人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
U.S.A.北京オリンピック出場決定
c0032016_11571996.gif


「チームU.S.A.北京行き決定。」

セミファイナル135-91でプエルトリコを粉砕して、何事もなかったかのよーに北京オリンピック決定。

まあ3Pが36本打って23本、63.9%も入っちゃうんですから、このチームは。フィールドゴールに至っては69.6%、全員ゴール下でシュート打ったんかい!ぐらい入ってます。

もう一つはアルゼンチンがブラジルを下して出場決定。

ファイナルは日曜日、アメリカ対アルゼンチン。
プエルトリコ、ブラジル、そして5位のカナダは来年の崖っぷち最終予選出場は決定。

大会通して実力を見せつけたのはメロ。昨シーズンも世界選手権に出場してもなおシーズン調子を落とさなかった男。(乱闘はしましたが)今シーズンもさらにパワーアップしちゃうのでは。
[PR]
by hoopnba | 2007-09-02 12:07 | ●イラスト入りストーリー | Comments(15)
Commented by JJJ at 2007-09-02 13:50 x
初めまして
メロは僕も今期はかなり飛躍すると思います
3Pがあまり上手でないってイメージはあったんですけどこの大会結構いい確率で決めてますよね レギュラーシーズンでもこの調子で頑張ってほしいです
NBAが好きになったきっかけがNBAのゲームで表紙がメロでした(笑)
Commented by モモ at 2007-09-02 14:29 x
メロはぺリメーターでもローポストでもシュートにまで持っていくまでが非常に速いですからね。速攻に参加するのも非常に長けてるし。
FIBAのルールとアメリカチームのスタイルと両方に見事フィットしてますよね。あとはパス能力さえ向上できれば王様、殿、ウェイドにも遜色ないレベルのプレイヤーになれそう。
Commented by 今夜が山田 at 2007-09-02 14:48 x
おぅ、すっげー調子いいみたいですね、US!前回AIとダンカンがキャプテンやった時は国際ルールに大苦戦の末、FG%ものすごい低かったような。やっぱNBAでゾーンディフェンス(もどき)に慣れてきた最近の選手たちは違うなぁ。それともコーチが上手に対策しているのか。どーなんすか!?試合観たいっす!
メロは2年目の伸び悩みのせいで他のスイングマンと差付けられてるけど、個人スタッツは決して悪くもなく(むしろ良いっす)、チームもPO連れてってるのに。あ、モモさんが挙げた3人はファイナル行ってますか。
来年こそAIとうまいことメッシュして欲しいですね!
Commented by yuko_mj23 at 2007-09-02 17:15 x
今回はUSAが強すぎるのか、他のチームが弱すぎるのか、微妙だと思いません?FG60%台のオフェンスは勿論のこと、相手チームのFGを40%以下に抑えるディフェンスは間違いなく素晴らしいと思うのですが、どうも相手が弱すぎて本当の実力が測れないというか。。。やっぱり北京オリンピックが始まるまで待つしかないんでしょうかね。

しかし、前回の世界選手権のときにメンバーだったメロやレブロンやドゥワイトが、あのときよりもずっとのびのびと良いプレイをしているところを見ると、やっぱり、キッド・チャウンシー・デロンのPG陣がdifference makersなんでしょうね~。ハインリックやCP3ではまだ荷が重すぎたのか。

あとは、やはり誰が何と言っても殿・コービーがものすごいインパクトですね。ディフェンダーが何人いてもシュートを決めるあの嗅覚、そして何が何でも勝ちたいという強い意志は、神様MJを思い出させます。オフェンスだけでなくディフェンスでも相当貢献してますし、パスも捌ける。レイカーズのチームメイトたちは複雑な思いで見てるでしょうねー。レベルの高いチームメイトとゲームをすればちゃんとアンセルフィッシュなプレイができることが証明されてしまいましたから。。
Commented by hoopnba at 2007-09-02 21:48
JJJさん、はじめまして。今のメロは精神的に自立した感じがありますよねー。キッド達と接した事は大きいのではないでしょーかねー。ただのアスリートではなくてチームをコントロールできるプレーヤーになれればピークを過ぎても必要とされますからねー。メロはこれで晴れてキング、ウェイドと肩を並べられるようになりますねー。
Commented by hoopnba at 2007-09-02 21:52
モモさん、ども。メロは確実に国際ルールに対応してますよね。ナゲッツであれだけ見事なパスを送ってもらえれば、素晴らしいスタッツを残すのは間違いないでしょーが…。
Commented by hoopnba at 2007-09-02 22:03
今夜が山田さん、ども。コーチKも素晴らしいですが、やはりキッド、チャウンシー、コービーを入れて構成されたチームの精神的バランスがいいんじゃないでしょーかねー。
Commented by hoopnba at 2007-09-02 22:17
yuko_mj23さん、ども。おっしゃる通り、今大会ではU.S.A.がどのくらい強いかはまったく測定不可能ですよね。ただアルゼンチンもジノビリ、オベルト、ヘルマンが入ったからといって劇的に強くなる事もないのではないでしょーかねー。そんなに簡単なものではないと思います。ですから「かなり強い」と言ってよいのでは。
今回のチームの成功はなんといってもキッドとチャウンシー(特にキッド)PGなしでは語れないですねー。キッドはシュートを打ってないゲームもありましたから。まさに「コート上のコーチ」ですね。PGの域を完全に越えてます。チャウンシーは「コート上の頼りになる隣に住んでるオッサン」みたいな感じですかね。
殿には私もやられましたよ。今では半分ファンですから。確かに「ジョーダンじゃねーの。」と思ってしまうぐらい見事なプレーっぷりでしたからねー。
「俺がチームを勝たすぞー。」というよりも「チームの勝利に貢献したいぞー。」という精神状態がありありと伝わってきましたよね、今大会で。
Commented at 2007-09-03 15:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 今夜が山田 at 2007-09-03 16:50 x
あー、USはディフェンスもいいのですね。それは素晴らしい。USが弱かった過去数年は、オフェンスで苦労するだけではなくDもグダグダでしたからね。
でもジョーダンのドリームチームを見た者とすれば、誰々がいい活躍した、っていうより全員が超余裕のプレーで相手と段違いのプレーをし、赤子の手をひねるようで活躍する暇さえない、ってあって欲しいなぁ。だから当然タイムアウトも一度も取らずに。
まぁ時代が違うか、、、、

やはりhoopnbaさんの言うとおり、前回のようなPG不在(AIが唯一のPGっぽい選手)の大会とは、ベテランPGが大きな違いでしょうか。でもドリームチーム1でもマジックとストックトンはケガでほとんどプレーせず、ピッペンとジョーダンがPGやってました。それでもあの結果!やっぱ時代か、時代なのか。
Commented by hoopnba at 2007-09-03 18:58
今夜が山田さん、ども。世界的にバスケが普及している証拠じゃないでしょーかねー、勝つのが難しくなっているというのは。

来年の本番までにプレーヤーの入れ替えがあるとは思いますが、キッドやチャウンシーが来年の8月に故障してない保障はないですからねー、そこが不安材料じゃないでしょーかねー、考えてもしかたのないことですが。
Commented by ken5 at 2007-09-04 22:18 x
メロ、来期は期待大ですかね。
AIが今大会の殿みたいにチームプレイ(特にアシスト)に徹して、メロがガッツンガッツン点取りに行けるといいんだけどな。

>殿には私もやられましたよ。今では半分ファンですから。
おお~!うれしいお言葉~!
後でかわいさ余って憎さ100倍にならないことを祈ってま~す(笑)
Commented by t.o-n.y at 2007-09-05 18:39 x
埼玉で開催された世界選手権でU.S.Aがギリシャに敗れた時、最後までフロアを離れず、ギリシャの歓喜の輪をじっと見ていたのがメロでした。
あの時の悔しさをバネに自分自身成長したんじゃないですかね?
あの時のメロは、この光景を目に焼き付けて今に見てろよ、って感じプンプンでしたもん。
Commented by hoopnba at 2007-09-06 23:19
ken5さん、ども。殿はレーカーズで練習再開したら「ガックリ」くるでしょーねー、あまりのレベルの差に。
Commented by hoopnba at 2007-09-06 23:23
t.o-n.yさん、ども。昨シーズンはプレーに磨きはかけたんですが、乱闘するぐらいの精神力でしたから、今のメロは精神的にかなり成長しましたねー。


<< アランヒューストンまじ復帰か? チームU.S.A.2007 F... >>