人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
沈黙のデンバー[ストーリー]
c0032016_1445789.gif「沈黙のデンバー」

28ー6。この数字はジョージカールがデンバーの監督になってからの昨シーズンのラスト34ゲームの勝敗である。21勝27敗。これはカールが入る前の勝敗だ。どれだけカールがチームをコントロールしたかが理解できる。というよりもシーズン最初から指揮していればシアトルよりも良かったかもしれない。

これだけ勝てるデンバーのプレーヤーをいじるのは野暮なのか、各チームが戦力補強をしているオフシーズン、未だに沈黙を通しているデンバーナゲッツ。

デンバーのGMキキ・ヴァンドウィッジもジョージカール監督も今のチームを気に入っているらしい。デンバーはもはや昔のようなプレーヤーの左遷先ではない。

デンバーに来て復活を遂げた、脅威のブロッカー、キャンビーに、贅沢にもバックアップのネネ。並外れた身体能力を持つPFマーティン。そしてデンバーを一人でプレーオフ常連チームにしたLジェームスのライバルSFカメロ・アンソニー。抜群の得点能力を持つPGアンドレミラーと最小プレーヤー、PGボイキンスのバックアップ。

弱点といえば3ポイントチャンプだったレナードの故障によるSGの不在と、キャンビーを筆頭に怪我の不安がつきまとうスターター陣。マーティンは高い買い物だったという声もあるが、デンバーはマーティンの使い方を完全に間違えていた。ベストポジションで仕事をさせれば彼ほど頼りになる男はいない。メロもフィジカルトレーナーをつけ体重管理をしている。

カールが監督になってからローテションを上手く使いこなしプレーヤーの故障を最小限にとどめていたナゲッツの来シーズンは負けないチームになるだろう。個人的にはキャンビーの大親友スプリーにSGとして移籍してほしい。今のスプリーなら主役はメロに譲って十八番のディフェンスでチームを安定させる事が出来るはずだ。スプリーが入れば、どことなく2000年のニックスに似ている。

このイラスト"あり"ならクリックc0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopnba | 2005-09-03 13:20 | ●イラスト入りストーリー


<< ウォリアーズが来てる[ストーリー] NBAオフシーズン・レポート[... >>