人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
もういいよアイザイア
c0032016_13525976.gif


「何点差で負けても、ただの1敗。」

今日のボストン戦でニックスは104-59というニックスの歴史上3番目の最低なゲームをしてしまった。しかもKGは22分、ピアースとアレンは第4クオーターは1秒たりともプレーしていない。第3クオーターが終わった時点でニックスは41点という考えられない得点だった。

「今までに、こんなに休憩した記憶がない。良かったよー、今の時期に休憩出来た事は。」とKGは言った。
「40点差以上で勝ったことはなかった。」とピアースは言った。

TNTのケニースミスやバークリーも、もう悲惨すぎてコメントを控えているようであった。

「30点差だろうが40点差だろうが、ただの1敗だ。」とはケニースミスのコメント。
「才能のあるプレーヤーを集めるが、プレーヤーは何をやったら良いのか全くわかってない典型的なチームだ。」とはバークリーのコメント。

私はというとニックスファン歴で初めてテレビに向かってキレました。
インタビューでアイザイアが「I don't know where this game came from.」と言ったんです。

「おまえじゃー!」って大声張り上げてしまいました。
なんじゃーそのコメントは。相変わらず具体的な意見も分析もない。当然反省もない。

もう十分遊んだでしょ。贅沢なオモチャで。無料で本物のお金でファンタジーゲームやったんだから。そろそろベットに入って寝る時間ですよ。

もーねー「頭痛いです。気分が悪いです。」

「アイザイアのせいで精神的苦痛を受けた。」ってやったら「勝訴」できそーなぐらい顔みるだけで「イラッ」とくるんですが。

「もうストーカー法とかで半径500M以内に接近できない。それがテレビでも。」っていうのないかね。

追加:レーカーズ対ナゲッツ戦後のバークリーのコメント

「ニックスのプレーヤーはバスケットボールをしないで、チェック(小切手)を集めているだけだ。」「デビットリーとネイトロビンソンはハードにプレーしている、ワークしてないが。」
[PR]
by hoopnba | 2007-11-30 14:44 | ●イラスト入りストーリー


<< 悪運を味方につける男 何してるバレージャオ >>