人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBA新サラリーキャップ決定[ニュースブレーカーズ]
「NBA新サラリーキャップ$49.5ミリオン」

来シーズンのCBA(Collective Bargaining Agreement)が遂に決定した。
●サラリーキャップ$49.5ミリオン(昨シーズンから$5.63ミリオン上がった。)
●ラグジュアリータックス(贅沢税)はサラリー合計が$61.7ミリオンを超すと支払い義務が生じる。
●ミッドレベル例外条項はチームがサラリーキャップを超えていても$5ミリオンから交渉可能。
●アランヒューストン・ルール:チームは1度だけ1プレーヤーを放棄すれば、贅沢税を免除される。(例)マイケル.フィンレイにアランヒューストン・ルールに当てはめるとマブスは$51ミリオンの贅沢税を免除される事になる。しかしマブスはフィンレイに2007-2008シーズンまでの契約通りサラリーを全額支払わなければならない。
●ドラフトにかけられるプレーヤーの最小年齢はアメリカ人の場合は高校卒業から1年、インターナショナルプレーヤーはドラフトが行われる年に19歳になる事。
●最低サラリーキャップは$37.125ミリオン
●プレーヤーは最低57%のサラリーを受け取る事が出来る。
●最長契約年数は6年(昨シーズンは7年)、FAから移籍するプレーヤーは最長5年(昨シーズンは6年)に短縮された。
●サラリーは最高年10.5%まで上げることが出来る(昨シーズンは12.5%)
●チームはルーキープレーヤーをNBA Development Leagueに最初の2年プレーさせてもよい。
●ベテランプレーヤーは4回ランダムにドラッグテストを行う。
●12ゲーム以上出場停止にされたプレーヤーはアピールする事ができる。
●球団創立2年目のボブキャッツのみサラリーキャプは来シーズン$37.125ミリオン、最低サラリーキャップは$27.84ミリオンとする。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-30 22:14 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAオフシーズン・レポート[... ESPNイチロー特集[ニュース... >>