人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ESPNがリンへ差別用語
ESPNのライターがリンに対して中国系移民差別用語を使用し解雇された。
さらにアンカーも差別用語を口にし30日のサスペンションになった。

使われた言葉は
chink in the armor

もともと、このことわざは、騎士が槍で突かれて装甲にヒビが入っているという
「パーフェクトじゃないよ。」みたいな意味のことわざらしいのだが、
"You have a chink in the armor"というよーに使うらしいが、わたしの同僚のアメリカ人曰く生まれてから一度も言われた事も使った事もないぐらいの死語らしい。

ただ、Chink(チンク)というのが中国系移民に対する差別用語でもある。

ニューオリンズ戦でTOを9つもやってしまったリンのプレーに対しての記事のタイトルなのだが、ライターは差別用語として使用したわけではない。と主張しているが…
わざわざ使う言葉でもなかったかな…という感もあるので、ウマく言い訳できるように使いつつ、多少なりとも”皮肉”を含ませたかったのは確かだろう。ライターにとっては絶妙な言い回しだったに違いない。
さらにリンがヴァスケスにスティールされている写真にそのタイトルがついているというのが、ちょっと逃げ切れなかった感じではある。

このブログでさえ、9TOの時は、辛口コメントが多かったので、アメリカでも当然のように問題視されたということです。それが、まあ「鬼の首を取ったよー」な感じになっちゃったんですね。

この「チンク」という蔑語を、わたしはヤンキーススタジアムで一度言われた事がある。
ゲーム後にパーキングからクルマを出しているときに、混んでいるので、順番に出て行くのだが、若い白人のカップルの乗ったクルマが割り込んできて、その時に、女性の方が、指で目を横に引っ張って、目を細くして「チンク!」と叫んできた。まあ、こーいう使い方である。

アジア系移民やアジアンアメリカンに対しての差別は日常茶飯事なのだが、リンくんのように超人気者になったアジア系アメリカンは、ほぼいないので、今回明るみになった。みたいな感じである。





c0032016_34411100.png

[PR]
by hoopNBA | 2012-02-21 03:45 | ●ニュースブレーカーズ


<< hoop投票/オールスター・ス... ジェレミーリン&ニックス連勝ストップ >>