人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
地元をプロデュース。
「地元へ帰ろう。ではなく、地元をプロデュース。」

さて、今なにかと注目されている、アレですが…
なんか、すいません、いまさらこんな古いタイトルで…

「地元へ帰ろう。」っていうのは、イキがって飛び出したが、思うようにいかず…都会で夢破れ、帰る場所も失ったプレーヤーに、そっと救いの手を差し伸べる田舎の友、でその優しさに触れて、地元のために復活を誓う。みたい感じ?例えば、晩年のアイバーソンなんてそーだった。フィラデルフィアから声がかかった時は感動したよ。で、また不義理してしまうあたりがアイバーソンっぽくて切なくていー。

で、現在のあの方はというと、地元へ帰ろうというよりも「地元をプロデュース」である。
地元の人々から良くしてくれたけれど、結果を残せなくて、責任を感じながらも、荷が重くなりすぎて逃げたくなっている時に、都会で夢を叶えた友人からの誘いで、田舎と決別する。そして都会で夢を叶えた男は、地元でやり残したことを達成しに帰るのだが…都会に行っている間にすっかり荒んだ地元に愕然とし…都会での成功で得た人脈を使って復活させよーとする。しかし、そのやり方に地元の仲間から反感を買ってしまう…

都会での苦労と経験と成功から出したやり方を信じる男と、その男が捨てた田舎を何とかしよーとしていた若者達との苦悩と葛藤のドラマ。

あのチームは…戦略や戦術の問題ではなく…いわいるボーイズラブ的な問題なのである。…違うか…

ルーキー達で地元をプロデュースしてたら、勝てなくても、和気あいあいしてたかもね。
「先輩っ!一生ついていきますっ!」的な感じで。
「先輩っ!ここは僕が引きつけておきますから、思う存分やっちゃってくださいっ!」とか
「先輩っ!いーんすかっ最後打っちゃって?今日散々迷惑かけたオカンが来てるんで…!このご恩は一生忘れませんっ!」とか
[PR]
by hoopNBA | 2014-11-08 02:27 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(6)
Commented by ZA at 2014-11-09 00:05 x
結局「レブロンと愉快な仲間たち」のほうがチームはうまく回るんですよね。
でもレブロン本人はそれを望んでないというジレンマ。
Commented by チャーリー ウォード at 2014-11-09 01:20 x
レブロン、アービング の 内容知りたいので、記事にしていただけないでしょうか?
レブロンの悪い習慣のコメントのしか日本の記事はなくて。。。

レブロンですが、ここでキャブスにレイアレン加入。
レイアレンが、「俺も昔、ビックドッグ、サムとバックスで一緒だった。でも、優勝できなかった。シアトルでは沢山点を入れたさ、けどプレイオフがやっとさ。初優勝は、ご存知の通りセルツに入ってから。優勝のためエゴは捨てたよ。若いから気持ちは分かるよ。ただ、勝者になりたくないかい?」

「レブロン、若い連中と大変だろ?君も、オールドだなwもうwだから、伝え方を変えてみな!彼らは若いだけだよ。」

なんてレイアレンが両者を諭したらと妄想w
まぁオールスターはオールスターのきもちは分かるだろうし。

Commented by 二川知之 at 2014-11-11 00:20 x
皆さんこんばんは。
個人的にはCLEのファンなので、同感です。ただ、ブログ主はNYのファンなので、それが優先的になるのはわかってください。
地元プロデュースの件ですが、チームの強化とファン拡大があります。個人的にはチーム強化のスタッフとして戻って来て欲しい。
Commented by hoopNBA at 2014-11-11 05:10
ZAさん、ども。まあアメリカなんで言いたい事は言ってスッキリして次行くしかないんですけどね…
Commented by hoopNBA at 2014-11-11 05:16
チャーリー ウォードさん、ども。レブロンとアービングの記事内容ですか?NBA Japanとかキャブスファンブログとかに載ってないですか?…わたしの文章ってザックリしてるんですいません。ただの内輪もめを…メディアが大げさにしてる感があるんで100%訳する必要もないかと…
Commented by hoopNBA at 2014-11-11 05:23
二川知之さん、ども。すいません。これからもテキトーに書かせていただきますので、ご了承ください。


<< アトランタ戦 ニックスのトレードのウワサ >>