人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
サンダーの未来
c0032016_3495629.gif

「西の新旧交代せず」

いつか老いて勢力図も変わっていくと思われたサンアントニオスパーズは若干の若手と戦力の底上げで、ウエスタンカンファレンスチャンプになった。…サンダーは追い越すことはできなかった。

サンダーは若いチームだが強豪チームにのし上がり経験を積み、デュラントはMVPまでなった…

しかし…サンダーは強くなったのか?



ニックスファンのわたしが言うのもおこがましいのだが…

客観的に見て2011-12のサンダーの方が強かったように感じる。ハーデンがいたからである。(コリソンもパーキンスもフィッシャーも若かった)ハーデンを失ったサンダーは、ポストハーデンにケヴィンマーティン、今シーズンはシックスマン不在。シックスマンぽい感じでキャロンバトラーを獲得したが…ハーデンには遠く及ばなかった。今シーズンの敗因は、いろいろあるだろうが、たぶんシックスマンなのだろう。これが一番しっくりくる。
結果サンダーのオフェンスはデュラント&ウエストブルックのデュオになってしまった。シーズン終盤デュオのみのサンダーのシステムを批判されたが…期待していたプレーヤーが役に立たなかったので、立て直すことはできなかったのではないだろうか…

もちろん悪いことばかりでもない。イバカは大きく成長したし、レジーもウエストブルック復帰までは、苦労し貢献した。チャーリーバークリー一押しのジェリミーラムはセフォロシャの後継者になるだろう冷静な判断力を見せた。アダムスはパーキンスを引き摺り落としたと言っても過言ではない。

個人的にはケガ後のイバカが好きだ。身体能力に頼らないために冷静な判断をし堅実なプレーをしていた。なまじオフェンスの才能があるとCは外に出てしまうのだ。イバカがペイント内にとどまるのであれば、Cの補強はそれほど急務ではない。アダムスも故障に注意さえすればコリソンよりもフィジカルな良いCに成長すると思う。もちろんパーキンスさんには去ってもらうことになるだろうが…じっくりと頭の良い基礎のしっかりしたCを探してほしい。
ジェレミーラムくんは、かなり掘り出し物だと思う。彼は将来デュラント&サンダーの肝になるプレーヤーに成長できる可能性があると思う。
なんならランススティーブンソンを取ってみてはどーだろうか…格安だし、シックスマンになれる可能性は十分ある。彼のヤンチャな性格もデュラントやウエストブルックには感染しないだろうし…
[PR]
by hoopNBA | 2014-06-02 10:01 | ●イラスト入りストーリー


<< 2014オールNBAチーム スパーズ、カンファレンスチャンプ。 >>