。まさに水を得た魚。

G/F Josh Childress, Hawks
ドラフト1巡目6位ルーキーにチャンスが回って来た。19.3ポイント、11.3リバウンドの大活躍は、アル・ハリントンと劣らぬ実力である。

F/C Melvin Ely, Bobcats
センター、オカフォ−の再離脱により、出場試合、さらに延長。14ポイント、10リバウンド、2.4ブロック。プリモズも膝の故障で、ボブキャッツただ一人、元気なセンターとなった。
[PR]
by hoopnba | 2005-02-15 17:53 | ●ホットピック
第15週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Jerry Stackhouse, Mavericks
2月に入って3ゲーム、フィールドゴール57%。シーズン前ランキング78位プレーヤーが調子を上げてきた。

F Mike Dunleavy, Warriors
トロイ・マーフィーを故障で欠く、ウォリアーズだけに、ダンリーヴィーの活躍なしでは勝利はない。

F Rodney Rogers, Hornets
23ポイント、7リバウンド、3アシスト、2/3ポイント、リー・ネイロンの故障で、チャンスが回ってきた。

C Lorenzen Wright, Grizzlies
ガゾルの故障によってライトがビッグマンとしてプレースされた。3試合連続、ダブルダブル、平均15ポイント、11リバウンド、フィールドゴール63%。ガゾルはオールスターが終わるまでゲームには出場しないので、それまではライトはスターターになる。
[PR]
by hoopnba | 2005-02-08 12:16 | ●ホットピック
第14週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Kareem Rush, Bobcats
ドラフト2巡目プレーヤー、怪我で1ヶ月棒に振ったが、ラスト3ゲームで、20.7ポイント、3.7リバウンド、2アシスト、9/3ポイントはグッド。

G Earl Boykins, Nuggets
身長167cmの最小プレーヤーでタブセのライバルだったアール・ボイキンス。名将ジョージ・カールがナゲッツの新監督になってからボイキンスの出場時間は63分/2試合と増え、2ゲームで27ポイント、14アシストと活躍。さらに2ブロックを記録。誰をブロックしたのか、ブロックしたボイキンスが凄いのか、されたプレーヤーが恥ずかしいのか、今後バスケット界のヨーダのチャンスが増えそうである。

F Kyle Korver, 76ers
15.4ポイント、5.4リバウンド、3.6アシスト、1.2スチール、1ブロック。アイバーソンが帰ってきても彼はスターターとして生き残るだろう。

C Joel Przybilla, Trail Blazers
無名、過去5年間の平均2.4ポイント、4.2リバウンド。首になってもおかしくない数字だったプルジビラ。先週、スターターとして初めて出場したキングス戦、いきなり17ポイント、22リバウンド。それから5ゲーム連続2桁得点に平均13リバウンドは脅威。好調がいつまで続くか分らないが、彼は今シーズンも生き残りそうである。
[PR]
by hoopnba | 2005-02-04 04:55 | ●ホットピック
第13週/活躍プレーヤー予想[ホットピック]
G Jason Hart, Bobcats
ブレヴィン・ナイトが怪我で欠場しているため、スターターとなる。ナイトと比べても遜色はない。

G Chucky Atkins, Lakers
コービー・ブライアント欠場以降、アトキンスだけでなく、レーカーズのプレーヤー全てのポイントが上がっている。コービーがいない方が勝率がよい。

G/F Stephen Jackson, Pacers
乱闘事件からの30試合の出場停止が水曜日で終わり、スターターになる可能性がある。当分はチームとの連携がとれないだろうが、いずれレジーミラーの代わりに入るのは間違いないだろう。

C Samuel Dalembert, Sixers
土曜日のマジック戦で26ポイント、14リバウンド、4ブロックと最高のパフォーマンスを見せたダレンバード。フィラデルフィアのディフェンスが悪かっただけに彼の復帰は大きい。

G/F Vince Carter, Nets
遂にカーターが目覚めた。28ポイント、6アシスト、6リバウンドと調子を上げてきた。

F Carlos Boozer, Jazz
キリレンコの復帰により、ポイント、リバウンド、ブロック等減少。

Matt Harpring, Jazz
キリレンコの復帰により、スターターからベンチスタート。出場時間も減少。
[PR]
by hoopnba | 2005-01-25 06:21 | ●ホットピック