人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
伝説のニックス対ネッツ戦


「Are You KIDDing ME !!!!」by HoopsHype

今日のゲームはまちがいなく「伝説」になるでしょー。

ひとことで言うなら、このゲームは「実写版、湘北vs陵南」である。

「ひとり雄叫び」するゲームはけっこうあるけど
「ひとり拍手」するゲームはそんなにない。
さらに
「目頭が熱くなる」ゲームとなると……ない。(ニックスファンだからかもしれないが)

…そーいうゲームです。

スタッツだけみれば「メロがひとりで頑張った。」みたいなゲームに見えますが、そーではありません。(もちろんめっちゃ頑張ってましたが…そーいう感覚は本人ないんじゃないんですかねー今は。)

総合的に判断して「ネッツの勝ちゲームだった。」と言ってよいでしょう。

ニックスは毎度のことながら、とても耐えました。耐え切れてないところも多々ありましたが、これ以上望むわけにはいきません。

ただ、ニックスとネッツとの、とてつもなく大きな差が、時間の経過とともに現れて来ました。
「デロンとフェルトン」そのポテンシャルの違いに、今日、フェルトンくんは絶望したに違いありません。が、フェルトンくんは、最後は受け入れたよーでした。

最終クオーター、ずーっと5点差の攻防が続きます。これは一見退屈ですが、とても見応えがありました。(キッド師匠のディフェンスは神業です。)

そして、ギリギリの攻防の中、少しずつ点差を詰め3点差にし…

キッド師匠の3Pドーンで残4分でついに同点にしたニックス。

そして残24秒、

フェルトン「キッドさん、ぼくじゃダメなんです今日は…だから…頼みます。」的なパス。
キッド「フェルトン…おまえは良く頑張ったよ…。ただ…おれは最後まであきらめないぜ!」的な3Pを放つ。(スタックハウスが鬼の形相でディフェンスに来る)

デロンに打ちのめされたフェルトンがキッド師匠にパス&キッド師匠「伝説の3Pシュート&ファール」で3点勝ち越し。(この2人がイケメンだったら腐女子が萌えないはずがないシチュエーション)


そして、残24秒のネッツの総攻撃をニックスは耐えゲームセット…

わたしの好きなポイントは、第3クオーター残り2分を切って9点差までひらいた点差を、ラシードアニキの3Pで6点差に戻したところかな。あそこを点差を二ケタにしなかったのは大きいです。ニックスはいつもベテランに大事なところを助けてもらってます。

ネッツですが…強いです。特にジョージョンソンの存在はデカいです。今がどーのこーのじゃなくて、これから先、とてつもなく役に立つよーな気がします。あとブラッチくん…成長しましたねー。エイブリーHCにしごかれてそーですよねー。ロペス兄とハンフリーズと練習すれば、そら上手くなるでしょー。
[PR]
by hoopNBA | 2012-12-12 12:03 | ●ニュースブレーカーズ


<< ニックス対レーカーズ NYKランキング3位 >>