人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
スーパーヒューマン
c0032016_14112713.gif「スモールマン」

ドラフト21位でニックスにやってきた身長5-9しかないネイト・ロビンソン。この男、別名「スーパーヒューマン」と呼ばれている。

その訳はめっちゃサルに似ているから。ではなくサル並みの跳躍力があるからである。

ネイトがジャンプボールで負けたのを私は見た事がない。普通に考えれば2mのプレーヤーがジャンプする方がネイトよりも早くボールを取る事ができる。しかし彼のジャンプは速い。めっちゃ速い。いつの間にか相手プレーヤーの上に飛んでいる。

そして彼は今シーズンのオールスターのダンクコンテストに招待された。

今日NYのMSG(マディソンスクエアーガーデン)チャンネルでネイトのダンクコンテスト用練習風景がかかった。

ここから先はネタバレですので知りたくない方は読まないでください。

ネイトは足にボールを挟んでジャンプ、そして後ろ宙返りをした後、ダンクをする。そんなバカな話である。しかしサルのネイト、いやサル並みの運動神経を持つネイトならマジかも。

さて、ここからは今日ザ・ガーデンで行われたニックス対レーカーズ戦の話だ。今日はラッキーにもゲームを見に行く事ができた。ご存知の通り33点という大差をつけられニックス見事な負けっぷりだった。

いつも前に座っている老夫婦の奥さんはニックスがシュートを外すだびに80年代パーマでボリュームたっぷりの頭をガックリをさせていた。旦那はいつものように終止無言。時折オペラグラスでコートではなく左の客席を覗いていたのがゲームに飽きてた証拠だ。横の若僧と女性2人は第3クォーターで退場。左前方にはいつもマティーニを飲んでる腰にタトゥーを入れ半ケツの女性(よく見るとオバちゃん)は、いつもの男性ではなく友人を連れて来ていた。友人だけあってこっちも半ケツである。黒のティーバックに黒の網タイツ着用でその半ケツ姿はくノ一である。しかもこの女性ゲームに飽きたのか途中でマティーニ女を置いて帰ってしまった。薄情な友人。後ろには超デブの黒人があーでもないこーでもないとヤジを飛ばしている。その黒人のファンにネイトは「スモールマン」と呼ばれている。この辺りでは彼をスーパーヒューマンとは呼ばない。ただ「チビ」と呼んでいる。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2006-02-01 14:51 | ●イラスト入りストーリー


<< ジャレン・ローズがやってきた。 ルーキー・オブ・ザ・イヤーに最... >>