人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ペーサーズに敗れる
c0032016_1149499.gif


「どこまでも立ちはだかるペーサーズ。」

あれだけ地味なんでゲーム見ませんでした。と言っていたのに、いざ人ごとではなくなってしまうと、もうその圧倒的な存在感で正直どーすれば良いのかわからない状態であります。

まずサイズがある。これはドデカいアドバンテージである。
ヒバート、ウエスト、ジョージ、ハンズボロに対してチャンドラー、メロ、アニキ、コープランドでは立ち行かない。
経験豊富で確かな技術に裏付けされソツのないプレーをするPFウエスト
グレンジャーよりも控えめなエースSFジョージ。
年々プレーが安定してきているCヒバート。
今のチームにフィットしているPGのよーでないPGヒル。

ニックスが安定供給できるスコアラーはフェルトン、メロ、JR
ペーサーズはヒバート、ウエスト、ジョージ、ヒル

後はどちらも安定はしていない。が気になるのはDJオーガスティンとSGスティーブンソン。
スティーブンソンはNYが地元。オーガスティンはかつてボブキャッツ時代のフェルトンの控えPG。
燃えないわけもない。

さらにレジーミラーから続く因縁のカード。

現在ウッドソンさんがディフェンスの修正をしているそーです。
次、勝てないとかなりヤバいと思います。

キッド師匠、出番です。(アマレ期待してないけど…とにかくDO SOMETHING!)
[PR]
by hoopNBA | 2013-05-07 02:45 | ●イラスト入りストーリー


<< セミファイナル第1戦 ネッツがフィルジャクソンに… >>