人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
マイアミキャバリエーズ
「キャブスの日々が帰って来たようだ。」

もうビッグスリーではない…たしかに…レブロンが言ったように…
「キャブスの日々が帰って来たようだった。」

ミルウォーキーでちょい活躍して自己評価を上げ過ぎた「できるPGを装い落ち着いた顔」だけしているモーの代わりにウェイドがいるということ。
リバウンドを取りまくり、オフェンスファールを取るためにゴールしたでいつもお尻からコートに滑っていたバレージャオとの代わりにボッシュがいるということ。
キャブス一筋で老体にムチ打ってジャンプシュートを決めていたビッグZの代わりにハスレムがいるということ。
ウィザーズ時代に過大評価され鳴り物入りでやってきたが全く使えなかったヒューズの代わりにアレンがいるということ。
なんとなくマスコットキャラになっていた3Pシューターギブソンの代わりにチャルマーズがいるということ。
今プレーオフでレブロンを一番救っているのはチャルマーズだと個人的におもっています。彼…何か変わったよね。良い意味で。今のところ。
まだまだ駆け出しだったファール要員ヒクソンの代わりにバードマンがいるということ。

そう考えると、ボッシュとバレージャオ以外はキャブス時代よりも良いということになるか…

悲しいかな…レブロンがレブロンにならないといけない状況はどこに行っても変わらなかったとうことですね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-31 23:06 | ●ニュースブレーカーズ


<< バードマン出場停止 ヒートやっとリーチ >>