人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ペーサーズリーチ
c0032016_7373076.jpg


「3点差」

プレーオフ中なのにテネシーに行かなくてはいけなくて、ブログを更新できませんでした…
ニューヨークに帰る途中にワシントンD.C.に立ち寄りました。
ワシントンD.C.は久しぶりのプレーオフ進出でめっちゃ盛り上がってました。

さて、ヒバートの病気が治ったので、ペーサーズが調子を取り戻したのか…
ウィザーズの魔法が解けてしまったのか…とにかくアトランタもワシントンも実はインディアナと良く似たメンタルな部分で勝てるゲームを落としてインディアナに逆リーチをかけられた。もはやインディアナが運が良いでは片付けられない。

4戦目のペーサーズ95−92ウィザーズ。前半終わって55-38と大きくリードしたにも関わらず第3クオーターで逆転される。しかしゲーム内容は悪くなかった。仮にペーサーズが元のレギュラーシーズン1位に近い調子に戻っているとしても、ウィザーズの方が強いのではないかと思わせるプレーぶりであった。ポイントは3点差ビハインドでのウィザーズのプレーである。なぜか…3Pを打って同点にしようとする傾向がウィザーズにはある。3Pを外す→ディフェンスでペーサーズに得点を与えない→3Pを外すの連続で、最終的にペーサーズにペイント内で2Pを決められて少しずつ離されていく。そーいうゲーム展開が多い。特に2戦目のペーサーズ86-82ウィザーズは何度もそーいう場面があった。なぜ3点差で3Pを打ち続けるのか…仮に9点差でもわたしは3Pを打つことに賛成はしない。あの3Pシュートでペーサーズは助かったのである。

たぶん、チームはウィザーズの方が強い。ただ、勝つ事ができない。これが経験の違いなのか1位のプライドなのか…わからないが…

なんとなくですがHCの問題じゃないかと思う。なぜなら、アルハリントンに期待しているからである。もうしわけないがウォールからのパスを想定できないアルのIQではカンファレンスセミは立ち行かない…

今の状況を打開するには…ウォール、ゴータットは当然として、わたしはアリーザだと思う。彼は経験している。(それとアンドレミラー。)
[PR]
by hoopNBA | 2014-05-13 08:08 | ●ニュースブレーカーズ


<< ガチで暗黒卿 バイナム救世主になれず今季終了 >>