人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
クリッパーズvsウォリアーズ
クリッパーズ105-109ウォリアーズ

第1クオーター、1-12という大失速で始まったゴールデンステーツだったが、タイムアウト後、落ち着きを取り戻す。第2クオーターに入り勢いに乗りたいクリッパーズだが、グリフィンがオフェンシブファールをして早くも3つ目のファールでベンチへ。ウォリアーズはディフェンスが機能し始め、徐々にペースを掴んでくる。逆にクリッパーズはディフェンスが崩れだし完全に個人技によるスコアでなんとかしのぐようになる。ハーフ終了で52-52のタイになる。
第3クオーターに入っても結構バタバタした展開なのだがグリフィンが少しずつオフェンスに貢献しだす。というかグリフィンって結構良いミドルを打つプレーヤーだと思っていたのだが、なぜダンクとかゴール下にこだわるのか全く理解できない。最終クオーターに入り、残念ながらどこのチームに行こうと結局CP3が最後は自力でなんとかしなければいけない状況は変わらず…しかしプレーオフではなんともならず109-105でゴールデンステーツがアゥエイで勝利する。

Cボガットを骨折で失いウォリアーズの劣勢は間違いなかったのだがクリッパーズはそのアドバンテージでさえ活かせなかったということになる。両チーム大量のターンオーバーで全体的に酷いゲーム内容でした。

マークジャクソンHCはプレーヤーを大切に育ててますねー。プレーヤーは幸せですねー。
[PR]
by hoopNBA | 2014-04-20 09:55 | ●ニュースブレーカーズ


<< ラプターズvsネッツ プレーオフ直前 >>