人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAオフシーズン・レポート[ニュースブレーカーズ]
「サムエル・ダレンバート、シクサーズ残留」

制限付きFA、フィラデルフィアのセンター、サムエル・ダレンバートが6年契約$60〜80ミリオンで残留が決定した。
今シーズン平均25分未満で8.2ポイント、7.5リバウンド、1.7ブロックは立派な数字だ。
さらにシクサーズはカイル・コーバーとウィリー・グリーンとも6年解約で更新している。ダレンバートよりもコーバーの残留のほうが大きい。リーグ1位の3ポイントシューターで200本以上沈めているプレーヤーで4割以上はコーバーとデーモンジョーンズだけ。
これでシクサーズもオフシーズンはほぼ終了だろう。PGアイバーソン、SGコーバー、SFイグオダーラ、PFウェバー、Cダレンバート。シクサーズは若いチームだけに若手の成長しだいでは大バケする可能性大だ。

[コメント]問題はなんといってもクリス・ウェバーの調子だろう。来シーズンも鬱病のような気の抜けたプレーをするようだとチームの調子は上がらないだろう。


「スプリー未だ移籍先決まらず」

ウィリアーズ時代、監督の首をしめ2年間の出場停止になった野獣スプリーウェルも今年で34歳になった。98年にニックスに移籍しパトリック・ユーイングと共に1999-2000年シーズン、イースタンカンファレンス優勝に大きく貢献した。が、今シーズンは私的問題からプレーに調子がでず、サム・カセールと共にミネソタのプレーオフ進出を逃した戦犯のひとりとなった。スプリーを受け入れるチームは未だになく苦しい状況である。

[コメント]かつてのスーパースターが次々と引退していく中スプリーにはまだまだ頑張って欲しいが、35歳でSGのポジションで働ける場所はあまりない。しかもリングを持ってないとなるとなおさらだ。
[PR]
by hoopnba | 2005-07-25 23:38 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAオフシーズン・レポート[... NBAオフシーズン・レポート[... >>