人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
シャックのトライアングル解説


「TNT解説者」

NBAリーグパスがあれば全試合見れちゃう時代なんですが…たぶん、前説とかハーフタイムとか…ゲーム後の解説とか…そーいうのは日本では見れませんよね?

ということで、先日から話題に上っていた、みんなが驚いた「シャックのトライアングル講座・良いトライアングルと悪いトライアングル」をニックスvsキャブス戦を例に説明してくれてる画像見つけました。中盤辺りでありますので…
[PR]
by hoopNBA | 2014-11-02 08:48 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(3)
Commented by 今夜が山田 at 2014-11-04 07:38 x
うーん、やっぱりトライアングルは各プレイヤーがとにかくkeep movingしないとならないんですね。
ちょっと気になったのが二つ目に良いトライアングルと言われたやつ。あれはどんな成り行きであの形になったんでしょうか?メロがトライアングルから外れる形ってどうなんだろ?
あのメロがやった事って、シカゴでロドマンがやってた動きですよね。あれは脇役にやらせて、メロはトライアングルの中心にいて欲しいなぁ〜。
でもこれがフィッシャー流の新しいトライアングルなら、それも面白いっす。
Commented by hoopNBA at 2014-11-05 00:00
今夜が山田さん、ども。それが、わたしも覚えてないんですよねー。録画見直すまでの元気なかった…
今のところメロはポストが上手くできないので、いつでもアイソレーションできるあのポジションで正解なんじゃないかと思うんですよね。徐々に選択肢増えていくんじゃないでしょーかねー。
Commented by 今夜が山田 at 2014-11-07 11:02 x
なるほど、その後ダイジェストだけどチロッとゲームみたら、確かにメロはトライアングルの流れ無視のアイソレーションからの1on1でしたね。
あ、でもそれってトライアングルの意味あんまり無いn、、、おっと、誰か来たようだ


<< ニックスvsホーネッツ トンプソン4年$70ミリオン >>