人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
采配ミス
c0032016_141302.jpg

「ニックスは間違っている。」

結果、ワシントン102-101ニューヨーク。残り7秒でウィザーズのSGブラッドリービールがPGビーノウードリックを抜き去りレイアップを決め、終止符を打ちました。

なら、まだいーんですが、まだ6秒ちょい時間あったんですが…ウッドソンHCはタイムアウトを取らずにプレー続行させ、メロはむちゃくちゃな体制のままシュートを打ち、当然入らずゲームオーバー。

昨夜は前半42-53で負けていたが、第3クオーターで78-75と逆転した。最終クオーターに入り抜きつ抜かれつの攻防が続いたが、今季全くいいところのなかったJRが3Pを立て続けに決めてゲームを決めたよーに見えた。が、最後は逆転され、さらにタイムアウトを取らずに負けた。

間違いなくウッドソンHCの采配ミスである。逆転されて、たいして調子も良くないニックスをそのままタイムアウト取らずにプレーさせたのだ。が、最終クォーターの戦い方がそもそもウッドソンHC最大の采配ミスなのである。

最終クォーターに入りウィザーズは立て続けに3つのファールをし、残り8分40秒で既にチームファールは5に達していた。(NYのチームファールは1)その時点で82-81と1点差勝っていた。わたしは「勝ったな。」と思った。当然である。ポポビッチならフリースローで逃げ切る。間違いない。ポポビッチでなくてもそーする。残り8分40秒、24秒フルに使って、ペイント内でファールをもらってフリースローを打ち続ければ勝てる状況だったのだ。フェイク1つ入れればウィザーズの若いプレーヤーは飛んで来てファールするのだ。さらにウィザーズのビッグマン達はみんなファールトラブルだったのだ。にも関わらずウッドソンは3Pを打たせ続けた。結果メロやJRが3Pを決めて逆転はしたのだが、それは結果論である。たまたま入っただけである。ほぼ間違いなく勝てる戦術があるのに、それをしなかったのは(しかもワシントン相手に)間違いなく采配ミスである。

マディソンスクエアーガーデンのファンはJRの逆転シュートで盛り上がっていたが、わたしは完全に冷めてしまった。3Pを打つ必要性などどこにもなかったのだ。
[PR]
by hoopNBA | 2013-12-18 00:15 | ●ニュースブレーカーズ


<< コービー骨折 ジングルフープ >>