人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAファイナル 第2戦
「20-5」

NBAファイナル第2戦。100-96でアウェイのヒートが勝ち、1勝1敗のタイになり、サンダーはホームで痛い敗戦。ヒートが優位にたった。

世の中そんなに甘くはなかった。

いつもよりもスロー過ぎた立ち上がり「20-5」が、そのまま最後まで重くのしかかり、取り返す事ができなかった。結果的にはこれが一番大きなサンダーの敗因であろう。

今日は妙に勝負したがりのデュラント。「レブロンの全てに勝ちたくなったのか?」
おかげで早々と2ファールでベンチ。普通にジャンプシューしてればいいものを。さらにデュラントに続いてウエストブルックも2ファールでベンチ。

確かにヒートはボッシュをスターターに、さらにコールを起用するなどしていたが、結局はウェイドとレブロンである。ヒートが特別良かった訳ではない。良かったのは「あいかわらずバティエ」である。

それどころか、空回りはしていたものの、サンダーのチーム戦術はブレなかった。

どれだけ点差が開いてもヒートの戦術では、いずれサンダーが組織的に追いつくのは時間の問題であった。それが48分以内に間にあうのかどーかということだけだった。

結果、間にあわなかった。それだけである。

バティエとコリソンのプレーは泣ける…
あとレブロンのシュートを何度もブロックするイバカ…イカす…




解説者はボッシュが活躍したとあーだこーだ言っているが、数字ほどの活躍はしていない。
ほとんどフリーのシュートと、誰も競わなかったリバウンドである。
相変わらず競り合いには完敗である。

今日のヒートも、それほどオモシロくはなかった。(バティエは除く)
勝てば、オモシロさなどどーでも良いのかもしれないが。
[PR]
by hoopNBA | 2012-06-15 12:56 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAファイナル第3戦 アレン&ピートラス手術 >>