人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ボストンとブルックリン
「ネッツいきなり平均年齢上げる。」

まだ「決まった!」とは言えないのですが、既にご存知かと思いますが、ボストンのKG&ピアース+テリーがブルックリンネッツに来るよーです。
ブルックリンからはハンフリーズ、ウォーレス、ブルックス、ボーガン+2014年2016年2018年の3つのドラフト1巡目指名権がボストンに行くそーです。

ボストンの一つの時代が幕を閉じた。ということですね。これからはロンド達若手が背負って行くことになるのでしょう。まあ前回のアルジェファーソンみたいに市場価値を上げてトレードとかしそーですけど。

ブルックリンはキッド監督になって何か新鮮なことやってくれるのかと思ったのですが、まさかのベテラン穫り。ピアースは来季満了、KGとジェットは2年なんで、来シーズンの短期優勝狙い。ということでしょうが、せめてピアースはボストンで引退してほしかったですね。とはいえテリーは$5.2ミリオン、ピアースは$15.5ミリオン、KGにいたっては$11.5ミリオンとマックス契約が相次ぐ昨今の状況に比べると妥当なのではある。なんせハンフリーズが$12ミリオンなんだから、そりゃKGの方が役に立ちます。そう思うと最近のビッグネームのトレードにはいささか嫌気がさしますが、金銭的にはボストンはなかなかシビアな契約をしていたのだなと関心したりもします。ブルックリンも過大評価しちゃってバカみたいに高額契約してしまったプレーヤーを放出できてちょっと嬉しかったりするのかも。

KGやピアースとあーだこーだと話し合いながらコーチするキッド監督もアリなのかなと。

しかしブルックリンはこれで本当に本物のフランチャイズプレーヤーを5人揃えちゃいましたね。

アナリストたちはマイアミ、インディアナ、シカゴに続いて4位ぐらいの評価である。
[PR]
by hoopnba | 2013-07-01 23:58 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(4)
Commented by トミィ at 2013-07-02 08:01 x
うわぁぁん!
やっぱりそうなんですね…
ピアース・KGの移籍。
ボストンファンの私はどうすればっ(/ _ ; )

せめてピアースは最後までセルティックスでいて欲しかったです。

リバースHCもピアースもKGもいないセルティックスで
ロンドくんの真価が問われますね。

それにしても悲しすぎる(´・ω・`)
Commented by Rose at 2013-07-02 15:13 x
ピアースは、最後までボストンに残ってチーム記録を更新していってほしかったですので、残念です
ボストンは、ロンド中心にいくにしても、ドックの代わりをなんとかしないと ロンドワガママそうだし笑
ブルックリンは、誰がエースになるんですかね?ピアースもジョンソンもまだいけると思いますが、やっぱりデロン?昨シーズンは失敗のイメージがあるんですけどね
これで、ヒートの開幕戦はブルックリンになる予感です
Commented by hoopNBA at 2013-07-03 06:41
トミィさん、ども。KGやアレンが来る前の不遇の時代をこの年でまた経験しないといけないのかと思うと、出て行きたい気持ちもわからなくもないです。
Commented by hoopNBA at 2013-07-03 06:43
Roseさん、ども。誰もエースじゃない感じですよね。フランチャイズプレーヤーを集めた、良い時のデトロイトピストンズ。みたいになるんでしょーか。みんな譲り合いしたりして。ちょっとデロンには荷が重くなりましたね。キッド監督がエースということで。


<< FAランキング アントンウォーカー監督 >>