人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
カーメロ氏炎上
「ポルジンキスは掘り出し物」

フィル社長がポルジンキスくんをドラフトしたことに、不満を漏らしていたカーメロアンソニー氏が一転して、ポルジンキスくんの獲得はすばらしいとインスタグラムでコメントした。…ということでニックスファンが「はっ?」となって…そして最終的にカーメロ氏の$124ミリオンの契約の話になって…カーメロ氏の30歳らしからぬ対応がちょっとした話題になっている。




そもそもカーメロ氏に過度の期待をしたファンが悪い…。カーメロ氏は「バスケがずば抜けてうまい子供」もしくは「背の高いステフォンマーブリー」なのである。多くを求めるほうが間違っている。レブロン氏のようにチームを制圧する支配力もないし、クリスポール氏やステファンカリー氏のようにチームをコントロールすることもできない。ダンカン氏やデュラント氏のようにバスケに集中して寡黙にプレーできるわけでもない。いわいる「付加価値のないバスケがただ抜群に上手いプレーヤー」なのである。

NBAのサラリーキャップ制のせいでもある。制限がないならレブロン氏のサラリーはあんなもんじゃない。同じようなサラリーなので、ファンも「レブロンと同じなのに何やってんだテメエ」となるし、カーメロ氏も「俺様はレブロン氏と同じレベルだ」と勘違いするのである。

もっというとニューヨークも悪い。プレーに集中できる環境ではない。この点においてはポルジンキスくんも心配だ…彼は…ニューヨークに溺れそうな顔をしている…。そもそも今までニューヨークでバスケだけやってたプレーヤーいるのか?来季の契約が見えない崖っぷちプレーヤーぐらいしか記憶がない。ひとつだけ良い点があるとすれば「豚もおだてりゃ木に登る」のがニューヨークである。

そういう風に割り切っていればカーメロ氏のことでストレスを感じることはないのだが…
[PR]
by hoopNBA | 2015-06-28 23:54 | ●ニュースブレーカーズ


<< ニックス!ラブマゲドン ニックスのドラフト >>