人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
マイアミキャバリエーズ
「キャブスの日々が帰って来たようだ。」

もうビッグスリーではない…たしかに…レブロンが言ったように…
「キャブスの日々が帰って来たようだった。」

ミルウォーキーでちょい活躍して自己評価を上げ過ぎた「できるPGを装い落ち着いた顔」だけしているモーの代わりにウェイドがいるということ。
リバウンドを取りまくり、オフェンスファールを取るためにゴールしたでいつもお尻からコートに滑っていたバレージャオとの代わりにボッシュがいるということ。
キャブス一筋で老体にムチ打ってジャンプシュートを決めていたビッグZの代わりにハスレムがいるということ。
ウィザーズ時代に過大評価され鳴り物入りでやってきたが全く使えなかったヒューズの代わりにアレンがいるということ。
なんとなくマスコットキャラになっていた3Pシューターギブソンの代わりにチャルマーズがいるということ。
今プレーオフでレブロンを一番救っているのはチャルマーズだと個人的におもっています。彼…何か変わったよね。良い意味で。今のところ。
まだまだ駆け出しだったファール要員ヒクソンの代わりにバードマンがいるということ。

そう考えると、ボッシュとバレージャオ以外はキャブス時代よりも良いということになるか…

悲しいかな…レブロンがレブロンにならないといけない状況はどこに行っても変わらなかったとうことですね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-31 23:06 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(14)
Commented by おっさん at 2013-06-01 02:16 x
お久しぶりですー
いやー間違いなくペイサーズに勝てているのは、
レブロンと、本来それを支えなきゃいけないウェイドとボッシュではなく、ハスレムとチャルマースですねー
特にボッシュはヒバートに対抗できないのは分かるんですが、腰がひけすぎて存在感なさすぎですね。しかし、バードマンはいい買い物しましたねー
Commented by hoopNBA at 2013-06-01 03:10
おっさん、ども。バードマンがあそこまで動けるとは思ってなかったでしょうねー。ヒートにきたビッグマンの中で唯一成功したプレーヤーですね。
Commented by メロメロ at 2013-06-01 15:38 x
それレブロンが言ったんですか?
またざわつきそうなことを。。。
Commented by Rose at 2013-06-01 18:21 x
ざわつきそうなコメントやけど、実際現状そう見えるので、しょうがないので?
キャブスよりレベルは上ですけど、結局レブロンの負担は変わってないんだし
本来なら、FLASHが率先して、負担を半分にしなきゃならないのに、どうしたんやろ?

Commented by ぷよっち at 2013-06-01 18:53 x
はじめまして、この発言はどういう意味なのでしょうか?
キャブス時代のように大エースとして調子いいぜという意味なのか、周りに対して使えないksと暗示しているのか。
Commented by メロメロ at 2013-06-01 20:48 x
現状はそうだとしても、それを言ってしまうということはもうスリーキングではない、俺たちは対等じゃないとぶっちゃけてしまったんですね。
Commented by ればんが at 2013-06-01 23:16 x
「レブロン、ボッシュ、ウェイドの3人だけに頼りきったチームじゃない。 マイアミは誰であってもヒーローインタビューを受けれるチームだ。」

そういう風に私は解釈しましたが…それをhoopNBAさんお得意の、愛ある皮肉で表現したんでしょうきっと。

独自のクセがあって、好きな選手やチームがネタにされたら不快に思う方もいるかもしれませんが、私は何年も楽しんで読ませてもらってますよ^ ^
Commented by hoopNBA at 2013-06-02 05:02
メロメロさん、ども。ウェイドもボッシュもダウンしていた。オレがなんとかするしかないと思った。ということですから、状況判断するとレブロンしか元気なのがいなかった。ということですね。これは正しい判断ですね。ボッシュとウェイドを差し置いて目立った。ということではありませんから。
Commented by hoopNBA at 2013-06-02 05:03
Roseさん、ども。おっしゃる通りですね。レブロンが言わなくても、周りはすでにそう思ってますからね。レブロンが入ってもフランチャイズはウェイドだ!とはもう誰も思ってないじゃないでしょうか。ウェイドもそこは計算違いだったですね。
Commented by hoopNBA at 2013-06-02 05:08
ぷよっちさん、ども。わたしはただのノスタルジックなコメントだと思います。毎試合そー思ってプレーしているわけではありませんから。キャブス時代は傲慢に思えた発言かもしれませんが、今、仮に非難されるとすればレブロンではなくボッシュとウェイドだと思います。
Commented by hoopNBA at 2013-06-02 05:11
メロメロさん、ども。スリーキング(ビッグスリー)でなくしてしまったのはレブロンではありませんから…責任の所在は他の2人にあるでしょう。レブロンが他の2人と同じようにプレーしていれば、シカゴにも負けていますし、どちらにしてもレブロンは非難されているでしょうし、やるしかなかったんですよ。マイアミは好きじゃありませんが今回はレブロンを擁護します。
Commented by hoopNBA at 2013-06-02 05:15
ればんがさん、ども。わたしはレブロンを非難するために書いたのではないですよ。レブロンも深い意味はない発言だったのではないでしょうか。わたしはそう思って書きましたが…。レブロンは彼なりにチームのバランスを取ろうと毎試合気を使ってるんじゃないでしょうかね。ただプレーオフになったら勝つしかないので、遠慮しなくなった。ということでしょう。他の2人が怪我をしているとはいえ実力差がついちゃいましたからね。
Commented by ぢょ at 2013-06-04 02:37 x
昨年、ヒートは優勝を果たし、今シーズンはこれまで以上にプレーオフを焦点にしたチームの底上げをシーズン開始当初からやっていたように見えました。
ハスレムとチャルマースは、単純に積み重ねてきた成果が出たと感じているのではないでしょうか。ウエイドが万全でなくても、勝っているのはチーム力だと思います。ビッグセンターがいなくても、チームでこれだけのパフォーマンスを出せているのはスゴイかと。

ウエストブルックのケガは残念でしたが、結果が出なかったという意味ではサンダーとヒートは明確な差があったと思います。
Commented by hoopNBA at 2013-06-04 02:57
ぢょさん、ども。おっしゃる通りですね。


<< バードマン出場停止 ヒートやっとリーチ >>