人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ミネソタ売り上げ好調
「ウィギンズ、ベネット&ヤング効果」

突然レブロンがやって来て、いきなり優勝候補チームになったキャブスにドラフト1位指名されたウィギンスくん。だが、喜びもつかの間、実は水面下でレブロンから勧誘の連絡を受けて即決でキャブス入りを決め密かに進行していたミネソタPFケヴィンラブとトレード。
で、結局ぬか喜びに終わったウィギンスくんと昨シーズンのドラフト1位ベネットくんがミネソタの地に行く事になった。
が、実はトレード成立後から、ミネソタのシーズンチケットが売れ始めている。らしい。
ミネソタは過去10年プレーオフに行っていない。ケヴィンラブ&ルビオでも行けなかった。が、ラブと引き換えにミネソタにやってきたのは、ドラフト1位2014年ルーキーのウィギンスくんに、2013年のベネット、さらにシクサーズからエースのヤングまでやってきた。ミネソタの新たな船出にファンはとても期待しているのである。

ミネソタファン…心優しい。
[PR]
by hoopNBA | 2014-09-03 00:48 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(4)
Commented by dkh2 at 2014-09-03 12:00 x
MINはフレッシュスタートですね。LOVEが出ていくのは時間の問題という数年間だったんで、居てくれそうな将来性のある面子が来てそうとう嬉しいのでしょう!
Commented by S-Mart at 2014-09-04 01:10 x
正直ラブ一人で今回の三人が取れるなら大成功だと思ってます。個人的にはラブが過大評価されているような…まぁシクサーズの動きが一番評価できませんが。アメリカのメディアはどんな論調ですか?
Commented by hoopNBA at 2014-09-04 02:36
dkh2さん、ども。ミネソタはとりあえず数年後には必ずプレーオフに行かないと、またプレーヤーに逃げられますからねー。サンダースさん責任重大です。
Commented by hoopNBA at 2014-09-04 02:39
S-Martさん、ども。メディアの評価はキャブスA、ウルブスB-、シクサーズA-です。ウルブスの評価はそれほどでもないですね。若者2人は多少時間がかかると思われてますね。ヤングに関しては評価されてるみたいですが。シクサーズはサラリーキャップすかすかですし、ドラフト1巡目指名権を獲得して再建ということでわりと評価高いですね。


<< 赤い無敵艦隊 ドックリバースHC契約延長 >>