人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ウォリアーズ戦
c0032016_12334018.jpg


「美しいバスケをするチーム。」

久しぶりのホームで、ゴールデンステーツウォリアーズ戦。ウォリアーズといえば、カリーとトンプソン。
ゲームは116-103でニックス惨敗です。当然惨敗です。勝つ要素が一つもありませんでした。

生カリーと生トンプソン、凄かったです。今シーズンのマディソンスクエアガーデンでのゲームの中でも3本に入るナイスゲームでした。ナンバー1は1月9日のヒート戦。その次な昨日のウォリアーズ戦です。ニックスは負けましたが、ウォリアーズのプレーが美しすぎました。

ウォリアーズは現在最も美しいバスケをするチームの一つだと思います。
マークジャクソンはすばらしい監督ですねー。
(優勝できるチームなのかどーかというのは別の話ですが)

ニックスにも、チームの将来性と方向性が正しいというモノさえ見せていただければ、勝てなくても納得できると思うのですが。残念ながら、そーいうことを考えれるお方はニューヨークには存在しないようです。
[PR]
by hoopNBA | 2014-03-02 12:50 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(4)
Commented by NYKMSG33 at 2014-03-02 23:39 x
いつも楽しく拝見させて頂いています。
ニックスファンでLEAGUE PASSでニックス観戦しています。

なんとかプレイオフに進出してほしいのですが、いつ気持ちが切れてもおかしくない状態が続いています、、、チャンドラーはGSW戦別の意味で切れてましたが(苦笑)GSW戦勝てるとはそんなに思っていなかったのですが、予想を上回る惨敗でした。
スプラッシュブラザーズは未来もあって羨ましい限りです。
HOOPNBAさんの仰る通り、将来性があればいいのですがここ数年のニックスを見ている限り若手の成長はほんの少ししか見れていない様な感じがします。個人的には、メロがくる前のガリナリ、Wチャンドラーあたりが結構すきでした。
最近よく分からなくなるのですが、今シーズンのニックスはなんでこんなに弱いのでしょうか?昨シーズンが良すぎたのでしょうか?
Commented by hoopNBA at 2014-03-03 05:06
NYKMSG33さん、ども。NBAアナリストの中にはまだニックスはプレーオフに行ける。と言っている方もけっこういます。東海岸は勝率が低くてもプレーオフにいける状況ですから、そういう意味では可能性はまだあります。ただロードで9勝18敗のニックスに行けるはずもないという方も多くいます。ニックスが弱くなった原因はわたしにもハッキリとよくわかりません。ただ、いなくなったのがキッド師匠。来たのがバルニャーニ。という事実だけを見れば、この2人が敗因のカギの一つであることは間違いありません。個人的にはキッド師匠が去ったことは大きく影響していると思います。チームが集中してプレーできる時間が極端に短くなった気はします。キッド師匠は集中していない時間帯の多くをサポートしてきましたから、チームとしての耐久力が損なわれたと思います。
Commented by NYKMSG33 at 2014-03-03 09:22 x
返信ありがとうございます。
合点がいきました!キッドの存在はやはり大きいですね、、、
今のニックスにはフェルトンよりブリジオーニの方がPGとしては適任な様な気がします。ブリジオーニはリーダーとしての素質、IQは高いと思います。
ここ数試合は平凡なパスミスなど、チャンドラーへのパスのコミュニケーショのズレなども多発していて、チームがバラバラの様な気がしています。チームとしてまとまるきっかけが欲しいです。
Commented by hoopNBA at 2014-03-04 01:47
NYKMSG33さん、ども。キッド師匠のように、ほころびを作ろって、さらに流れを引き戻すことのできるプレーヤーは残念ながら今はいません。プリジオーニさんはニックスの中ではマシですが、ディフェンス一つとっても去年のキッド師匠の足下にも及びません。おっしゃる通り、バラバラというか、コート上の5人が同時にまとまる時間帯というのが、本当に短くなってます。


<< シカゴ戦 LAグレンジャー >>