人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ユーロ2008グループリーグ
c0032016_2354174.gif


「すばらしいEURO2008。」

ワールドカップと同じ4年に1回。しかも簡単な地区予選などないヨーロッパ限定ガチンコ大会。もうこれだけで世界最高峰と言っても過言ではない、ハズレゲーム一切なし。今回はスイス&オーストリア大会。ヴィジュアルも素晴らしく洗練されている、さすが奥が深い。

現在グループリーグ2戦終わって、決勝トーナメント進出を決定したのが、
グループA:マンUの泣き虫クリスティアーノロナウド率いるポルトガル。
グループB:ドイツを粉砕し士気が上がる、ヘビメタ監督ビリッチ率いるクロアチア。
グループC:この大会で監督引退を発表したヨーロッパ史上最高のセンターフォワード・マルコファンバステン監督率いるオランダ。
グループD:何人たりとも止めることはできないハットトリック男ヴィジャ&相棒トーレス率いる無敵艦隊スペイン。

あと決勝トーナメントに近いチーム
グループA:4年前優勝候補筆頭でありながらバロンドール・ネドベトの怪我で夢砕け散ったチェコ。
グループB:クロアチアには負けたがユーロ大会最も多く優勝しているスポ根ドイツ。
グループC:死のグループにして、まさにドツボにハマってしまったイタリアとフランス、ここだけは予測不可能。
グループD:未だにヘンリクラーションの力を借りているが強固なディフェンスで勝ち残る事ができるかスウェーデン。

1)攻守ともに最も安定している、しかしデコやペペと実はブラジル人というちょいとズルイ、ポルトガル。中盤はかなり安定している。
2)毎回期待させてくるトータルフットボールのオレンジ軍団オランダ。私はファンニステルローイの大ファンであるからにして。
3)毎度ディフェンスに不安はあるもののそれ以外は大会屈指のスペイン。
4)4年前のクリンスマン監督によって勝利すれば美しさなどどーでも良かった頃から方向性が変りつつあったドイツだが、現在崖っぷち、そーも言ってられなくなり、そろそろゲルマン魂登場の予感。なんだかんだいって優勝回数は一番多い。
5)天才ゴールキーパー・チェフ率いるディフェンスは大会No.1、長老ブリュックナー監督の手腕はあなどれない。
6)ドイツを粉砕したクロアチアは今大会のダークホース。

この6チームのどこかが優勝でしょう間違いなく。ドイツ以外は最後の最後でいつも砕け散っているので今回は頑張ってほしいですねー。

今日からグループリーグ最終戦。

でも今日はレーカーズ対セルティックス第5戦。
決めるか、ボストン。
いや、決めないだろう。
だってボストンで優勝したいだろうから。
しかし、そんな余裕ブッこいてる場合でもない、のも確かである。
今日BOSがヘラヘラしてたら、もしかしてLALもしかするかも。
[PR]
by hoopnba | 2008-06-15 23:38 | ●イラスト入りストーリー


<< レーカーズ勝って2勝3敗 ボストン、ロードでリーチ。 >>