人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ヒート&スパーズ、カンファレンスファイナル進出
「ブルックリン&ポートランド終了」

ヒート96-94ネッツ、スパーズ104-82ブレーザーズは共に4勝1敗で、ヒートとスパーズが危なげなく勝ち進みカンファレンスファイナルに進出しました。まっしゃーないですね力の差があり過ぎました。

ネッツはシーズン序盤キッド新HCは全くいいところがなかったのですが、思い切ってフランクACを外してからは、監督として思い通りの指揮ができたのではないかと思います。特にプレーオフに入ってからの終盤のタイムマネージメントはHCなのにコートでプレーしている時のような素晴らしい采配でした。さらにキッド新HCは、リビングトンを復活させチームに欠かせないプレーヤーにまで育てました。問題はネッツのロースターには未来がない。その辺りの人事がどーなるか楽しみではありますが、とりあえずブルックリンネッツの旗揚げとしては成功したのではないでしょうか。

ブレーザーズはレギュラーシーズンは…普通…でしたが、プレーオフに入りオルドリッジがついに開花しチームも勢いに乗って快進撃を続けました。オルドリッジが注目されがちですが、実はロペス弟の活躍がかなりこのチームには大きいと思います。MIP賞候補になってもおかしくないぐらいだと思います。さらにわたしのお気に入りのバテゥームくん、かなり大事なプレーヤーです。来シーズンはモーなんか取らずに、堅実なプレーヤーを補強すればロースターに厚みが出て安定するんじゃないでしょうか。
[PR]
by hoopNBA | 2014-05-15 23:16 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(2)
Commented by 通りすがり at 2014-05-17 12:41 x
そうですね、OKC戦でのジャッジは明らかに完全に納得行くものではないですが
それでもキッドがMIA戦でしていたような終盤の采配ができていたら勝てていたような気がします
優勝するチームには、最後の3分間、コート上をどれだけ賢い選手で埋められるかどうか、その点でのロスターの厚みが必要なのかもしれません
Commented by hoopNBA at 2014-05-18 11:10
通りすがりさん、ども。クロージングってむずかしいですねー。CP3もすでに今のチームではそーいうことはムリだと理解した上でのプレーだったんんでしょうねー。


<< ドックリバースHC罰金 サンダーvsクリッパーズ >>