人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
ヒート2-1ブルズ
c0032016_1217745.gif


「マイアミ、製品の性能の差で勝つ。」

「プレーヤーの最高速度での精度が優れた方が勝った。」とでも申しましょーか。

アクセル踏みっぱなしで飛びこんで、決めれたか、決められなかったか、追いついたか、追いつけなかったか、弾き返せたか、返せなかったのか。

まあ、そのマイアミが挑発した勝負にブルズは乗っかってしまったわけですから、ある意味自業自得。

プレーヤー個人個人としては「オレのスペックは彼らよりも、間違いなく劣っている。」と悟ってしまった人もいそーなゲームでした。

これに懲りて、ブルズはブルズらしいゲームをしないと、もう後はないですよ。

なんか、マンガみたいな、ゲームでした。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-23 23:00 | ●イラスト入りストーリー | Comments(4)
Commented by たか at 2011-05-24 19:43 x
チームプレーで戦って、そして勝ってほしいですね。
1on1飽きました。
Commented by hoopnba at 2011-05-24 22:35
たかさん、ども。どんだけアスレティックなプレーされても「ウォー!」とは叫べないですよねー、不思議なもので。ダークのフェイダウェイには「ウォー!」とは叫んでしまいますが。
Commented by pepe-ewing at 2011-05-24 23:48 x
ダークのプレーに感動するのはやはりそれが美しいからだと思います。バスケットボールが最も華麗なスポーツと言われていることからも、ファンは五人が絡み合う華麗なプレーを見たいのだと。。。決して、誰よりも超人的な人間がコートの端から端まで一人でプレーしているようなものが見たいわけではないです。
Commented by hoopnba at 2011-05-26 05:35
pepe-ewingさん、ども。無理矢理ディフェンダーに突っ込んでシュートもしくは派手にコケルよりも、技術でスペースを見つけてシュートする方が美しいですね。


<< ダラスリーチ サンダー1-1マブス >>