人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
来シーズンのグリズリーズ[ストーリー]
c0032016_13331199.gif「グリズリーズは弱くなったのか」

今オフシーズン、PGジェーソン・ウィリアムス(→ヒート)、SGジェームス・ポゼイ(→ヒート)、PGワトソン(→ナゲッツ)、Cストロマイル・スィフト(→ロケッツ)、SGボンジー・ウェルズ(→キングス)がメンフィスを去った。

代わりにSGエディ・ジョーンズ(←ヒート)、PGボビー・ジャクソン(←キングス)、PGデーモン・スタッドマイアー(←ブレーザーズ)が加わった。

Jウィルを筆頭にかなりの戦力を失ったかのように見えるグリズリーズだが、良く見るとメンフィスはなかなかしたたかだ。

まずはPGマイティマウス、Dスタッドマイアー。Jウィルと比較してアシストはほぼ同じだが、ポイントは5ポイント以上スタッドマイアーが上、ただ出場時間を考慮すると同じぐらいか。しかし昨シーズン54ポイントを記録した彼のポテンシャルははっきりいってJウィルとはモノが違う。バックアップにはベテラン、ボビー・ジャクソン。

SGにはエディ・ジョーンズ。純粋に3ポイントシュターとして起用されそうである。優勝候補ヒートから追い出されスネてなければ彼にとってメンフィスは居心地が良いであろう。

SFはマイク・ミラー(私はいつもウルブスのザービアックと混同していまう)とシェーン・バティエ。御なじみのプレーヤーだが、実はここが一番の問題。プレーは一生懸命だが結果がいまいちである。彼らはもう少し働かなければいけないであろう。

PFはスペインの星ポウ・ガゾル。バックアップにブライアン・カーディナル。
ここもイマイチ、フランチャイズになりきれないガゾル。カーディナルは何気にスティールがいいので使える。

Cは昨年後半急成長したローレンゼン・ライト。平均的なセンターなので良くもなく悪くもなく。

こーして見るとオフェンスは若干良くなったが、スィフトがいなくなりディフェンスが弱く見える。しかし実はメンフィスには奥の手があるのだ。ドラフト19位2年前メロを出したシラキュース大のPFアキーム・ウァリックだ。プレーはまだまだ荒削りで即戦力とはいい難いが、彼の恐るべき身体能力を見たら絶叫しない奴はいない。ウァリックの靴には絶対にジェット噴射(正確にはジェットダイアル)が付いているに違いない。

グリズリーズは2年前最優秀監督に選ばれ、昨年ゲーム中にぶっ倒れたヒュービーブラウン監督の戦略を採用し完全ローテーションでゲームをしているのでプレーヤー全員の出場時間が限られている。故にプレーヤーのポイントが少ないのにもかかわらずプレーオフ進出をしている。ちゃんと順番が回ってくるからプレーヤー達もやり易いのかもしれない。
新しく加わったプレーヤー達が与えられた持ち時間で最高のパフォーマンスを発揮すればメンフィスは来シーズンもダークホースである。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-09-14 05:14 | ●イラスト入りストーリー | Comments(2)
Commented by dabadabax at 2005-09-16 16:29
グリズリーズはパウ ガソルが怪我をしなければ、来季もそこそこいけるんじゃないですかね。E. ジョーンズもB.ジャクソンもスターダマイヤーも新天地で結果を見せなければと張り切るでしょう。シェーン バティエーもいい選手だと思います。バンクーバーにいたときとはえらい違いで、楽しみです。
Commented by hoopnba at 2005-09-17 10:52
吉おばちゃん、グリズリーズもナゲッツもしっかりとプレーするチームになりましたから昔と比べると凄い進歩ですよね〜。昔なんかNBAのチーム全部言えって言われたら最後まで出て来ないチームワースト3でしたから。


<< 来シーズンのマイアミ[ストーリー] ハリケーン・カトリーナ救済ゲー... >>