人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「新生NJネッツの強さ」

2004年シーズンオフにネッツのオーナーがNYの不動産会社に変わった。新しいプレジデント、ロン・ゾーンは経費削減のために2000年ドラフト1位のPFケニオン・マーティンと1996年ドラフト8位のケリー・キトルを放出した。Jキッドが入り2年連続カンファレンスチャンプになりワールドチャンプまでもう一押しの所でのチーム解体はキッドのにとってもファンにとってもビジネス優先の新オーナーに大きく失望した。

しかし昨シーズン途中、高額契約のアランゾ・モーニングとエリック・ウイリアムスをトロントに放出しトロントからヴィンス・カーターを獲得した。トロントの経営陣に不満をもらしてプレーにも精彩を欠いていたカーターがNJにきて見事に復活した。今のカーターはリーグで5本の指に入るSGだ。

そして今オフ、ブレーザーズからPFシャリーフ・アブドゥル.ラヒームを獲得しNJの弱点であるフロントコートの補強をした。アブドゥル.ラヒームはマーティンよりも得点力がるPFであり、プレーオフに一度も出た事のない彼の目的は金ではない。

NJのスターターはCカースティックを除く4人はPGキッドは1994年ドラフト2位、SGカーターは1998年ドラフト5位、SFジェファーソンは2001年ドラフト13位、アブドゥル.ラヒームは1996年ドラフト3位と何とも贅沢なチームになった。NJは高額プレーヤーを放出し、適材適所に素晴らしい補強をし見事に再生をした。さらにクリフォード・ロビンソンの契約も更新し万全である。もっと良いセンターを獲得すればいいが贅沢を言えばきりがないし、カースティックもとても成長したし、弱点のないチームなど存在はしない。

膝の故障で以前よりはスピードが出なくなったキッドだが、ゲームメイクのセンスはリーグNo.1。ナッシュは最高のPGだが、キッドはPGを超えたコート上の監督だと個人的に判断している。戦力の整ったネッツはお家芸のラン&ガンだけではなくハーフコートでもその実力を遺憾なく発揮し、負けないチームになるであろう。アトランティック・ディヴィジョンは現在のところネッツが抜きん出ている。
[PR]
by hoopnba | 2005-08-08 03:27 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAオフシーズン・レポート[... NBAオフシーズン・レポート[... >>