人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
泣くなお前の人生だ
c0032016_9344075.gif
「チームと書いて"ピストンズ"と読む」

チーム力と王者の経験。&ホームアドヴァンテージ
全てが上回っていたピストンズ。

ただ来シーズンはキャブスに勝てるかどうかわからない。と誰もが思っているだろう。それほどキャブスはピストンズを追いつめた。

それはレギュラーシーズン「レブロンジェームス&その他大勢」だったキャブスがプレーオフ進出によって「レブロンジェーム&ホットブラザーズ」に変わろうとしているからだ。

ヒューズの不幸によって変わったのか、ピストンズ相手にマッチポイントを握った事が自信になったのか、それともレブロンジェームスの怪物プレーに平伏したのか。理由は何かはわからない。

が私が今プレーオフでチームにとても重要な役割を果たしたプレーヤーは誰だと聞かれればLBJではなく「ヴァレージョ」だと答える。彼がチームを変えたのではないだろうか。ヴァレージョはLBJとおっさん達の間に上手く入ってバランスをとっていたような気がする。プレーでもLBJについていける。彼は怪我さえなければ将来すごいプレーヤーになるような気がする。というか私はヴァレージョのファンになってしまった。

ゲーム終了後、キャブスもピストンズもお互いの健闘をたたえ合ったいい光景だった。しかしそこにLBJの姿はなかった。
キャブスのNBAいや人生の先輩方々、ちょっとスポーツマンシップを教えてあげたら。と思うのはわたしだけか。でも今日だけは許してあげるよ。だってかなり悔しかったのだろうから。
実はそれが私が今イチLBJを好きになれない理由である。まあ21歳だから許す。いや今ならまだ間に合う、人格形成は非常に大事ですよ〜。才能があっても尊敬されないプレーヤーもいますから。


このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-05-22 10:35 | ●イラスト入りストーリー | Comments(14)
Commented by にゅ at 2006-05-22 10:38 x
【兄やんは秋葉系、私は天然??】

お友達増やし中です♪
Commented by Kenny at 2006-05-22 11:49 x
後半完全に抑えられたのがLBJ自身だっただけに、悔しさもひとしおでしょう。しかし、恐るべき21歳でした。
Commented by hoopnba at 2006-05-22 12:09
Kennyさん、ども。来シーズンのキャブスどーなるでしょうね〜。21歳のLBJには結構辛かったでしょう。チームの運命が全て彼にかかってましたから。
Commented by MZ at 2006-05-22 12:42 x
最終的にpistonsが勝ちました。今だから言いますが、、、pistonsが2勝したあと、そのまま連勝しちゃうとイケナイ・・・よーな、”もしかして何かバックで何か圧力か何か動いてない?”と、正直言って疑ってしまった場面がいくつもありました。(考え過ぎかもしれませんが。)

さぁ、次はHEATとの決戦ですね。これまた観戦に力が入りそうです。

LBJは常に指の爪を気にして噛んでますね。あのクセはやめた方がいいと思います。
Commented by yuko_mj23 at 2006-05-22 20:23 x
hoopnbaさんのご意見に同意です。このシリーズは、ヴァレージョの活躍がキャブスを支え、ピストンズを驚かせ、ギリギリまで追い詰めました。レブロンの威力は、ピストンズから見たら「想定内」なんですよね。ピストンズは、どんなスーパースター相手でも、ワンマンチームには負けませんが、「スーパースター&頼もしい仲間たち」のチームだと危ないです。このシリーズはまさに、ヴァレージョの出来で勝ち負けが決まっていました。
Commented by yuko_mj23 at 2006-05-22 20:27 x
横ですが、MZさんへ

レブロンの爪を噛む癖は、大変有名で、こんなふうにからかわれてます。このサイトは大変良くできていて、既に一日数千件ヒットの大人気blogなんですよ。私は毎日のようにチェックしてます。

http://need4sheed.blogspot.com/2006/05/lebron-jamess-retirement-options.html

あと、イルガウスカスのもウケますのでこちらもご覧になってみてください。
http://need4sheed.blogspot.com/2006/05/zydrunas-ilgauskas-retirement-options.html
Commented by dabadabax at 2006-05-22 22:05
第6戦残り1分25秒でバレージョ(nba.japanの表記ですが、ヒュービー ブラウン氏らはバレジャと呼んでいますね)がファウルアウトにならなければ、あのピストンズのオフェンスリバウンド奪取はなかったと思えません?それくらいインパクトのあるプレイの連続でした。まだ23歳であのルックス、ヘアースタイル、ガッツ溢れるプレイ、それにブラジル出身だなんて、これから人気沸騰でしょうね。
この夏の世界選手権にも日本にくることでしょう。すごい人気者になるのでは。レブロンのUSAとどこかであたるかもしれません。
http://www.fiba2006.com/teams/bra_j.html
今年のプレイオフの人気はこのレブロン&Co.のおかげで本当に面白いものになりましたね。これでピストンズはヒートのリベンジを食らうのか。
明日のスパーズが勝ってまたまたピストンズxスパーズになるのでしょうか。
yukoさん、笑わせてもらいましたよ。ラシードが本当に嬉しそうにニコニコしてましたね。
Commented by hoopnba at 2006-05-22 22:47
MZさん、ども。考え過ぎですよ〜。(笑)
しかし昨日はゲームが昼間だったので、よく寝れました久しぶりに。
Commented by hoopnba at 2006-05-22 22:51
Yuko_mj23さん、ども。最近のYuko_mj23さんのコメントはものすごいプロフェッショナルで尊敬してしまいます。私も思いつきで書かないで、もっと勉強しなくては。
Commented by hoopnba at 2006-05-22 22:54
Yuko_mj23さん、またまたどーも。Need4Sheed面白い。イラスト最高。っていうか私もTシャツとか売ろうかな〜。売れるかな〜。売れそうな気がするんだけどな〜。
Commented by hoopnba at 2006-05-22 22:58
吉おばちゃん、ども。解説者はよーく聞くとヴァレージャオとか言ったりしてますが、アメリカ人は人の名前を正確には呼ばないで、本当に自己中で英語読みしますから、本当のポルトガル語ではどー読むんでしょうかね〜。って自分で調べないで誰かのレスを待っている私。
Commented by AJ at 2006-05-23 01:18 x
どうも、AJと申します。初めてコメントします。
私、以前ブラジルに少しだけ駐在していたこともあり、かなりのヴァレージョファンです。ヴァレージョはクリーブランドでは以前からその気合の入ったプレーでかなり人気のある選手でしたが、このピストンズとのシリーズの活躍で一気に名を上げてくれて嬉しい限りです。

で、彼の名前の発音ですが、カタカナにするのが結構難しいのですが、ESPNには「Pronounced: vaar-ra-ZJOW」とあったので、ヴァレージョでいいと思いますよ。ちなみにポルトガル語での表記では最後のjaoのaの上に波線みたいなマークが入ります。これはクチを閉じながら「ao」って発音することを意味しています。
Commented by hoopnba at 2006-05-23 02:38
AJさん、初めまして。おーそーですかヴァレージョでOKですか。ありがとうございます。いいな〜ブラジル駐在か〜、私ブラジリアン大好きなんです。近所にもブラジリアンの友人いますが陽気ですよね〜。それに水着には気合い入ってますから。これからもよろしくお願いいたします。
Commented by Ray at 2006-05-23 15:19 x
記事はレブロンなのにヴァレージョでめちゃめちゃ盛り上がってますねぇ(笑)
でも確かにヴァレージョのプレーは好きです。個人的にリバウンダーは大好きですから。オドムとかハスレムとかベンとか。


<< さらばダンカン ディフェンスおつかれ >>