人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ヒートカンファレンスチャンプ
ヒート99-76ペーサーズ

総評1、「ペンダグラフにゲームを台無しにされる」。
こんなチンピラみたいな奴がいるチームは絶対に勝てない。勝たせたくない。
「ペーサーズは相変わらず野蛮やな。」と失望させられる、しかも全国放送で。

総評2、最初から今日みたいにやったらもっと楽に勝てたんちゃうの、ヒート?っていう最終戦でした。「ヒバートにしかけてファールトラブルにする。」普通第2戦ぐらいでは気が付くはずの戦術を最終戦でやりました。ポポビッチなら第1戦からやってたでしょう。ザックにやったように。
ポポからすればペーサーズの方がやり易かったでしょう。

ペーサーズですが、個人的な意見を言いますと、ニックス戦まではジョージがなんとなくエースだったのに、ヒート戦になってヒバートが完全にエースになった。せっかく開花したジョージの持ち味がどんどんなくなっていきました。わたしはフランチャイズプレーヤーのいないペーサーズだから勝って来たんだと思うのですが…
これはメディアも悪い。ジョージからヒバートへ手のひらを返しました。こんなことなかなかないですよね。メディア慣れしていないペーサーズは踊らされました。HCさえも戦術に影響が出たんじゃないかというほど。どーせならスティーブンソンくんを持ち上げたらオモシロかったのに。(まあメディアの話は冗談です。)
ヒバートはさらに自分で地雷踏みましたね。大事な時に小学生ぐらいしか言わない「ホモじゃない」発言してしまいました。ヒバートは絶対にペーサーズの顔になっちゃいけないプレーヤーだと思うんですよね。「ヒバートくんファンはちゃんとわかってるからね。君がチームで一番重要なプレーヤーだということは。」というポジションでそっとしておくべきだった。

まあ、敵地マイアミで優勝経験のあるチームに勝つのは難しいですよね。

ということで、スパーズ対ヒートとなりました。
[PR]
by hoopNBA | 2013-06-04 12:55 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAファイナル予想 速報キッド引退 >>