人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
スパーズ4連勝でカンファレンスチャンプ
スパーズ93-86グリズリーズ

何のドラマもなく終了。スパーズがウエストカンファレンスチャンプになりました。
ウエストブルックの怪我と、レーカーズの失速が、スパーズを楽に勝たせてしまいました。
結果的にスパーズを一番苦しめたのはGSWということですね。
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-28 12:51 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(4)
Commented by Bobbie at 2013-05-28 22:53 x
おっしゃるとおりですね。MEMにはがっかりです~・・・こうしてみると改めてGSWはすごかったですね!
Commented by hoopNBA at 2013-05-29 00:42
Bobbieさん、ども。あれだけの差がスパーズとグリズリーズにあったということは、クリッパーズなんてスカみたいに弱いってこと?じゃプレーオフにも出れないチームって…
Commented by にっしー at 2013-05-29 15:49 x
このシリーズ一試合も見てないのですが、どうしてこうなったのですか?
あまりにも予想外過ぎます。クリッパーズは割りと派手さが先行して、実際以上の強さに見えるという印象ですが、グリズリーズは身を伴った強さだと思っていたのですが。経験値と指揮官の差ですか?地力からして手も足も出ない感じでしたか?
Commented by hoopNBA at 2013-05-30 11:15
にっしーさん、ども。一番の違いはコミュニケーションでしょうか。しかも高いレベルで。スパーズはザックにカギをかけて、毎試合、同じプレーの繰り返しをしただけでした。メンフィスはそれに対して何の対処もできませんでした。手も足もでませんでした。というか手も足も出せませんでした。どー出せばいいのかHCは考えれたでしょうが、普段からそーいう訓練はされていないよーでしたのでプレーヤーにさせる事は出来なかった。ということではないでしょうか。メンフィスは弱くはないでしょう。というかもっと弱いところがある。スパーズとサンダーが頭一つ以上抜けてるというだけで。


<< ペーサーズ勝ってタイ ペーサーズ、ホームで負ける。 >>