人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
マグロイアとメイソン、トレード[ニュースブレーカーズ]
c0032016_15333311.gif「マグロイア&メイソン+ドラフト1順目指名権・トレード成立」

ホーネッツCジャマール・マグロイアとバックスGFデスモンド・メイソンのトレードが成立した。マグロイアはドラフト2000年19位、メイソンは同年17位。
去年怪我に泣いたがマグロイアはホーネッツの大黒柱だった。ポイント、リバウンド、ブロックともにNBAトップクラスだ。

今オフ大補強したバックスにはボビーシモンズを迎え今年もベンチスタートを余儀なくされた。メイソンにとって弱小ホーネッツの移籍はプレーオフこそ出れないがスターターとして活躍できる場である。

バックスはマグロイアを入れセンターが3人になった。ドラフト1位ボガット、ダン・ガスリッチ。この中でもマグロイアは群を抜いている。PFジョースミスもいることからディフェンスはかなり強力になった。復帰したTJフォードのアシストも冴えてる。問題はメイソンを放出してSG、SFがレッドとシモンズ頼みになったことだろう。レッドが本物ならば問題はない。メロかピアースぐらい活躍すればバックスはかなり強くなる。

ホーネッツは2005年ドラフト4位PGクリス・ポールがそのアシストの才能を遺憾なく発揮し、スピーディクラックストンがバックアップ。2年目高卒SGJRスミスとメイソンのオフェンス力、CにベテランPJブラウン、クリスアンダーセン。さらに来シーズンのドラフト1巡目指名権で第二のラン&ガン・ネッツを想像しているに違いない。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-10-30 04:23 | ●イラスト入りストーリー | Comments(3)
Commented by Kenny at 2005-10-30 10:37 x
ミルウォーキーは、ボガットをPFで使うかもしれませんね。オーストラリアのナショナルチームや、大学1年のときに経験もあるようですし。PFとしてはスピードが問題になるかもしれませんが、マグロアとのツインタワーは見てみたい気もします。

ニューオーリンズの方は、ネッツのリチャード・ジェファーソンの獲得を狙っている、なんて噂もありますよね。東地区なら今のメンバーでも脅威ですが、西では厳しいような…。
Commented by hoopnba at 2005-10-30 16:56
Kennyさん、ども。ということはJスミスはベンチってことですか?
Commented by Kenny at 2005-10-30 19:59 x
この新聞記事(http://www.nj.com/nets/ledger/index.ssf?/base/sports-0/1130563860126130.xml&coll=1)の最後のパラグラフなんですけれどね。

マグロアがらみのNOとMILのトレードに、NJ(ジェファーソンetc)を加えた三角トレードを誰かが画策していたようなんですね。金銭的な問題と、トレードそのものが複雑になってしまうために流れたようなのですが。

この三角トレードが実現されていれば、おそらくメイソンはNOではなくNJに行っていたはずなので、スミスSGでRJがSFという布陣を構想したのかもしれませんね。


<< 第1週/11月1日〜11月6日... 緊張のライブドラフト終了 >>