人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
NBAファイナル/第4戦/ヒート2-2マブス
「ノビはサイボーグではなかった。」

「38度の発熱」をおして出場したノビ。「はなみず垂れ流し」だったかどーかはわからないが、最後はけっこうフラフラだったのではないでしょうか。

ともあれ結果ダラス86-83マイアミで、ダラスが勝利し2勝2敗のタイに戻した。

第4戦のダラスはスティーブンソンの代わりにブレアをスターター起用し、スロースタートせずに第1クオーターから飛ばした。

ただ、疲れが溜まっていたのか、早々とディフェンスが止まってしまい、いつものマブスに戻した。
ただチャンドラーは最後まで元気だった。チャンドラー様々でした。

「ダンピアーじゃなくて良かったよ、ほんとに。」

第4戦の試合展開は、第3戦までとは、少し違っていた。
しいて言えば「両チームともゲームになれちゃった。」
お互いわかり合っちゃったというか、妙にオフェンスもディフェンスもしっくりハマっていた。

わたしが特に好きなのは「最終クオーターのまったくシュートが入らなかった最後の攻防」である。

あれは、見応えがあった。シュートさえ入れば形勢逆転できる状況で、ダラスもマイアミもシュートがことごとく外れた。もちろんグッドディフェンスのせいでもあるのだが。

で、最後はお約束の
「ノビのレイアップ」が決まり、終了。

&ウェイドのお手玉でマイアミ撃沈。まあ良くあれで最後マイクミラーにパスできたなとは思いますが。

マイアミはアグレッシブなディフェンスで、ダラスを翻弄していたのだが「ノビには通用しない」のである。なぜならノビにファールすればするほど「ダラスは楽になるからである」

フラフラのノビにとってフリースローほどありがたいものはなかったであろう。

マイアミはノビにファールしても、何の得にもならないのだ。

逆にウェイドやレブロンにファールするのは効果的である。

なぜなら、彼らはフリースローを外す可能性が極めて高いからだ。

もしも、ダラスが優勝すれば
「フリースローを制するものはバスケを制する。」

となるであろう。
[PR]
by hoopnba | 2011-06-08 23:08 | ●ニュースブレーカーズ


<< NBAファイナル/第5戦/ヒー... NBAファイナル/第3戦/ヒー... >>