人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ブルックリン対ボストン
「スター渋滞。」

ブルックリンネッツのバークリーセンターでのボストン戦。
結果115-85でボストンが余裕で勝利しました。

まあ、ド派手なブルックリンネッツのスターター
PGデロン、SG JJ、SFウォーレス、PFハンフリーズ、Cロペス
ベンチにもブラッチェ、チルドレス、テレコビッチ、エヴァンスと充実のラインアップ。

まあプレシーズンですから、相手がベテランのボストンだから、とは言うもののHCエイブリーさん、ケミストリー一切なしのチームに、頭かかえてるんじゃないでしょうか。

PGデロンはトップスピードのアシストに慣れていない。(まあ、まだテッパンが誰とも出来ていないということですが。)
SGジョージョンソンは、アトランタの役割に慣れ過ぎて、SGとしてまだ機能していない。
SFウォーレスは、わたしは彼が一番問題だと思うんですけど、ボールを追い過ぎ。ゴール下でロペス兄の邪魔になってる。わたしの中ではウォーレスは奇跡的にNBAに順応したアンソニーランドルフぐらいにしか思ってません。ファンタジープレーヤーではあります。
PFハンフリーズは、ロールプレーヤーなんで問題なし。交通渋滞でプレーする場所がない。
Cロペス兄も交通渋滞でプレーする場所がない。

思い切ってSFウォーレスは6thマンが良いのでは。というか、知名度のこだわらずバランス取ったら、恐ろしいセカンドユニットできると思うんですけどねー。そーもいかないんでしょーけど。

まあ、いきなり、ビッグネームだらけになったんですから、大変ですね。そのうちなんとかなるでしょう。

かたや老朽化が進むボストンと思いきや、昨シーズンより良くなってる気もする。
レイアレンは素晴らしいプレーヤーだった。ビッグスリーの中で一番男前だった。レイアレンがボストンに行かなければガーネットも行ってないのだから。談合なしで結成したガチのビッグスリーである。

が、昨日のゲームでは、レイアレンの代わりはテリーで十分補っていた。さらにコートニーリーがスローなボストンの良いスパイスになっている。アレンが出来なくなったモノを3P以外は全部持っている。(ちょっと言い過ぎたか…)ボストンの問題はあいかわらずビッグマンである。このチームにはグレンデービスやバレージャオのようなCの方が合っているのかもしれない。が、パーフェクトなチームなどオモシロくないので、このくらいでちょうど良いのかもしれない。

クリックよろ。c0032016_1185472.gif
[PR]
by hoopNBA | 2012-10-19 22:35 | ●ニュースブレーカーズ


<< ノビ6週間アウト NBAファンタジーゲーム第2リ... >>