人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAドラフト2005[ニュースブレーカーズ]
「NBAドラフト2005」

6月28日、ニューヨーク、マディソンスクエアガーデンで開かれたNBAドラフト。今年の1位指名プレーヤーはアンドリュー・ボガット(ユタ大C、オーストラリア出身)バックスに決まった。2位指名はマーヴィン・ウィリアムス(ノースカロライナ大F)ホークス。今回ノースカロライナ大から4人が指名された。

MSGのチケットがあるから一緒に行きましょうと誘われていたのに、仕事でいけませんでした。かなり残念。いっそのことNBAに就職したいと考えている今日この頃。

1. Milwaukee Bucks: Andrew Bogut, C, Utah
大方の予想通り、バックスは7フィートセンターのボガットを1位指名した。高い身体能力とダイナミックなプレーは、キングス、ブラッド・ミラー、レーカーズのコソボの英雄・ディヴァックを思い出させる。

2. Atlanta Hawks: Marvin Williams, F, North Carolina
ホークスに必要なのはポイントガードとセンターである。が2位指名権のあるホークスとしては、手に入れる事ができる最高のプレーヤー、ウィリアムスをみすみす手放したくないであろう。
アフロ・チルドレス、2004ダンクチャンピョン、ジョシュ・スミスと若きリーダー、アル・ハリントンにウィリアムスが加わればホークスのオフェンスはさらに強化されるが4人のフォワードをどう使うかがポイントであろう。

3. Utah Jazz (from Portland Trail Blazers): Deron Williams, PG, Illinois
昨シーズン6.8アシストの実力を発揮できるか。今のジャズならPGとしていきなり活躍できる可能性もある。

4. New Orleans Hornets: Chris Paul, PG, Wake Forest
もはやPJブラウンと高校生ルーキー・スミスしかいないホーネッツの新しいポイントガード。スピーディー・クラックストンとのPG争いか。

5. Charlotte Bobcats: Raymond Felton, PG, North Carolina
ブレヴィン・ナイト、ジェーソン・ハートとMVPナッシュと変わらないパーフォーマンスを発揮した最高のPGを揃えているボブキャッツがさらにポイントガードをゲット。3ポイントシューターの補強か?

6. Portland Trail Blazers (from Utah Jazz): Martell Webster, SG, Seattle Prep (WA)
どこまでも攻撃するのが好きなブレーザーズ。でもブレーザーズのプレーヤーはいつも大爆発する。勝てないが。

7. Toronto Raptors: Charlie Villanueva, PF, Connecticut
オカフォー、ゴードンと一流プレーヤーを輩出しているコネチカット大からチャーリー・ヴィラヌエヴァ(?)。今やラプターズの顔となったPFクリス・ボッシュとPFコンビを組ます予定らしい。

8. New York Knicks: Channing Frye, C, Arizona
遂にニックスはセンターを指名した。チェニング・フライ(アリゾナ大)高いフィールドゴール成功率とブロックが魅力らしい。キャンビーのようでもある。サンズにトレードされたKトーマスの代わりに新しいニックスのセンターになる事ができるか。

9. Golden State Warriors: Ike Diogu, PF, Arizona State

10. Los Angeles Lakers: Andrew Bynum, C, St. Joseph's High School (NJ)
アンドリュー・バイナム。7フィートの高校生。彼がフィルジャクソンのトライアングルのセンターになるのか。

11. Orlando Magic: Fran Vazquez, PF, Spain
メンフィスのフランチャイズ、ポール・ゴゾルと同じスペインからやってくる、フラン・ヴァズクエズ(?)。ヨーロッパでは、かなり凄いプレーヤーらしい。昨年ドラフト1位指名のドゥワイト・ハワードとフロントコートをプレーすることになるだろう。メディアは期待している様子。グラント・ヒルが万全なら、マジックはかなりいい補強をした事になる。

12. Los Angeles Clippers: Yaroslav Korolev, SF, Russia


13. Charlotte Bobcats: Sean May, PF, North Carolina
来シーズンもオカフォーが孤軍奮闘しそうなドラフトになってしまった。2年目のボブキャッツには頑張ってほしいだけに、トレードにも期待したい。

14. Minnesota Timberwolves: Rashad McCants, SG, North Carolina

15. New Jersey Nets: Antoine Wright, SG, Texas A&M

16. Toronto Raptors: Joey Graham, SF, Oklahoma State

17. Indiana Pacers: Danny Granger, F, New Mexico

18. Boston Celtics: Gerald Green, G/F, Gulf Shores Academy (TX)

19. Memphis Grizzlies: Hakim Warrick, F, Syracuse

20. Denver Nuggets: Julius Hodge, G/F, North Carolina State

21. Phoenix Suns: Nate Robinson, G, Washington

22. Portland Trail Blazers (from Denver Nuggets): Jarret Jack, G, Georgia Tech

23. Sacramento Kings: Francisco Garcia, G/F, Louisville

24. Houston Rockets: Luther Head, G, Illinois

25. Seattle Sonics: Johan Petro, C, France

26. Detroit Pistons: Jason Maxiell, F, Cincinnati

27. Denver Nuggets (from Portland Trail Blazers, from Utah Jazz): Linas Kleiza, F, Missouri

28. San Antonio Spurs: Ian Mahinmi, F, France
フランス人プレーヤーが2人もいるチームはスパーズだけだろう。イアン・マイミ、ロッドマンのように気性が激しいらしいが、現在のスパーズでその気性の荒さを見せるまでには2年はかかるだろう。

29. Miami Heat: Wayne Simien, PF, Kansas

30. New York Knicks: David Lee, F, Florida
[PR]
by hoopnba | 2005-06-30 11:20 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBA/FAプレーヤーレポート... 移籍の噂:ジャマール・マグロイ... >>