人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ:未分類( 19 )
シュベドくんは安すぎる
「シュベドくん」

昨シーズン後半活躍したロシアンPGシュベドくんですが、ニックスの$2.8ミリオンのオファーにシュベドくんのエージェンシーが「適正な金額ではない(安すぎる)」として「シュベドはロシアとスペインからどデカイオファーをもらっている。」ということで、ヨーロッパでいまのところプレーする方向。昨シーズンほぼベンチプレーヤーがスターターだったので注目されたが、今回のドラフトやFA獲得プレーヤーを見ても来シーズンの活躍の場も注目度も低いく、ニックスにさほど期待されてないのが一目瞭然のシュベドくんとしてはモチベーションも上がらないでしょう。エージェンシーとしても「今サラリー上げないでいつ上げる!」ということですよね。正解だと思います。
[PR]
by hoopNBA | 2015-07-15 03:47 | Comments(2)
レブロンは歩いている
「NBAマスターなんでアリなんです。」

もう…かなり広まっているとは思いますが、禅マスターの「レブロンはいつだってトラベリングしている。」発言からの「最近のバスケはどーかと思うよ事件」ですが…

禅マスター様は11コのリングを持ってるレジェンドとして話しているとは思いますが、現在あの弱小ニューヨークニックスのプレジデントだということをお忘れになっているのか…それとも来シーズンはとんでもないチームになると自信満々なのかは定かではないが…

「なんだ禅マスター、そんないちゃもんは、ニックスを優勝させてから言いやがれっ!」とキャブスに言われても仕方のないことで「自分のチームの心配だけしてろっ!」とキャブスファンに言われても仕方ないことで、「レフリーもしくはNBAを批判しろっ!」とレブロンに言われても仕方のないことで…、プレーオフ圏外のチームを1年でカンファレンス優勝させたチームによくそこまで言えたな…と11個のリングの威力と権力は凄まじいんだな…

さらに昨シーズン…トライアングルが機能せずにカーメロ氏に散々アイソレーションさせていたHCを雇ったのはどこのどいつだいっ?ってことも、膝が痛いのにロンドンとオールスターだけは出場させたことも、棚に上げている禅マスター…

大丈夫かフィル社長…来シーズンのニックスは…
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-24 02:38 | Comments(2)
プレーオフはじまりました


「はじめてのローズ」

ニッスクファンにとっては今シーズンほど長いレギュラーシーズンはなかった。という感じなんで…
やっとプレーオフが始まった…という印象ですが…(強豪チームのファンの方々はそーでもないでしょうが…)
それよりもESPNのウェブがリニューアルされていて、とっても扱いにくい。なんかNBA.comよりになってしまった。

とりあえず第1試合が全て終わりましたが…総評というか感想をザックリと…

(4)トロントvsトワシントン(5) |ビッグマンの差が出ちゃいましたね。さらにポーターがいい仕事していましたし、ピアースの存在も恐ろしくデカイ。トロントは…まずいですね…

(1)ゴールデンステーツvsニューオリンズ(8) |ウォリアーズの圧勝かと思われましたが、唯一のミスマッチである怪物デイビスを使ってなんとなく攻略まではいきませんが、オフェンスの形は見えてきていました。ただ…ディフェンスとバックコートに差がありすぎて…

(3)シカゴvsミルウォーキー(6) |ついにローズくんがプレーオフに帰ってきました。というだけで感慨深いところなんですが…、シカゴのバタバタとしたプレーと比べて、バックスのバスケは美しかった。(まあシカゴもすぐに落ち着くでしょーけど)結果個々のプレーヤーの能力がブルズに劣っているので、現時点では勝てないでしょうけど。

(2)ヒューストンvsダラス(7) |ダラスの方が良いチームだと思うのですが、ヒューストンは体力と破壊力が違うというか…。逆にそれしかない…とも言えますが。ロンドがもうすこし大人になってチームメイトを活かせるプレーができればいーんですけどねー。

(2)クリーブランドvsボストン(7) |もう何度も書いてますがスティーブンスHC率いるボストンは、良いチームです。なんですが、個々の能力差がクリーブランドとありすぎます。勝てなくても攻略してほしいですね。

(1)アトランタvsブルックリン(8) |バークリーがめっちゃブルックリン推しで、スミスとシャックがアトランタ推しで、そっちの話の方がゲームよりも面白いんですけど…。まあ…デロンが本気になれば…もうちょっと面白いんですけど…いつの間にか情熱が薄れていってしまった…

(4)メンフィスvsポートランド(5) |オルドリッジだけではベストハーフコートC&PFコンボのメンフィスには太刀打ちできそうにない。

(3)ロサンゼルスvsサンアントニオ(6) |シャックとスミスはスパーズ推しで、またしてもチャーリーだけクリッパーズ推しという…。しかしチャーリーわかる…そろそろスパーズには負けてほしいんでしょー。とりあえず…マットバーンズおもろい。
[PR]
by hoopNBA | 2015-04-21 01:02 | Comments(2)
ブライアンショウHCクビ
「ナゲッツ再建」

今シーズン現在20勝39敗のナゲッツのHCブライアンショウ氏がクビになりました。

なんというか…デンバーは怪我人も多いですしねー…ここ最近まともにロースターが揃ったことないんじゃないでしょーかねー。

とりあえずデンバーファンはよろこんでいるようです。
メロがいなくなってからのデンバーの成績は、メロが入ってからのニックスよりも、まだマシ。らしい。(裏とる気力もなし)

デンバーは2015年2016年とドラフト1巡目指名権たっぷりありますからね大丈夫でしょう。

ダントー二氏が候補になってるとか…なってないとか…
[PR]
by hoopNBA | 2015-03-04 03:41 | Comments(2)
ニックスを売れ
c0032016_159918.png

ファン歴50年の73歳のニックスファンからの抗議メールに、ブチ切れて「ネッツの応援でもしてろ。ニックスはおまえなんかに応援してほしくねーよ。」等々のおぞましいメールを返信したニックスオーナーのドラン氏に対して、[ KNICKS 4 SALE.COM ]というサイトが立ち上がった。いわいる「ニックス売ります。」ということである。
これまでのドラン氏の所業の数々が語られております。

改めてドラン氏のオーナー歴を見てみると、やっぱりアイザイア時代がえげつないですねー。というかドラン氏はただのバカ息子で「アイザイアの金づる」だったというのが正しいのかも(ただの想像ですが)。アイザイアはセクハラで訴えられた時の$13ミリオンをバカ息子に払わせてますからねー。アイザイアの悪党っぷりはハンパないですねー。あんなメールしか出せないオーナーですからねー、そりゃ詐欺に引っかかりますね。

今頃アイザイアから慰めの連絡かかってんじゃないですかねー。
[PR]
by hoopNBA | 2015-02-11 04:33 | Comments(6)
ドラ息子からのメール
「さては、てめーアルコール依存症だな」

1952年からニックスを応援しているという73歳のニックスファンが、ニックスのオーナーのドラン氏に
「あんたが父親からオーナーを引き継いでから、アイザイアトーマスと一緒にめちゃくちゃやったこらこーなったんだ。」みたいなドラン批判のEメールを出した。
それを読んだドラン氏がブチキレて
「ネッツの応援すりゃいーじゃねーか。ニックスはおまえなんかに応援してほしくないんだよ。」
「おまえの家族はたぶん惨めなかんじなんだろうよ。おまえアルコール依存症なんじゃねーか。かなしい人間だな。」
等々の返信をした。

で、現在…大炎上しております。
反応としては
「カスタマー(ニックスファン)にそんなこと言うかね。」とか
「ドラン、おめーがアルコール依存症だろー。」とか
「わたしは高校の教師だが、うちの高校の90%以上の生徒はドランよりも成熟している。」とか
「追放されたスターリンのほうがまだマシじゃねー。」とか
「金持ちはそんな感じだぜ。」とか
「2人ともアホだ。」とか
「今日でニックスファンをやめる。」とか

なんというか…不毛な戦いというか…
作戦としてはアリなんですけど、もうちょっと過激なこと言って、ドランが人種差別的な発言をしていれば、もっと大問題になってたかもしれないのに…実に惜しい。
[PR]
by hoopNBA | 2015-02-10 05:51 | Comments(4)
シャンパート栄転
「仏ごころ」

ご存知のように、キャブスとサンダーとニックス間で三角トレードがありまして

ニックスのJRスミスとシャンパートくんがキャブスに行くことになりました。来シーズン用にキャップスペースを空けるのが目的だと言われてます。

キャブスのウエイターズくんがサンダーに、これで「アービングとオレが最強バックコートだぜ。」論争に終止符を打ちました。

サンダーからはランストーマスくんがニックスに、キャブスのアムンドソンとカークがニックスに
あとニックスは2019年のドラフト2順目指名権

で、ニックスに来た3人
ランストーマス…ブルックリン出身か…ほーデューク大卒か…
アムンドソン…あーなんかプレーオフん時にシカゴベンチでキレたやつか…
カーク…知らんなー…

さて、…どのような待遇なのかはわかりませんが…シャンパートくんは優勝の可能性が限りなく近いキャブスに移籍できて彼のファンとしては良かったんじゃないかと思います。シャンパートくんには是非リングを。JRはシャンパートのバーターだと思いますが、くつひもほどいたりしないで、マジメにやればキャブスに残れる可能性もありますし、棚ぼたでラッキーやん。NBAが企業なら間違いなくシャンパートとJRは「栄転」ってことでしょう。

あと、トレードのどさくさでダレンベアさんがクビになっちゃいました。

禅マスターさんは、さすがにニューヨークに何の思い入れもないようで、サクサクとやりたいよーに断行してる感じですね。トレード先をキャブスにしたってのは、ある意味「仏ごころ」なのかも。

なんか…もう麻痺してて…何の感情も湧いてこない…
[PR]
by hoopNBA | 2015-01-07 02:36 | Comments(13)
ニックス11連敗中
ニックス11連敗中

しばらくニューヨークローリンニックスに逃避していたのですが、本家(どっちが?)ニックスは破竹の11連敗中で、12月はボストンから1勝しただけ。それ以降ずーっと負け続けているわけです。

ワイン風呂の効果のなくなったアマレが離脱し、年下にケンカ売られて早々と個人賞さえ取る気もなくなりベンチにも姿を現さないビジネスマンに、まだ一度もコートで見たこともないイタリアンガイのニックスは昨夜はPGホセ、SGジュニア、SFくつひも、PFエーシー、Cオルドリッジのセカンドユニット発進。でパブロ、ラーキン、ジェイソン、ウエア、アーリーのベンチ。
常連の京唄子&鳳啓介師匠もシラキュース夫婦も離婚してシーズンシートを譲り受けたユダヤ人ネーサンも来ず。(たぶんカウボーイズvsライオンズを観戦してたのでしょう。正解。)

ということで、ニックスいつ勝てそうかというと、1月21日の現在ニックス最大のライバル逆天王山シクサーズ戦か、22日マジック戦。ということは、それまで連敗すると17連敗。

連敗記録はキャブスとシクサーズの26連敗ってのがあるので、まー余裕。と思っていたら、どえらいことになりそうである。というか、もう逆に記録作ったらどーよ。

それでも禅マスターが控えているので、まだファンは耐えている。なんて我慢強いんだニックスファン。
[PR]
by hoopNBA | 2015-01-06 03:21 | Comments(8)
ニックスvsホーネッツ
c0032016_17679.jpg

「メロ20000ポイントクラブ」

シャーロットボブキャッツからシャーロットホーネッツにチーム名を変更したというか…元に戻したというか…現在パトリックユーイング師匠がACをしておりますホーネッツと師匠の本拠地MSGでの第3戦。まあ、寒くなってしまったニューヨーク。ダウンジャケット必要です。結果ニックス96-93ホーネッツでギリ勝ちました。MSGは歓喜の渦でしたが…勝ったけど盛り上がらないわたし。

ザックリと話しますと…第1クオーターの中盤まで機能していたトライアングルの貯金で勝ちました。第1クオーター後半にはもうトライアングルは機能していませんでした。まあ、あれが長く続けられるように日々努力と経験をしていくしかないのですが。

メロはこのゲームで20,000ポイントを達成し、NBA20000ポイントクラブメンバーとなりました。

ニックスのスターターはPGラーキン、SGシャンパート、SFメロ、PFエーシー、Cダレンベア。現在一番バランスが取れている布陣です。特にシャンパートとエーシーがディフェンスの要となっております。この2人がベンチに下がると、途端にディフェンスが機能不全となり、ホーネッツに差し込まれます。エーシーはほんとナイストレードでした。

現在エーシーくんは、ハーデンちょいアレンジしたようなヒゲとファリードのようなハッスルプレーで人気者になりつつあります。すでに去年のナンバー1アイドルのティミーくんをしのいでおります。
[PR]
by hoopNBA | 2014-11-04 01:59 | Comments(6)
ルーキー選手とルーキー監督
「ニックスのルーキーは練習熱心」

ニックスのルーキーSFトラヴィスウエアーくんは、頻繁に朝練をし、通常練習の後も、居残り自主練をしている。チーム練習が休みの日も数人のプレーヤーと練習をしている。(基本的にNBAプレーヤーは昼前から練習し、3時間以上はしない。何人かは早めにきたり、居残りもするが。)

その練習熱心なウエアーくんが「監督とスタッフはいつ来てもいるよ。」と言っている。

ルーキー監督フィッシャーさんも、ルーキープレーヤーと同じように、ずーっと施設にいて、まだアスリートとしてしっかりと練習しているらしい。

「いままで大した怪我をしなかったのはとても幸運だった。」
「いつでも復帰できるように筋肉も維持しているんだよ。」シュート練習もしているらしい。
「今、カラダの状態は本当にとってもいいんだぜ。落ちぶれちゃいないぜ。」
「わたしは、プレーヤーたちが日々練習しているのを羨んではいないよ。でも、もし監督ではなく選手の道を選んでいたら、練習がとても愛おしく感じていただろう。でもわたしの決断(監督になったこと)は正しかったと思う。わたしは(監督を)楽しんでいるし、今は他の事なんて全く考える時間なんてないよ。」
[PR]
by hoopNBA | 2014-10-21 01:31