人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「NYニックス、ラリー・ブラウン監督誕生」

ラリー・ブラウンが遂にニックスの監督になった5年契約、金に糸目をつけないニックスらしいギャラです。ついでにアイザイア・トーマスの首もつながったという感じ。

ESPNの投票ではニックスが2005-2006シーズンにプレーオフ進出できると予想している人が55%。マーブリーがピストンズのチャウンシー・ビルアップスみたいになると予想する人が33%もいました。

さて現実的にイースタンカンファレンスのプレーオフ進出8チーム予想をすると、昨シーズンの実績から、1)ピストンズ、2)ヒート、3)ペーサーズは確実に決まりでしょう。昨シーズン8位からラヒームを獲得してパワーアップした4)ネッツ、ヒューズを放出したもののバトラーとダニエルズを入れた5)ウィザーズ、チャンドラーとカリーが残れば6)ブルズ。戦力をキープした7)セルティックス、8)シクサーズ、プレーオフは逃したが大幅に戦力補強した9)キャブス、10)バックス。

ブラウン監督によってプラス10勝したとして43勝だとギリ8位でプレーオフというシナリオらしいが、このメンツの中にニックスが割って入る事ができるのか?

マーブリーはビルアップスほど頭はよくない。身体能力だけでプレーしている単細胞だ。彼にPGとしていくつものオフェンスパターンを教えるのは至難の業だ。ましてや1回の攻撃に2〜3のパスオプションを加えることなど不可能である。もう一ついうとマーブリーはアイバーソンほどスーパーなオフェンスの才能もない。と書くとマーブリーが嫌いかというとそうではない。ニックスはマーブリーのチームにする必要性がないと言いたいのである。

ブラウン監督がマーブリーをおとなしくさせると、クロフォード、Qリッチ、はたまたトーマスの才能が開花する可能性もあるし、抜群の才能はあるものの怠け者のペニーハーダウェイだって努力するかもわからない。ヒューストンだってもう一花咲かせる事も可能だ。

ただ「マーブリー君ニックスは君のチームではもうないんだよ。」と言ったらどーなるかが問題だ。「俺はニックスのフランチャイズプレーヤーとしてサンズから呼ばれたんだぞ!」となると「マーブリー君さようならー。」になるだろう。

[コメント]ニックスファンの私としては心苦しいが、マーブリーはオールスター級のプレーヤーだが、どこのチームにいっても結局お荷物になっているという事を自覚しないといけない。ネッツでもサンズでもそーだったように。それに来シーズンも気がつかないようではマーブリーは救いようがない。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-28 22:29 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAオフシーズン・レポート[... NBAオフシーズン・レポート[... >>