人気バスケブログ        ブログランキング・にほんブログ村へ
王者没す
c0032016_9453442.gif


「東も西も。」

セルティックスとレーカーズがともにセミファイナルで姿を消しましたねー。

セルティックスの場合は、Cがジェメインオニール一人で、ただでさえキッツイ状況で、ロンドのハイパーエクステンディングで万事休すでしたね。あの時点で勝負はついてしまいました。

ロンドのいないセルティックスの最期は、哀愁この上なかったですねー。

レーカーズは…まあ何とも言えない、いろんな意味でレーカーズらしいというか、あと味の悪い最期でしたね。

セルティックスと違い、まだ衰えてないというか、一番脂ののっているプレーヤーがいるチームだったのですが、まさかの内部分裂で終了とは。まあ私生活でも脂ののってるプレーヤーもいっぱいいますからねー、リアリティショー出てたり。ニックスも人のこと言えませんが。

で、今シーズンのプレーオフで思うことは、対戦カードはオモシロいし、結果も新しい時代が来た感があって良いのですが、1on1感の強いゲーム多くて、ちょっとわたしとしては消化不良です。

「ボールを回すだけ回して、最期はペネトレイトかよ!」なゲーム多くないですか。

なんとなくプレーが雑な感じがするのは気のせいでしょうか。もしかして、わたしが年取って、スピードについて行ってないとか、頑固になって新しいスタイルを受け入れきれてないとか。
[PR]
by hoopnba | 2011-05-13 10:10 | ●イラスト入りストーリー | Comments(18)
Commented by dai-11 at 2011-05-13 10:24 x
昨年の東西王者合わせてカンファレンスセミファイナル、僅か1勝ってビックリでした。

合わせるプレーが増えたら面白いんですけど…ペネトレイトで点が取れてしまうからしかたがないのでは?(笑)
Commented by hoopnba at 2011-05-13 10:32
dai-11さん、ども。おっしゃる通りですねー。どーやらわたしが受け入れないといけないよーです。でも、まだダラスもいますし、シカゴも許容範囲内ですから、大丈夫ですよー。
Commented by 今夜が山田 at 2011-05-13 10:50 x
私も90年代前半の、一つ一つのボールポゼッションが緊張感ビンビンのNBAが好きなんで、どっちかっていうと今はgdgdで雑に見えます。
だから今は1on1のペリメターD職人は居るけど、クレイグ・イーローとかペイトンとかオークリーとか(後者二人は1on1も上手でしたが)、チームとしてのDが出来る人が減りましたなぁ~。

まぁでも難しいトコですよね~。確か数年前まで、Dががっちがちで点がとれない、100点以下のゲームばっかり、プレイに華が無くなった、なんてブーブー言われてまして、。結果ルール変更したり、3ptラインを50cm狭めるなんてこともしました。
まぁ今NBAはレブロン押しなんで、しばらくこのままでしょう。
あと5年もしたら又ルール変更の声が挙がるんじゃないですかねー。
Commented by pepe-ewing at 2011-05-13 16:12 x
MIAについては全くおもしろくないバスケットボールです。それこそ回すだけ回して、というかほぼ回さずに全部1on1、みたいな。もう体格さえあればシステムなんてどーでもいい時代になってますよね。
Commented by hoopnba at 2011-05-13 22:37
今夜が山田さん、ども。そーなんですよねー、今回はニューオリンズが一番しっくりきましたね、私的には。攻略してる感じが好きなんですよねー。レーカーズもマジックもセルツも対応しきれずに負けてる感じですよね。
Commented by hoopnba at 2011-05-13 22:47
pepe-ewingさん、ども。マイアミは強いですけど、攻略法あると思うんですけどねー。ローズにはあまり打ちまくらないでチームで勝ってほしいんですよねー。
Commented by rakuda at 2011-05-14 01:06 x
はじめまして、いつも楽しく読ませていただいています。
ローズのペネトレイトラッシュは昨年までのレブロンを髣髴させて、素直に賞賛できない感じがします。新旧御山の大将ペネトレイター対決楽しみにしています。
現存チームの中ではボールがきれいに回るDALにはがんばってほしいです。
Commented by hoopnba at 2011-05-14 10:45
rakudaさん、ども。おっしゃる通りですねー。ローズはマイアミ戦ではPGとして勝負しそうな気がするんですけどねー。ダラスというチームはそれほど応援したくはないんですけど、キッドにはリングをあげたいとは思うんですよねー。キッドの男泣き見てみたい。
Commented by 通りすがり at 2011-05-14 23:11 x
セルツファン(というかレイ様ファン)としては、パーキンス放出が・・・涙
まあFAで出て行かれるよりはという考えは理解できるんですが、東の首位を突っ走ってた状況で・・・ぶつぶつぶつ
Commented by テル at 2011-05-15 20:23 x
七年程前の、スパーズ対ピストンズのファイナル決勝が偲ばれます。

泥臭い一方、あれほどの緊迫感のあるプレイオフが懐かしいような。


個人的には、今季のプレイオフのグリズリーズが好きです。
Commented by hoopnba at 2011-05-16 01:39
通りすがりさん、ども。おっしゃる通りですねー。セルティックスも、もうこれに懲りて、若手をないがしろにはしないでしょう。
Commented by hoopnba at 2011-05-16 01:40
テルさん、ども。わたしもグリズリーズは今プレーオフの一番の楽しみになってます。
Commented by #20 at 2011-05-16 21:18 x
1on1ありき・・・。結果が求められる世界だから点の取れるベストの方法を探ることが一番だとは思います。ただ見ていて愛すべきチームというのは、【チーム】として機能しているチームなのではないかと思ってしまいます。ボストンのようなトゥギャザーバスケが年々年老いて行き、身体能力で勝負するチームに敗北していくのは寂しい限りです・・・。
Commented by NBA Mania at 2011-05-17 09:25 x
私も同感です。身体能力の高さは魅力でも、ボールが止まる場面が多く感じるので、その点で甚だ物足りません。個人的には80年代後半のL.A.L対ボストン、または対デトロイト、ボストン対デトロイト、シカゴ対デトロイト。あるいは90年代のシカゴ対ニューヨークのような身体能力だけではなく、ボールが良くまわり、闘争本能溢れたゲームが懐かしいです。
Commented by pepe-ewing at 2011-05-18 22:28 x
#20 さんのコメント見ていてとても共感しました。人もお金も動くプロの、勝負の世界で勝てるというのは素晴らしいことですので、誰にも止められないような圧倒的な「個」の力を持っていることは賞賛するほか無いです。ただ、愛されるチームというのはやはりその勝ち方にあると思います。
Commented by hoopnba at 2011-05-18 22:56
#20さん、ども。おっしゃる通りですねー。マイアミはあの形が今のところベストなんですよね、結果的には。
Commented by hoopnba at 2011-05-18 22:57
NBA Maniaさん、ども。そーですねー。「おっ頭いーなー。」と思えるプレーが欲しいですよね。
Commented by hoopnba at 2011-05-18 22:59
pepe-ewingさん、ども。フットボールのような戦術を求めるのは酷な話ですが、美しいチーム戦術というものを見せてほしい時もあるんですよねー。


<< マブス対サンダー ボストンとマイアミ >>