人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ジェレミーリンくんは…
c0032016_14175994.jpg


Legend In New York」

どこも雇ってくれないので、ニューヨーク大学に通っている弟のアパートのソファーで寝泊まりしていたジェレミーリンくん。

そしたらニックスから電話がかかってきたらしい…

今夜のレーカーズ戦のニックスのロースターはチャンドラー以外は全員$2ミリオン以下のプレーヤー。
それでも、今日もレーカーズに勝って、現在リンくん率いる格安ニックス4連勝。
しかもリンくん、ダブルチームまでされてましたけど…

仮に、仮にですよ…

明日、リンくんが活躍しなかったとしても、ニックスを4勝させたのはリンくんであり、
年棒は$0.76ミリオンのプレーヤーが4勝させたんだから、十分元取れてるでしょー。と思うのである。

たとえば$18.5ミリオンの人気者がニックスにいたとして。彼が82ゲームプレーしたとして、1ゲーム$0.22ミリオンなんだから、もしもリンくんが、明日ついに不調になったとしても…

もちろん、ジェレミーリンくんが、このままの100%以上の気合いの入ったプレーを続けていると、必ずケガするでしょう。

しかし、彼には、それをするしかない状況なのです。じゃないと明日はないのですから。

気の抜けたプレーをして、蝶ネクタイしてるチョビヒゲとは「待遇も立場も違う」わけです。

チャンドラーだって、フィールズだって、あのジェフリーズだって、もうジェレミーリンくんのトリコじゃないですか。
あんな楽しそうにプレーしているニックスのプレーヤーは、ユーイングニックス以来見たことなかったですよ。
自分達の出来ることを、あんなに一生懸命やってるオッサン達見た事なかったですよ。

そういえばレジーミラーが勝てないニックスに対して言ってました。

「ダントーニのせいじゃない、チャンドラーは素晴らしいディフェンダーだ、アマレは自分のスペースを早く見つけないといけない。(メロには一言もふれず)プレーヤー達が自分たちのプレーを見直して、彼等が修正すべきことである。」と

たしかに、レジーに言うように、勝てなかったのはダントーニのせいじゃなかった…

ただ、勝てているのは、ダントーニのおかげでもない…

ジェレミーリンくんが、チームメイトを変えたんです。彼がナイスパスを連発しているわけじゃありません。リンくんの存在が変えたんです。別にリンくんについて行くと決めたわけじゃないんです。「オレより身体能力の低いコイツより活躍しないと、手抜いてると思われるじゃねーか。コノヤロー!」と思ってるかどーかは別にして、たぶん、彼に負けたくないんだと…それがケミストリーを生んでいると…わたしは思うのです。

わたしが、日本人、いやアジア人だからなのかもしれませんが…ニックスのゲームを見て、こんなに感動したことは、本当に久しぶりです。2000年以来だといっても過言ではありません。

彼はレジェンドなんでしょーか…パトリックユーイング以来のレジェンドなんでしょーか?

わたしは…たぶん…いや…どーなのか…まだわかりません。

しかし、わたしの結論として…

ジェレミーリンくんは…「モンキーDルフィー」なんです。

今のニックスの状況は…まさに「ワンピース第一巻」なのです。

自分たちよりも強い敵を助け合ってギリで倒していってるわけです。

そーだ、リンくんは、マンガのキャラなのだ…レジェンドではなくて…

そう思うと、妙にしっくりくるわけです。
[PR]
by hoopNBA | 2012-02-12 00:30 | ●ニュースブレーカーズ


<< アリーナス&レーカーズ アジア系アメリカン >>