人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
プレーオフ1回戦第1試合
「プレーオフ1回戦第1試合」

さすがにプレーオフになると全チーム「ガチ」ですから、あきらめませんよね。

ニックス85-78セルツ:当然ニックスもセルツもプレーヤー全員が絶好調というわけではないので、それも加味した上でも、力の差がほとんどなかったですね。特にニックスのCチャンドラーのプレーオフに対する姿勢には失望しました。本当にリング持ってるのか?メロのこのプレーオフに賭ける意気込みはとてもすばらしかったです。それでも、五分の戦いを制したのは「キッド師匠のおかげ」と言っても過言ではないでしょう。最終クオーターのキッド師匠はゲームを完全に支配しておりました。

ナゲッツ97-95ウォリアーズ:残念ながらデビッドリー様がケガをして今季終了しましたから、ボガットがよほど健康&絶好調でない限り、ナゲッツに勝つのは難しくなりました。

ネッツ106-89ブルズ:ちまたではブルズがちょい有利だという意見が多かったのですが、結果はネッツの圧勝でした。ここまでブルズが仕事ができないとは思ってもみませんでした。ノアがまだ全治していないのと、デンが仕事できなかったのが大きいですかねー。ネッツは全員が役割果たしてましたねー。レジーエヴァンスはロペス兄の負担をかなり軽減してますよね。

クリッパーズ112-91グリズリーズ:個人的にメンフィスに勝って欲しかったのですが、ビッグマンいい仕事できませんでしたねー。コンリーJRもCP3についていけなかったですねー。(すみません、あんま真剣に見ませんでした。あれだけCP3好きだったのに、今のクリッパーズのCP3には何の興味もわかないという…どーしてだろー。チャウンシー師匠に対しても過去の尊敬の念が今はない。なぜだ?)

ペーサーズ107-90ホークス: ホークスは、ペーサーズのディフェンスに手のうち用がなさそーですねー。さらに打開するほどのスコアラーもホークスにはいない。ペーサーズってチームもプレーヤーの知名度も地味なのに、すごい太々しくて勝ち気なのが伝わって、イラっとします。例えばヒバートのあの目…(すみませんペーサーズファンの方、悪気はありません)

スパーズ91-79レーカーズ:ここはレーカーズがスパーズに1勝できるのかどーかというのが見所というか…1つでも勝てたらダントーニを多少見直します。主力にムリをさせずに、ペイント外で相手のミスを誘うスパーズディフェンスは相変わらずえげつない。ポポも顔のシワの深さがさらにえげつない。(世界平和が3Pをブロックされたのに、ボールがリングに向かって飛んで行ってると錯覚して、ボールの行方を追っていたら、めっちゃ手前に落下して、我に返ったのがめっちゃウケました。)

ヒート110-87バックス:途中までは頑張ってたんですけど、ヒートディフェンスに体力を消耗してしまいました。さらにたまにトップギアに入れたレブロンに戦意喪失さえしてしまいそーでした。あと、バードマンめっちゃ粋でした。いつものヒートファンの白いTシャツはコワい。レジーミラーはバックスPGジェニングスをべた褒してましたねー。ここも1勝できるのか?どーかというところでしょうか。

サンダー120-91ロケッツ:まっ、やっぱハーデンでは歯が立たなかったですね。自分がなぜシックスマンだったのかというのを痛感したかも。ただロケッツをプレーオフに進出させた功績は大きいと思います。たぶん1勝もできないでしょーけど…残念ながら。

イースタンカンファレンスはヒート以外の7チームは実力そんなに変わらないよーな気がします。例えばニックスがバックスとゲームをしたら、結構ヤバいんじゃないかとも思いますし。
ネッツとゲームをしたってニックスは勝てるかどーかわかんないほど、実力差はないですよね。

ウェスタンカンファレンスはサンダーとスパーズが抜けてますね。クリッパーズは戦略しだいでは攻略できそーですよね。それをメンフィスができるのか?というのはわかりませんが。
[PR]
by hoopNBA | 2013-04-23 02:50 | ●ニュースブレーカーズ | Comments(0)


<< プレーオフ1回戦第2試合 hoopnba投票 / ウェス... >>