人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
肝心な時にいない男
c0032016_1326110.gif
「肝心な時にいない男」

昨シーズン、ホーネッツ後半からウォリアーズに移籍しチームを蘇らせた1999年ドラフト3位、PGバロン・デーヴィス。

今シーズン17.9ポイント、8.9アシスト、1.6スティール、3.1リバウンド。アシストはリーグ2位タイ。豪快なドリブルとアグレッシブなアシスト+3ポイントでダンクチャンプSG・Jリッチ&PFトロイマーフィーとともにチームをシーズン当初から牽引した。

今シーズンはもしかしてウォリアーズがプレーオフ進出かもと期待させたが、プレーオフ進出できるかどーかの大事な場面でデーヴィスは故障のため今シーズンのプレーは終了した。

才能豊かなデーヴィスだが、かなりの病気持ち、いつも大事な時にプレーしていない印象が強い、来シーズンはそんな印象を払拭してほしい。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-04-02 13:49 | ●イラスト入りストーリー | Comments(2)
Commented by Kenny at 2006-04-02 15:33 x
今回は右足首でしたっけ。まだ26歳なのに、怪我が多いですね。
NBAレベルの選手になると怪我が少ないことも重要な評価ポイントですから、GMやHCなどの評価もわかれる選手のひとりですよね。キャンビー、オカフォーなどもそうですが。
Commented by hoopnba at 2006-04-03 00:31
Kennyさん、ども。デーヴィスの場合は同じ怪我でも他のプレーヤーよりも長くかかる印象もありますよね。
あ〜キャンビーなんか代名詞みたいになってますよね。
あとヒューズなんかも仲間入りしそうですね。


<< 完璧なピストンズ 祝・J-WAVE出演 >>