人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ゾー現役続行
c0032016_15573675.gif
「ディフェンディング・チャンプのゾー」

アランゾ・モーニングが来シーズンの現役続行を決めた。これでディフェンディングチャンプとして2シーズン連続優勝を目指す。

同じ病気を持つ人たちと臓器提供してくれたファミリーのためにも、最後まで戦う事を決断したであろうゾーは男前だ。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-07-16 16:06 | ●イラスト入りストーリー | Comments(12)
Commented by Kenny at 2006-07-16 23:22 x
結果と内容の両方が伴わないと「引退した方が良かった」と言われてしまいそうな決断ですけれどね。でも現役続行してくれて嬉しかったりする。
Commented by dabadabax at 2006-07-17 00:05
彼の存在は人々に勇気を与えてくれます。難病を乗り越えてこうやって高いレベルで優勝できる。NBAの歴史に確かなものを残してくれる、是非頑張って欲しいですね。彼を支える面々が揃っているのですから。
Commented by MZ at 2006-07-17 10:02 x
はぁ!%&#*? 最高の引き際、最高の引退のタイミングだと思ってました。そうっすか、やれるところまで、まだまだプレイするってコトですか。Uncle Zoを応援している人達がたくさんいるので、ファンを裏切れないという気持ちからかもしれませんね。

Commented by Ray at 2006-07-17 15:19 x
自分はアロンゾ=モーニングの決断に敬意を表したいですね。2度もバスケットボールから離れることを余儀なくされた彼にとっては、本当に体が動かなくなるまでバスケットボールをやりたいんだと思います。

今の日本のアスリートは引き際の美学なんてのがすきなようですが、自分はナカタよりZOのほうが好きです。
Commented by miyachoTT at 2006-07-17 16:40
初めまして。以前EXCITEで紹介されていた貴サイト、よく拝見させて頂いてます。
アロンゾの現役続行ニュース嬉しかったです。「目標は果たした」と去っていくのではなく、あえて続行を決心した彼、是非来シーズンも活躍してほしいです。
質問。どうして今回のイラストではあえて脇毛がモジャモジャと描かれてるんですか?アロンゾがあえて他のプレーヤーより脇が濃い、とか?
Commented by hoopnba at 2006-07-17 23:00
Kennyさん、ども。ゾーがゲームに備えてどんな過酷な治療をしているのか想像もつかないので、なんとも言えませんが、冷静に判断した結果なのでしょう。
Commented by hoopnba at 2006-07-17 23:27
吉おばちゃん、ども。今のNBAで公私ともにリスペクトされるプレーヤーはそうはいませんからね〜。身体には気をつけてほしいですね〜。
Commented by hoopnba at 2006-07-18 04:17
MZさん、ども。ゾーはまだやり残したことがあるのでしょう、ゾーは引退した後もマイアミの為に頑張ってもらわないといけない人物なので。
Commented by hoopnba at 2006-07-18 04:22
Rayさん、ども。中田は第一線でプレーできないのなら引退なんでしょうね。
ゾーはまだ第一線でプレーできますので、そういう意味では中田とは違うような気がしますが。
Commented by hoopnba at 2006-07-18 04:24
miyachoTTさん、初めまして。このイラストは昔描いたもののリメイクなんです。だからタッチも少し今とは違ってます。昔は脇毛を描いていたんですね〜(笑)。
Commented by Ray at 2006-07-19 20:51 x
んんー、でもナカタはもうちょっとやれると思うんですけどねぇ。
一応ナカタに感謝こそすれ責めたりする気はありません。
ただ、自分個人としてはゾーのほうにシンパシーを感じる。という事です。
Commented by hoopnba at 2006-07-20 13:17
Rayさん、ども。サッカーって攻撃しても報われないことが多いし、かといって歩いてるわけにもいかないし、タイムアウトは1回しかないし、交代したら終わりだし、さらに勝ち負けが決まらない事もあるし、大変そうですよね〜。その点バスケは攻撃したら点入るし、休憩とれるし、同点はないのでスッキリするし、屋内だから天候関係ないしで、サッカーよりはもしかして精神的に楽かも。


<< ボーズ・ナッシュ 救いようのないニッキチの戯言(... >>